メインメニューを開く

単位上等!爆走数取団」(たんいじょうとう! ばくそうかずとりだん)は、フジテレビのバラエティ番組『めちゃ²イケてるッ!』でかつて放送されていた人気コーナー。フジテレビ主催でお台場で開催される夏のイベント「お台場冒険王」の人気アトラクションでもあった。

日本の旗 日本
話数 全43回
放送局 フジテレビ
めちゃ²イケてるッ!
放送期間 2002年6月8日 (2002-06-08) – 2017年12月2日 (2017-12-2)
めちゃ×2イケてるッ!のコーナー

概要編集

前身の「七人のしりとり侍」が、放送と青少年に関する委員会による審議結果を受けて途中打ち切りという形で終了したため、その後継コーナーとしてスタートした。めちゃイケの2代目のゲームコーナーである。

数を取る言葉遊びのゲームである。2002年6月8日放送開始。略称は「数取団」。モデルは氣志團(当人たちからも公認されている)。名前の由来は「数字(視聴率)を取る」という意味もある(ゲームルールはルール以降も参照してほしい)。

2006年9月23日、テレビ静岡では「テレしず祭り」の際、「お台場冒険王」におけるこのコーナーのアトラクション展示を行った。このときの衣装展示や旗は、山本を外して6人体制にした。

コーナー終了の経緯編集

レギュラー乱闘生全員が20敗した時点でコーナー終了の予定だったが、唯一の20敗経験者かつ「数取部長」としてゲームの判定を行っていた山本が不祥事を起こし吉本興業から解雇されたため、2006年5月27日の放送分をもって事実上打ち切りとなり、収録済みのVTRも全てお蔵入りとなった。このコーナーの派生『スモウライダー』も1号限りで打ち切りとなった。後継コーナーは2006年11月25日に放送を開始した「只今参上色とり忍者」で、山本を除いた6人が引き続き出演。

2017年12月2日の放送で、シュウ活プロジェクト第2弾の一環として約11年ぶりに復活し、コーナーの最終回が放送された。この回をもって、正式に数取団のコーナーが完結した。なお、この回には山本は参加していない(後述)。

オープニング編集

(数取団紹介VTR・氣志團One Night Carnivalプロモーションビデオのパロディ。氣志團登場時は本家版と同じ)

  1. まず「あの頃の俺達は(中略)数を取り続けていた…」と言った後、
  2. 木村匡也のナレーションが不良風になり、
  3. 「(前略)の伝説!カリスマ爆走族!」(西暦表示(氣志團登場時は「1997年、千葉、木更津」と表示)と「カリスマ的爆走族(氣志團登場時は「カリスマ的バンド」と表示)」という白文字テロップが入る)の後、
  4. 「 - にも数取団現象が!」等と時事・ゲスト関連ネタを随所に扱う。
  5. 「単位が命」の文字が出た後にメンバーの顔が入れ替わりに表示される。
  6. 「嵐の素顔(工藤静香)」(最終回は「ダンシングヒーロー(荻野目洋子)」)の振り付けを全員でやる映像が流れる。
  7. 「 - に君臨する」というテロップが白文字で表示される。
  8. 「俺達と行こうぜ無限大の彼方へ」とナレーションが入り、ナレーターの木村が一言ボヤいてから始まる。
  • オープニングのテロップは開始当初は「氣志團に愛を込めて(氣志團登場時は「氣志團をパクりすぎて」)」だったが、氣志團公認になってからは「氣志團に認められて」となった[1]
  • 提供スポンサーを読み上げるナレーションも数取団では不良風になっている(初回・スペシャル版・江頭登場回は通常Ver.)。また、ヒロシが出演した回では「 - の提供でお送りするとです」というアレンジが入った。

スナック∞編集

数取団が集う不良の溜まり場。店内にはこれまで来た兄貴達の写真のほか、数取団ステッカーや数取団グッズも飾ってある。登場人物が登場する前にポスターが張られている。ドラマ『3年B組金八先生』に登場した「スナックZ」がモデル。東京の他にも大阪支店が存在し、関ジャニ∞・マー坊(中居正広)と数取を行った際に使用した。

ポスター
  1. 工藤静香(ポスターは第5シングル「MUGO・ん…色っぽい」のもの)
  2. なめ猫(ポスターの下の文字は「かぞえんなよ」、2004年3月-9月当時)
  3. 氣志團(ポスターの下の文字は「公認」、2004年12月より)
  • また、∞つながりで関ジャニ∞が出演したことも。

ルール編集

  • プレイヤーはバイクにまたがって円形に並ぶ。
  • せーの、ブンブンブブブン!」の掛け声でスタート(「せーの」と言わないとゲームが始まらない)し、1人目がお題の物体や人物(基本的には何でもよい)を言ったら、「ブンブン!」の掛け声で合間をとり、続く2人目が数とそれを数える単位を答えた後、再び「ブンブン!」の掛け声で合間をとり、3人目へのお題を出す。
  • 数は1から1つずつ増やし、誰かがアウトになったら1に戻す。
  • 前に出たお題や答えは、繰り返し使うことが出来る。
  • 誰かがアウトにならなければエンドレスで続く。
  • アウトとなる事例
    • 答えられなかったり、数や単位を間違える。
    • うまくお題を出せなかったり、掛け声を間違えたり、途中で噛む。
    • 間違ったと誤認したり、お題が気に入らない(呼び捨てにした等)、などの理由で勝手に流れを止める。
    • 一つのお題に複数の単位が存在する場合で一番そのお題に近い単位を言わなかった場合[2]
    • 意味不明なお題を出題したり、単位を茶化したりなど、ゲームの最中にふざける。
  • アウトになるとバイクの中央から火花が吹き出し、敗者の似顔絵と名前が書かれた垂れ幕が出現して、罰ゲームで「関取団」のリーダー・火の竜幕下力士)と相撲を取らねばならない。
  • 負ける数を重ねた場合、レギュラー乱闘生は概ね5敗目、10敗目、20敗目以下10敗毎、ゲストの兄貴は最終戦で敗北または3敗を達成した段階で、「男の勲章」と称して、関取団から恥ずかしいマル秘写真を張り手で身体に貼り付けられる(ただし5敗目はマル秘ではなく、昔付き合った女性や噂になった有名人等の写真の目の部分に黒い線がついたもの)。
    • BGMはダイナマイト(SMAP[3](レギュラー乱闘生の5敗目はBGMなし)。
    • レギュラー乱闘生は20敗に達すると関取団によって、「スモウライダー」(後述)にされてしまう。
  • 仕切り直しのたび「夜露死苦(よろしく)」となる。

2ケツルール編集

  • 基本的には通常のルールと変わらないが「お題を出す後部座席側」と「お題を答えるハンドル側」に分かれてゲームをする。
  • 罰ゲームは連帯責任で2人とも行う。

ルール補足・例外編集

  • 状況によってはゲームを止めてノーカウントのまま最初からやり直しになることがある。
  • 単位の難しいものや早口言葉など、答えにくいお題のことをブッコミと称する(後述)。
  • スタート時に「せーの、ブンブンブブブン! ぶんぶん、(お題)!」のように、余計にブンブンを付けることを「ぶんぶんオーバー」と呼ぶ。初歩的なミス(2人目以降の時に「ぶんぶん」に続いてお題を読む、と教えられたのを勘違い)で、過去にきくち伸和田アキ子橋下徹がぶんぶんオーバーでアウトを食らっている。
  • お題について有名人やアニメキャラクターを使用する際には敬称はつけてもつけなくてもよい。
  • ゲームの参加は自己責任であり、怪我をしても数取団を理由にして他の番組や出演者、番組のスタッフを責めないことを約束している。

関取団編集

  • 数取団のライバルである力士集団という設定で、不良を意味する「ツッパリ」と相撲の突っ張りを掛けている。
  • 放送初回の解説テロップでは「スポーツマンシップ相撲に挑戦」と表現していた。しかし実際の関取団は、明らかに現実の相撲では禁じ手となっているはずの技(蹴り、ビンタ、頭突き、ジャイアントスイング、金的、水攻め、等)を臆面も無く行使してきたり、倒した相手に対し追い打ち(踏みつける、蹴りつける、ドラム缶や一輪車の荷台などに押し込める、舞台から叩き落とす、等)をかけながら帰っていったり、一人では敵わない相手(後述の武蔵丸兄貴をはじめとした格闘技経験者)や気に食わない相手(拳や光など)には人数掛りで襲い掛かるなど、決してスポーツマンシップと呼べるものではなかった(関取団員の一部はKDDIケンタッキーのCM出演経験あり)。
  • 相撲に関しては素人のメンバーが元力士(火の竜)にかなう筈はないが、4人だけ勝利したゲストがいる。武蔵丸親方兄貴は元横綱だけあって相撲の実力で勝利した(武蔵丸は現役時代にも火の竜と対戦し勝利している)。飯島直子姉貴(火の竜がわざと負けた)と雛形あきこ姉貴(Sの姉貴がMの関取団をビンタし戦意喪失)も勝利した。マー坊兄貴(中居)は前衛に事務所の後輩である関ジャニ∞達と9人(通称:関ジャニ9)で勝負したが、後輩に投げ飛ばされて実質関ジャニ∞だけで関取団を追い払い勝利した。
  • 関取団として、過去に大刀光(元幕内力士、現プロレスラー)や星誕期(元十両力士、現タレント・プロレスラー)や六車勇輝俳優)といった本物の元関取や俳優も出演していた。
  • 他の関取団メンバーたちもプロレスラーが多い(松田慶三KABA.ちゃんに気に入られて対戦)・三和太SMAP中居正広江頭2:50に勝つ)・マッスル坂井(後に後継コーナーの只今参上!色とり忍者にも出演)・一宮章一三浦博文平野勝美など)。なお火の竜は、2010年2月20日開始した新コーナー「集中寺」の和尚役として出演している。

主な出来事編集

  • 2002年に放送開始。メンバー達は「しりとり侍」との違いがルールしか理解および把握できておらず、最初に敗北した光(山本圭壱)が関取団の登場に驚愕していた[4]。また、回転台ステージの中央から火花が出てくる事すらもメンバー全員に全く認知されていなかった。
  • 第三弾・3回目の放送分から、左上(回によっては右上)に常時「正しい単位で数とりゲーム(のちに「○○兄貴と数とりゲーム」へ変更、○○はゲスト名)と、固定テロップが表示されるようになった。上述のテロップは11年振りの復活で最終回となった2017年放送分の最終回のみ「讐活 関取団に復讐!爆走数取団が復活 人気芸人と2ケツで数撮りゲーム 「お題」をリズムよく「単位」で答えよう!」となっている。
  • 第四弾・4回目の放送分から、10個毎の単位(数取)に「デン!」SEが鳴るようになった。10、20、30…とSEの音階が半音で上昇するが、2003年12月27日の放送分の豊臣秀吉草彅剛)(SMAP)の登場回では、「デン!」のSEの音階が半音上がらず一定の音階のまま鳴っていた。また、全ての回に共通して、番組上の解説のテロップ表示となる「数取団現象○○(○○は数字)」が表示される場合は、それを優先表示する為にSEは割愛されている。
  • 第五弾・5回目の放送分から、「ブッコミ(難題を振る事)を次の人が正しく答えた(ブッコミを躱された)際、単位のテロップの上部に、高難題の解答であれば緑色で「GOOD」超難題の解答であれば桃色で「GREAT」お題にピッタリな解答の場合は青色で「COOL」と、新たに表示が追加された[5]。また、数とりゲームに敗北した兄貴が関取する際に、その兄貴のイラストが描かれている垂れ幕セットの全体の右端(出演者から見て左端)に出されるようになった。この第5回の放送で、正式に2006年までのすべての演出が定着した。
  • 2003年に当時の最高連続数取記録で71を記録したが、2005年5月28日の放送分の和田アキ子兄貴とホリプロ軍団の登場回では、連続数取記録が95まで到達し、このコーナーでの最高記録を更新した。
  • 2003年10月4日の放送分で、関取団登場時に流れるBGM『男の勲章』を歌う嶋大輔本人も出演したが、流れるBGMの代わりに自身で生歌を披露しただけで数取は行っていない。
  • 2003年12月6日の放送分で、飯島直子姉貴が出演した際、火の竜が飯島直子のファンである事を自白し、本来ならツッパリを取るはずが握手をしてすぐ帰ったり、仕舞いにはわざと負けたりした為、それに赫怒した拳(加藤浩次)が火の竜と言い争う最中で急遽ツッパリを取る事になるが、逆に火の竜がこれに憤慨し、割って入ってきた拳を返り討ちにする。なお、このコーナーが開始してから火の竜は自身が営業しているちゃんこ鍋屋の来客が増え、握手や写メールを求められるようになったらしい(ヒロシ出演時に告白)。
  • 2004年1月24日の放送分で、初の準レギュラー枠から江頭2:50が出演した際、初土俵と2回目のツッパリの際にまるでワイヤーアクションのようなアクロバティックな投げ技を火の竜に決められ、その2回目で江頭は軽い記憶喪失状態になった。
  • 2004年4月24日の放送分で、元横綱武蔵丸親方が出演した際、普段は直前の四股で相手を睨み付ける火の竜だが、武蔵丸とツッパリを行う時のみ一切睨まず目を逸らし続け、ツッパリにおいても成す術も無く吹き飛ばされて敗北している。これは武蔵丸親方が当時の大相撲の本場所において横綱まで昇格していたのに対し、火の竜は幕下止まりだった為と言われており、実際の大相撲時代の取組でも武蔵丸が全勝している。
  • 2004年10月9日の放送分で、遂に数取団の元ネタとなった本家の氣志團が出演した。
  • 2006年5月27日の放送分で、稲垣吾郎(ゴローちゃん兄貴)(SMAP)が、自身の主演ドラマ『ブスの瞳に恋してる』の宣伝を兼ねて出演した際、共演者の村上知子森三中)が「スパイダーマンの格好(ブスパイダーマン)」で稲垣の代役でツッパリを行い、更にはドラマ原作者の鈴木おさむが妻の大島美幸ともツッパリを行った。この時、鈴木おさむ自身は数取は行っていない。
  • 2006年お台場冒険王開催中に、本コーナーが光(山本圭壱)の不祥事により打ち切りとなった為、お台場で行われた『東京めちゃイケランド』で「セッキーマウス」としての出演が事実上火の竜ら関取団の最後の仕事となったが、2007年10月20日放送分の「只今参上!色とり忍者」に火の竜のみ出演した(詳細は「只今参上!色とり忍者」の項を参照)。火の竜はその後、2010年2月20日から始まった新コーナー「集中寺」に出演している。
  • 2017年12月2日の放送分で、光(山本圭壱)を除外して本コーナーが11年振りに復活した。セット右端の関取時に敗北した兄貴達のイラストが書かれている垂れ幕は、11年前では垂れ幕から専用モニターでイラストを映す演出に変更された。また、オープニングで使用される氣志團風の数取団のシルエットのロゴは、初期の7人のものから新メンバーを加えた9人のものへとデザインが変更された。

乱闘生編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
  • 乱闘生の紹介順は2002年〜2006年まで「翔→拳→優→ジミー→光→ジョニー→ミッキー」の7人。2017年度版は「翔→拳→優→敦士→ジミー→へび次→みなみ君→ジョニー→ミッキー」の9人である。
  • 『』内は2017年のスペシャルの自己紹介にて、「当時の数取ゲーム成功率」「関取団にボコられた回数」と共に紹介された事柄。いずれも数が関与している。
  • 初代突込総長・矢部浩之)(8試合+1試合=9試合)(鈴木紗理奈原口あきまさ)(1位) 『愛する息子…2人』
    • 別名・矢部画伯(鉄腕アトムを描き、特攻服の裾に描かれている)
    • 登場時の決め台詞は「数取団初代突込総長やらしてもらってる翔だけど、今日も(または久々にガンガンブッコんでいくんで夜露死苦!」。
    • 特攻服には「土八男児」と書かれている。イメージカラーは赤。
    • 1番目という都合上、全てのゲームを始める役割を担う。最初のお題は春の放送で「卒業式」、夏の放送で「夏休み」などの季節ネタやゲストに因んだお題で始める事が多い。他のメンバーと比べて目立ったブッコミをすることは少ないが、時折、難解なお題を織り混ぜたり、「お金」→「おかん」や「マスコミ」→「ますだおかだ」といった似た言葉のブッコミを仕掛けることはある。
    • 凡ミスをすることはあまり無いため、関取団との試合数は少なく、数取率もジョニーに次いで高い。しかし「3つ子→4組」ではなく「3つ子→4人」と単位を間違えたり、キロメートルを、「キロッキロメートル」と噛んだことがある。初期はお箸の単位を知らず、「お箸って、1膳、2膳って数えるの?」と発言したこともある。また、機械に疎いことが災いして、インターネット・ホームページ・ツイッターの単位を答えることができなかった。他にも、土地太鼓の単位を答えられずに敗北したことがある。
    • 相撲の際、ヅラが取れ、関取団に帽子を被された際に手塚治虫松本零士と有名漫画家に変身し、メンバーからアトムや銀河鉄道999のメーテルをリクエストされるが全く似てないイラストを披露することが何回かあった。
    • 終了した時の数取率:96%
  • 子連れの狂犬・加藤浩次)(16試合+1試合=17試合)(矢作兼おぎやはぎ))(5位) (代理を含めると19試合)[6]相方の不祥事…11年前』
    • 当初は黒のジャンパーと無地の白シャツであったが後にシャツのみ英文がプリントのTシャツを経て、妻子の写真がプリントされたTシャツに変更された。2017年のスペシャルでは現在の妻と成長した子供達の写真になっていた。
    • 拳とは、ドラマ『人にやさしく』で加藤が演じた役名「大坪拳」からきている。
    • 長女誕生前のキャッチフレーズは「迷える狂犬」。
    • 2回目までに9戦中4敗を喫してしまい、3回目の時点で数取率が最低の56%まで落ち込んだことがある。関取団から通常以上に手荒い一撃を受けたり、飯島直子姉貴の代理として相撲をさせられるなど、他のメンバーと比べて災難に見舞われることが多い。また、あまり滑舌が良くないため、しばしば噛んだりお題を間違えてしまうことが多かった。
    • 6回目では、翔が「前科→5犯」と答えたのに「あー、ご飯!前科だよ、前科だよ!」と中断した報いで1敗を喫した事もあった。
    • 9回目では、「痴漢→18人」と答えたが、お題が言えずに「ブーン」と言ってしまったため1敗を喫した[7]
    • 17回目では、お題で「ミカン」や「メロン」が続いたときに「メカン」と噛んでしまったため1敗を喫した。
    • 21回目では、バンソウコウの単位を枚ではなく個と数えて1敗を喫し、さらに次のゲームで「考えてない」と言ってしまい、2連敗を喫してしまった。
    • セルビア・モンテネグロの刺繍があるジャンパーを着用している(2005年9月10日放送分から追加)。理由は、こちらを参照。
    • 自己紹介の際に「数取団のよぉ〜。乱闘生のぉ、拳だけどよぉ〜 好きな言葉は…」と前振りをするほか、途中から名乗る直前に雄叫びをあげるようになった。イメージカラーは紫。
    • 2017年のスペシャルでは不在の光に代わり、数取部長代理としてジャッジを行った。
    • 終了した時の数取率:92%。
  • 三度目の中3・濱口優)(12試合+1試合=13試合)(光浦靖子オアシズ)・敦士)(3位) 『抜き打ちテストのバカ王座…6回』
    • 水滴の絵が描かれた「三角すい」がプリントされたTシャツを着用している(出典は第2回抜き打ちテストより)。
    • また、「学校に遅れてはいけません」の英訳の誤答がプリントされたTシャツも着用した経験がある。
    • 名乗る際に「数取団乱闘生の〜、ミャ〜さるだけどよぉ〜」あるいは「マッスわ〜るだけどよぉ〜」と、自分の名前を思いっきりデフォルメして言う。自己紹介では濱口自身の近況を報告。「俺なんか今日お母さんに『○○○』と言われたけど無視しましたぁ〜!」と叫んだ後、濱口の家族(主に母)の言動や行動に対して「バカヤロ〜!」と叱責する。ただ、2002年10月26日放送では抜き打ちテストのあまりの成績の悪さに、「実のお母さんに『塾に行きなさい』と言われた」時には、「そうしようと思います」と従っていた。
    • お題を言う時に「プ↑ール」「豆↑腐」「黄↑色」「よ↑っちゃん」「椅子↑」「フィ↑レオフィッシュ」などしばしば声が裏返ることがある。
    • 応援テーマは「マサル天国」(おさかな天国のパロディー)。イメージカラーは緑。
    • 番組内では「バカキャラ」で通っているが、数取率は比較的高い。ただし、単位を答えられなかったり間違えてしまうミスが多かった。
    • 18回目では、「マサチューセッツ工科大学」を「マサチューセッツコーダダキャグ」と噛んだ。
    • 22回目では、「バスケットの試合」を「バスケットの、試合」と噛んだ。
    • 最後の41回目では、「新春シャンソンショー」を「シンシュンサンソンショー」「シンシュンシャンションショー」と噛んだ。
    • 相撲に敗北し、学ランを脱がされると「寒い!」というリアクションを取り、ミッキーらが「とっても寒がりで〜」(尾崎豊OH MY LITTLE GIRLのワンフレーズ)と歌われることがある。
    • 終了した時の数取率:94%。
  • 地味な大巨人・ジミー有野晋哉)(13試合)(大久保佳代子(オアシズ)・南川聡史(ピーマンズスタンダード))(3位)[8] 『ムダに重ねた芸歴…27年』
    • 地味なキャラクターだから「ジミー」。自己紹介でも、自分の存在感の薄さに対して「アカンアカン!」と自戒する。
    • 「数取団」と描かれている白いハチマキを着けている。
    • 成績自体は平均的でミスも少ないが、順番がジョニーの次であり、また、兄貴が二人いる回では順番が片方の兄貴の後ろになってしまう為、ジョニーや兄貴から高度なブッコミを決められてしまうことが多い。
    • 結婚前は「俺から俺へ一言!」という前フリだったが、結婚後は「俺から嫁へ関白宣言!」とフるようになった。前者は自虐的な発言を、後者は妻である北村祐子に対して弱気な発言をする。イメージカラーは灰色。
    • 6回目では、「伊佐坂さん」を「イサカサカさん」と噛んだ。
    • 最後の34回目では、えなりかずき兄貴のお題の「和歌」を井上和香と勘違いして「4人」と単位を間違えてしまった[9]
    • 終了した時の数取率:93%。
  • 伊集院家の星・山本圭壱)(37試合⇒R.I.P.)(村上知子森三中))(7位)
    • 自己紹介の際は、「すいませんが〜、奥さん、お宅の先月の水道代、高くなかったですか〜?」などと、妙に含みを持たせた台詞を吐く。
    • 本名伊集院光。理由はデブキャラだからである[10]
    • ゲームをジャッジする数取部長だが、座り位置が兄貴(姉貴)の次となっており、ブッコまれる危険性が最も高い。そのため、兄貴(姉貴)にブッコミを決められて敗北することが多く、自分で自分をジャッジする羽目になることも多い。なお、最後の42回目ではワインの単位で1本と言ったが、稲垣吾郎兄貴が1年物という考案について、判定の解釈の仕方で自滅し、37敗目を喫した。
    • 相撲の際、ヅラが取れた際は「別名・浅香光代」というキャラが定着した。更に羽二重が取れると桂ウスラ師匠にも変身する。
    • このコーナーがスタートして一番最初に敗戦を喫したのは彼であり、メンバーでは唯一20敗以上もしている為、最も関取団との試合数が多い。その20敗目を喫した時に「スモウライダー[11]」に変身してしまった。またスモウライダーは、関取団[12]にパシリにされる名目で一時期コーナー化していた。さらに、外の空き地にも初代スモウライダーとして優勝額を模した写真が飾られていた。
    • 14回目では、ハウマッチ(日本語で言うと「値段はいくらですか?」)とお題を出すが、お題ではなく単なる質問だったため、悪ふざけと判定されて1敗を喫することに。
    • 29回目では、武蔵丸が火の竜を追い詰めたとき武蔵丸に煽られたとはいえ、火の竜に体当たりした事から、次に敗れた際にその件に激怒した火の竜にボコボコにされている。更にその後、火の竜が武蔵丸と真剣勝負をした際にも背後からそれを妨害し、またしても火の竜によってボコボコにされている。
    • 火の竜によってパンツ(のチャック)やズボン(のベルト)を破壊されることが多くなり[13]、41回目、42回目には一輪車に乗せられて風車を持たせられ、大五郎に変身させられてしまう。また、壊れたズボンの説明をするときには坂上二郎に変身してしまう。
    • 一番弟子に数取係長(森田剛)がいたが、数取係長が志願して入ったという。
    • かつてジョニーに対し、「ご飯」でブッコミが成功したことから初期から中期にかけてジョニーに対し「ご飯」を連発した[14](俗に言う、ご飯責め
    • 22回目、31回目、39回目では、夜露死苦Ⅵ(ホントの最終戦)は「スターウォーズ」で、これまでに3回指定された。
    • お題の単位がわからない時や、たまたまお題の響きが良かった時は同じお題で返してしまうため、中期はそれで試合数を稼いでしまった。イメージカラーは黄色。
    • 2017年の最終回には出演出来ず(番組内では「バイク事故でになった」という設定にされた)[15]、スナック∞に衣装のみ飾られていたほか、外の空き地に飾られている初代スモウライダーの写真には「休場」の文字があった。
    • 終了した時の数取率:82%。
  • 孤高の美男子・ジョニー武田真治)(7試合+2試合+1試合=10試合)(雛形あきこくっきー野性爆弾))(2位) (代理を含めると11試合) 『今カノとの交際…1年』
    • マダムキラーキャラ。自己紹介で「奥さん、何をしてほしいんだい?」と、少々淫靡な台詞を吐く(通称「人妻との不倫シリーズ」)。受ける時とスベる時がある。ただし、最初期は「トーストにはブルーベリージャム」などとごく普通のことを言っていた。2005年5月28日放送では和田アキ子の代理で関取団と相撲をさせられた。
    • マヨネーズ」→「迷える子羊」や「ピンク」→「ピンクの電話」など似ている言葉のブッコミや、早口お題が得意。
    • 兄貴が二人の場合は片方の兄貴の手前になる。
    • 自分の前にいる光が全くと言って良い程ブッコまないのもあるが、「しりとり侍」同様、予習はしっかりやっているようで関取団との試合数は最も少ない。数取率も最高で98%を記録したことがある。
    • しかし、ご飯を9杯と数えるはずが焦って「9ハン」と答えてしまったり、1文字系のお題(後述)が繰り返された際に笑いすぎてしまった影響によりリタイアを自ら宣言し、敗戦を喫したことがあった[16]
    • 22回目では、「おかまのトオル」を「おかまのポ、ポール」と噛んだ。
    • 数取団終了後、時折このキャラで他のコーナーに出演している事が見られる。イメージカラーは青。
    • テツandトモの回で「矢切の渡し」と言おうとして「わたりし」と噛む。
    • レディーススペシャルで雛形のミスにより8試合目[17]
    • 2017年のスペシャルでは本人はミスをしなかったが、くっきーの悪ふざけによる連帯責任で過去8回しか取っていない相撲を2回もとらされる羽目になってしまった。
    • 薬丸兄貴の回で「ドラゴン」というお題に対し、分からなかったのか「うわっはぁ~!!」と言ってしまい一敗を喫した。
    • 終了した時の数取率:97%。
  • 本名三木聡ミッキー岡村隆史)(15試合+2試合+1試合=18試合)(山田花子博多大吉博多華丸・大吉))(6位)[18][19] 『お世話になった人々…∞』
    • 自己紹介の時は他の乱闘生と異なり、なぜかカメラ目線ではなく画面向かって左あたりを見ながら話す。そのときには唯一クラクションが流れる(他はエンジンを噴かす音)。噛んだ場合はその場で終了。
    • 自己紹介ですべることが多い。すべったときのキメ台詞は「おっとぉ〜! 軽く滑ってるぜ〜!」。
    • ジョニー同様、「ビッグマック」→「パックンマックン」、「座頭市」→「砂糖ザトウクジラ」等の似た言葉のブッコミを得意とする。ツッパリの際、よくカメラの前で踊っている。
    • ゲームの際は兄貴(姉貴)の手前のバイクにまたがっているためか、兄貴(姉貴)にブッコミを決めて敗北に追い込むことが多い。
    • しかし、自身も拳に高度なブッコミを決められたり、凡ミスで敗北したことが何度かある。さらに、カラスを羽ではなく匹と単位を間違えたり[20]、「出木杉くん」を「でっきすぎくん」・ニコチンの単位であるミリグラムを「3ミミグラグラ」・太鼓の単位であるつつみを「みつつつみ」と噛んだ事もある。その影響もあるのか「出木杉くん」を連発し、切り札としたことがあった(光のご飯責めに対する、出木杉くん責め)。また、身体が軽すぎるせいなのか、関取団との試合では、頭を掴まれて持ち上げられた挙げ句、思い切り振り回されてしまうことが多かった。
    • モデルは「ビートたけし刑事ヨロシク」に登場する不良少年「ミッキー」。イメージカラーは黒。本名が映画監督と同じであるが、関連性は特にない。
    • 敦士とみなみ君が加入するまで、乱闘生の中で唯一、サングラスをかけていなかった。
    • 終了した時の数取率:92%。

以下は、2017年の復活スペシャルで初参戦した乱闘生。

  • 優の大舎弟・敦士敦士)(ノーミス)(優) 『濱口を見返すと誓った日…26日前』
    • 自己紹介では濱口が「シュウ活頑張ってるのか?」という質問を「無視」した。イメージカラーはオレンジ。
    • オープニングではカメラ固定で撮影しているため187cmという身長で顔が見切れてしまい口しか写ってなかった。
    • ジョニーやミッキーのように「ビール」→「ビーグル犬」、「ダイヤ」→「バイヤー」、「カメラマン」→「ウルトラマン」と言った似ている言葉のブッコミが得意。
    • 自身がモデルである事を活かして「ランウェイ」という難題を拳に6本と答えさせて、関取団と勝負させる事に成功している(敦士いわくmが正解)。
    • リーゼントと花柄のシャツと赤い腹巻、クリーム色のニッカポッカを着ている。
    • 終了した時の数取率:100%。
  • 芦屋のボンボン・へび次福徳秀介)(ノーミス)(みなみ君) 『今年度終了のレギュラー番組…3本』
    • 自己紹介の際に自身の出演していた関西テレビで7年続けた、レギュラー番組「ジャルやるっ!」を終わらせたのは自分だと言い放った。「千葉テレビの、ジャルっと爆ハリ!」終わらせたろかい!」と怒号。イメージカラーは水色。
    • メガネ」→「メガネ屋さん」「」→「犬養毅」のような言葉を付け足したブッコミが得意。
    • 初参戦にもかかわらず、レギュラーメンバーでチーム戦で無敗記録を出した(その理由はみなみ君の説明を参照)。
    • 初登場した時は福徳だったが2018年の「72時間ホンネの旅」にてへび次になった。
    • 全身スカイブルーの特攻服を着ている。
    • 終了した時の数取率:100%。
  • 吹田市長の子・みなみ君後藤淳平)(ノーミス)(へび次) 『住宅ローン…35年』
    • 元ネタは自身のネタの1つ「みなみ君」であり、自己紹介ではキャラの設定上、聞き取りにくい発音の為ほとんど理解できなくメンバーが困惑していた。イメージカラーは福徳と同じ水色。
    • ゲーム中も聞き取りづらい喋り方をするが、「タイヤ」を「○本」(個は間違い)と答えるほど理解力は良い(しかし、2回戦以降くっきー兄貴が簡単なお題の為間違える事なく出来からミスする事はないと後藤本人が言っていた)。
    • くっきー兄貴の出した「猫の頭蓋骨」を1個、「YouTube」を1チャンネルと答えたが、前者は意味不明なお題と見なされ、くっきーがアウトになり(ただし、頭蓋骨自体の単位は個である為、誤答ではない)、後者は「1再生」が正解だが、お題を出したくっきーが「1小窓」と場違いなボケをしたことでメンバー達から悪ふざけと非難され、またもやくっきーがアウトになったため、2回共に関取団との試合をせずに済んだ(その為、ミスをしていないジョニーが、くっきーの連帯責任として2回も余計な試合をさせられてしまった)。
    • 福徳と同じ服装だが「数取団」と書かれたハチマキをしている。
    • 終了した時の数取率:100%。

ブッコミ編集

解りにくいお題を出したり、同じお題が数回連続した直後にいきなり似たような言葉のお題を出すこと(このことから、「同じお題はブッコミの前触れ」というのが定説となっている)。だが、たまにまったく違うお題の場合もある。大多数がジョニーが生み出したブッコミである。ゲーム開始前に「ブッコミ宣言」を出すこともあり、次の解答者にプレッシャーを与えることも。

美しい単位・難しいお題編集

BGM編集

  • オープニング「房総スカイライン・ファントム」氣志團
  • タイトルコール「One Night Carnival」氣志團
  • 兄貴登場時「湾岸夜想曲〜ルシファーズ・ハンマー'94〜」(アルバム「1/6 LONELY NIGHT」に収録)氣志團
  • お手つき時の音楽「ゴッドファーザー・愛のテーマ」(映画「ゴッドファーザー」シリーズのメインテーマ)〜ヤンキーホン(クラクション)バージョン
  • 関取団登場時「男の勲章」嶋大輔

ただし、氣志團出演時は「One Night Carnival」、テツandトモ出演時は「なんでだろう音頭」、関ジャニ∞出演時は「浪花いろは節」が使われた。

  • 男の勲章「ダイナマイト」SMAP

バイクの種類編集

編集

「しりとり侍」と同様にバックには数取団をやる上での心構えや教訓、早口系のお題、間違えやすい単位が書かれた旗がある。最後まで増え続けた。

  • たちひかりさん帰ってください!
  • 翔 - ヅラ=メイク前の小林幸子
  • 光 - ヅラ=浅香光代
  • ハイハイハイハイ焦りましたよ byミッキー+よゐこ
  • は「面」で夜露死苦!
  • スポーツマンなら相撲勝負!!
  • たいへんよくできました 熱海→○泊
  • 関取団の弱点「
  • 一文字お題はアクションが命
  • 「吐く」は絶対禁止!
  • 悲しい時──拳の手がドカジャンで短くなった時
  • 悲しい時──拳の首が釘みたいに打ち込まれた時(そのイラストだけが書かれたverもセット)
  • かけそばは「杯」 ざるそばは「枚」(かけそば・ざるそばはイラスト)
  • 噛まずに言おう「伊佐坂さん
  • 続・噛まずに言おう「手術室 しゅじゅつしつ」
  • 噛まずに言おう初級編「柿食う客」
  • 噛まずに言おう上級編「ゴルバチョフ書記長パウエル国務長官、高麗人参茶」
  • 噛まずに言おう上級編「マサチューセッツ工科大学
  • 噛まずに言おう上級編「新春シャンソンショー」
  • 現役数取団の常識 ライダーは1号ノリダーは1人
  • 微妙な単位は数取部長(管理職)にすぐ相談
  • 数取団の憧れ 伝説の光ズボン
  • 拳のハシャギ屋伝説 「あーご飯!! 前科だよ!!」
  • 前人未到の20戦記念 スモウライダー 改伊集院光
  • 必殺はみだし技 ライダーボール(2個まで)
  • ミッキー5戦目の勲章 Yesなの? Noなの?
  • 優5戦目の勲章 青春だった共演者
  • 夢のある奴なら「匹」(ドラえもんのイラストとセット)
  • 克典ブッ込み「一反木綿」単位は不明
  • ひとり(ジョニーのイラストとセット)
  • 痛くないんで。(優のイラストとセットで前歯の事を指している)
  • イガミさん(光のイラストとセット)
  • 交渉禁止 現役数取団一同
  • 光行きつけのショップ メンズショップあざみ
  • うっすら頑張れ!桂うすら師匠
  • 目指せ「数取」の○出木杉くん×でっきすぎ君
  • 突然変化上等!例:カラスガラス タンス→ダンス ギョーザ行司
  • 予習の鬼ジョニー スターウォーズ→エピソード アルコール→度[22]
  • 思わずつながった例 銀座7丁目 ピンク→電話[23]
  • 30代サラリーマン向け(ミッキーのキャラクターの元ネタがビートたけしの刑事ヨロシクから来ている事を表した式)
  • 30代サラリーマン向け② 優≒我修院達也(汚れた優が我修院に似ていることを表した式)
  • 常識で夜露死苦 田んぼ→ha タンス→さお ダンス→ステップ
  • 常識で夜露死苦Ⅱ 銀行→行 前科→犯 保険→口
  • 海老名美どり組 峰兄貴のこだわり 「離婚」→バツ1
  • ラーメン大好き小池さん」≒「ご飯大好き光さん」
  • ミッキーの18番「ワイヤーなしのワイヤーアクション
  • ツッパリ・ジョニー 連勝記録44(12月14日 江角マキコショム1
  • OB会連絡1 ぶんぶんパーティー 12月開催
  • OB会連絡2 ぶんぶんグッズ 発売決定
  • 我修院優の参考書より お母さん→ひーはちにん 田んぼ→20ぺスカル
  • 拳の好きな言葉スペシャル のぎへん「
  • 鉄の味はOK 鉄の色はNG
  • 追い求めるものは 言葉の美学
  • 控えたいお題の例「パンティ」「テレフォンクラブ
  • ジョニーの尊敬する二枚目俳優。(サングラスをかけた永瀬正敏のイラストとセット)
  • 数取団裏番優さん 「煮込むぞ」 数取団表番拳くん 「もみ消し」
  • 去年の冒険王の来場者数 464万人!!(2006年お台場冒険王 数取団ブース)
  • シュウ活→3企画目
  • リモコンでの殴打厳禁!

兄貴、姉貴(ゲスト)編集

第7弾から兄貴・姉貴と題してゲストが出演し、数取団同様、勝負服を着用している(例外もいる)。なおゲストの負け回数は通算93敗で、全勝を達成したのは4人のみ。逆に全敗を喫したのは3人である(ただし、ヨモギダ君の1回だけの勝負を含めれば4人になる)。

第七弾 木梨憲武とんねるず)(5試合)(10月12日
初のゲスト兄貴で、乱闘生たちは木梨の登場を直前まで知らされておらずかなり驚いていた。当の木梨本人は「子供の為に頑張る」と気合十分だったが、ゲーム中に、お題を出される相手のミッキーに「次何来んの?」と聞いたり「お題変えないで」と交渉する[24]、ゲーム開始時に「(ブッコミのお題を)もう一回考えさして」とゲームを止める、最終ゲームでミッキーと順番を入れ替える[25]などやりたい放題を敢行する。その結果、いきなりゲスト初の全敗を喫し、相撲を取り続ける羽目となった。最後はセットの足場に登って相撲を拒否、乱闘生の説得で一番弱そうな関取団員と対戦するも結局は投げられてしまい、男の勲章として港浩一の写真が貼られた。総集編(伝説の兄貴ベスト10)では放送されていなかった。
第八弾 くりぃむしちゅー有田哲平(1試合)、上田晋也(1試合))(10月26日
初の二人以上のゲストとなった。
二人で一つのバイクにまたがり、前の者が単位を答え、後ろの座席の者がお題を出し、相撲は単位を答える側が担当していた。
前半戦の夜露死苦Ⅲまでは前に上田、後ろに有田。後半戦の夜露死苦Ⅳからは前に有田、後ろに上田へと乗り換えた。
ジミー[26]と光[27]が5敗目を喫し、「男の勲章」のシールを貼られた。
第九弾 内山信二(3試合)(11月9日
火の竜と相撲でガチンコ勝負をしたが、あっさりとボコボコにされた。早口言葉のお題である「ゴルバチョフ書記長」を「ゴルバチョフチョクチョー[28]「柿食う客」を「ギャギグ〜ギャク」と噛んで敗北した。ただ、3回目のゲームにて、光に対して「宝塚」(単位は1座・1公演)というブッコミを決め、敗北に追い込むことに成功している[29]。後に「内影殿」として後継コーナー「只今参上!色とり忍者」にも出演した。ゲストの中で唯一、しりとり侍・数取団・色とり忍者・めちゃギントン[30]に出演している。
第十弾 新庄剛志(1試合)(11月30日
当時メジャーリーガーだった新庄が「目薬」というお題に対し「7テッテ」と言ってしまい、関取団と相撲しようとした途端、中嶋D(当時)が「新庄さんが万が一負傷すると試合ができなくなります」と相撲を止めたため(数取団への出演交渉の際、相撲は様子を見て行うと条件があったから)、一端「水入り」状態に。この時関取団はどう対応して良いのか分からず、呆然とその様子を見ているだけだった。結局ミッキーの提案により、中嶋が相撲を(初の)代行する羽目に。また、現役引退後の2006年12月9日放映のフジTV警察24時にゲスト出演した際、(怪我のことを心配する必要がなくなったので)もう一度数取団に出てリベンジしたいと懇願し周囲を困らせていた。その後諸般の事情で終了した事をようやく察すると、すまなそうな顔でずっと加藤(拳)の顔を見つめていた。
光は新庄の繰り出す「靭帯」「のど仏」といった高度なブッコミに終始翻弄され続け[31]、4戦中3敗[32]を喫してしまう。最終ゲームでも「ドラえもん」というお題に対し「40人」と答えるという信じられない凡ミスをして[33]、このミスで光は10敗目を達成。レギュラーメンバー最初のマル秘写真を貼られた。
第十一弾 峰竜太(2試合)(12月14日
なかなか思うように行かずにしびれを切らし、光に「ふるさとシリーズ」なるブッコミをかけた[34]。その内容は「山林」。しかし光はパニックに陥り「伐採」と答えてしまい、11敗目の相撲へ[35]。このゲームで光は単独の最下位となった[36]。なお、この回はレギュラーメンバーの紹介は無く、OP後は兄貴の登場からスタートした。ゲーム中に「手術室」を噛んでしまって相撲となった[37]
第十二弾 マー坊兄貴中居正広)(SMAP)(3試合)(12月28日
本コーナーで一番登場回数が多い兄貴。いけると思っていたブッコミを軽くかわされたり、関取団から通常以上に手荒くやられたり、ゲスト初のマル秘写真を贈呈されたりなどロクな扱いを受けていない。お題を言い忘れたり、早口言葉のお題である「ハイドロプレーニング現象」を複数回噛むなど凡ミスを連発し、ゲスト2人目の全敗を喫した。このマー坊というキャラクターはSMAP×SMAPでのキャラクターである。後に「中影殿」として後継コーナーの「色取り忍者」や「めちゃギントン」にも出演した。
第十三弾 東幹久(2試合)(1月18日
ドラマ『熱烈的中華飯店』の番宣で登場。しかし、ドラマの舞台が中華料理店なのにギョーザを「9杯[38]と間違えてしまった。
最終ゲームで「卵(玉子)」を「タマコ」と噛んでしまい、関取団に持ち上げられ、ズボンの尻の部分が破けるハプニングが起こり、さらにはマル秘写真を貼られる羽目になった。
この回では、一文字系のお題が繰り返されたことで笑いすぎてしまったジョニーがギブアップを宣言し、敗戦を喫した。
第十四弾 セイン・カミュ(1試合)(1月25日
当時、妻が妊娠していたということで後に生まれる息子の養育費を稼ぐべく出演。
「刀」という日本人顔負けのブッ込みを光に繰り出すが、アメリカ文化丸出しの「ハンバーガー」というお題が急に出てきたときは焦って次のお題が出せなくなってしまっていた。
優が負けた次のゲームで、「優応援歌」なる歌を口ずさんでいた。
この回でミッキーが10敗目を喫し、マル秘写真を貼られる羽目になった[39]
第十五弾 高橋克典(3試合)(2月8日
映画『新・仁義なき戦い/謀殺』の宣伝だけで十分だと思ったのか、「お疲れ様」とごまかして逃げようとしたが乱闘生たちに止められ結局ゲームを行い、3回敗れた。それでも最後は光に「一反木綿」というお題を出し、ブッコミに成功するが、高橋本人も単位は知らなかった[40]
前のゲームのミッキーに続き拳も10敗目を喫してしまい、マル秘写真を貼られた[41]
第十六弾 アジャ・コング兄貴(2試合)(3月1日
初の女性ゲストだが、なぜか「兄貴」付けとなっている。現役女子レスラーなだけあり関取団相手に善戦するが、胸を突かれるなどのセクハラをくらった挙句、最後にドラム缶に押し込まれてしまい「抜けない!」と嘆いていた。
第十七弾 爆笑問題太田光(2試合)、田中裕二(1試合))(3月15日
田中はジミーのブッコミを悉くかわしたり、翔にインターネットのブッコミを仕掛けて成功したりするなど、大健闘を見せるが、最後のゲームでブルー(単位は1色)を答えた後にお題を言い忘れる凡ミスをしてしまい[42]、相撲の際には股間を強く握られてしまう(この時のタイトルは、当時田中が睾丸摘出手術を受けたことにちなみ「関取団が玉取団になった夜」)。太田はキダムピエロの化粧で登場した。実は太田はルールをよく理解しておらず、単位を答えた後に間違えて数字を言ってしまったり、同じお題(「」)を繰り返すなど凡ミスが多く、さらにはメンバーのトークや関取団の相撲の邪魔をするなど、終始落ち着きがなかった。最後は激怒した火の竜に持ち上げられ、頭からドラム缶に押し入れられてしまった[43]
この回で翔が5敗目を喫し、「男の勲章」のシールを貼られた[44]
第十八弾 藤井フェアリー隆(藤井隆)(3試合)(4月5日
天使の姿で登場、しかしテンションの高さはいつも通りだった。しかし、関取団に投げ飛ばされて倒れこんだ姿を「鳩の死骸」と揶揄された[45]
最終ゲームで「目」というお題に対し「8玉」と間違い敗れた[46]
第十九弾 薬丸裕英(1試合)(4月26日
背中に「花丸市場(放送当時司会を務めていたはなまるマーケットの意)」という文字とはなまるくんがプリントされた特攻服に身を包んで登場(本人曰く「十数年ぶりに特攻服を着た」)。また、登場時にはシブがき隊のヒット曲である「100%…SOかもね!」を披露[47]し、スタジオ内を盛り上げた。ゲーム内では、司会者としての話術を活かした早口ネタ(ラムズフェルド国防長官)で光が混乱[48]、見事にブッコミに成功するもその後「ダイヤ」のお題で数字を忘れて単位「カラット」だけ答えるという凡ミスで敢えなく撃沈[49]、相撲の際には火の竜に後ろから両手をつかまれ、持ち歌である「NAI・NAI 16」のダンス(薬丸がメインの「ジタバタするなよ」の部分)をさせられた。後に「薬丸先生」として後継コーナーの「色取り忍者」に出演した。
この回ではジョニーが2連敗をして、通算5敗目を喫し、遂に「男の勲章」のシールを貼られた[50]。これで数取団レギュラーメンバー全員が「男の勲章」のシールを貼られたことになった。また、優はタンスのお題に対して「3タンス」(正解は棹)と答えるという信じられない凡ミスをしてしまい[51]、凡ミスに厳しい関取団から手厳しい罰を受ける羽目になった。
最後は光に「ラスク」というお題を出しブッコミに成功するが[52]、薬丸兄貴は食べる仕草しているので単位は知っている模様[53]
第二十弾 錦野旦(3試合)[54]5月17日
相撲の際に爆竹を使用したため火の竜をキレさせてしまい、手痛い罰を受ける羽目に。なお2回目の勝負で光が前人未到の20敗目を喫し[55]、その後のゲームはしばらくまわしをつけた状態(スモウライダー)でやらされ[56][57]、「仮面ライダー」をモチーフにした「スモウライダー」のコーナーが誕生した[58]
最終ゲームで「メロン」というお題に対し「8個」と間違い敗れた[59]
この回は、ゲストのスター兄貴こと錦野旦兄貴よりも前人未到の20敗目を喫し、スモウライダーになった光が目立った回であった。
第二十一弾 パパイヤ鈴木(ノーミス)(6月21日
ゲストでは初の全勝(単独ゲストでは唯一)を達成し、相撲を取らずに終了。最後にメンバーは「1回は兄貴を落とす」と意気込んだもののなぜかジョニーがジミーにブッコみをかけてしまい、兄貴まで回ることはなかった。応援としておやじダンサーズを引き連れていた。
この回で優が10敗目を喫し、マル秘写真を貼られる羽目になった[60]
最終ゲームではジミーが、「左」を「左手」とそのまま答えてしまい、9敗目を喫した[61]
第二十二弾 山咲トオル姉貴兄貴(1試合)(7月5日
スケバン女子高生の格好で登場、オネエキャラのため「姉貴兄貴」と呼ばれた。この回では前回の優に続きジミーも10敗目を喫し、2回にわたってよゐこが2人ともマル秘写真を貼られる羽目になった[62]
最終ゲームでは光が「ニコチン」というお題に対し「1カロリー[63]と答えるという信じられないミスをして23敗目を喫した。
第二十三弾 テツandトモ(テツ(1試合)、トモ(ノーミス))(8月2日
ミッキーとテツの2人は相撲の際にヨーヨー水槽に顔を浸けられた。トモは翔に「太鼓」というブッコミを成功させる健闘を見せた。また、ゲスト中数少ない全勝で終了し(トモで2回目)、相撲は取っていない。
第二十四弾 八嶋智人(1試合)(8月30日
数取り前、トリビアの泉風に「数取ビアの泉」として、めちゃイケ流のムダ知識を数取メンバーが披露した(補足数取ビアは、その会話中に出たテロップ)。
濱口(優):「濱口優は最近、いかがわしい風俗エステでクレジットカードを偽造(スキミング)されたらしい」
補足数取ビア1:へぇ〜と言うよりバカ
補足数取ビア2:渋谷某店で「快楽」の支払いをカードで済ませたら1週間後なぜか秋葉原でパソコンを買っていた優
有野(ジミー):「よゐこの濱口優は中学時代、海水浴に行って友達にウンコを投げつけた」
補足数取ビア:中2の時に神戸須磨海岸で友達5人に「絶対来るな」と言い岩陰でキバっていた優
岡村(ミッキー):「めったにキレない岡村隆史がいかがわしいSMのお店のプレイ中に20分部屋の隅っこに立たされてキレた」
補足数取ビア1:五反田某店の初級SMコースに来たタレント岡村に喜んだ女王様が上級者向けの放置プレイをサービス
補足数取ビア2:普通の快楽も欲しかった岡村
山本(光):「山本圭壱は去年深夜番組生放送中に楽屋ドロボウにあった」
補足数取ビア1:関東ローカル番組本能のハイキック!」での大事件。楽屋に戻るとカバンが開いている事が2度続いた
補足数取ビア2:1週目には2万で気づかなかったが2週目には6万減っていて驚いた山本
補足数取ビア3:「やられた…。」
武田(ジョニー):「私、武田真治がJUNONスーパーボーイのコンテストの審査員になった時、袴田君(袴田吉彦)に×をつけた」
補足数取ビア1:とりあえず満へぇ〜
補足数取ビア2:武田は1989年の第2回優勝者で袴田君はその翌々年の優勝者。
補足数取ビア3:各出場者が頑張って練習した音楽芸の一芸を見せる中で
補足数取ビア4:ゴルフパッドを一発
補足数取ビア5:おととい初対面の兄貴
補足数取ビア6:イケメンなのに不思議系
加藤(拳):「加藤浩次は昔逮捕された事がある」
補足数取ビア1:上京した1989年秋ひどく貧乏だった加藤が駐車違反の罰金を滞納していたら目黒署が逮捕
補足数取ビア2:その場で手錠と腰ひもで連行
補足数取ビア3:目黒署での呼び名は「2番」
補足数取ビア4:当日の朝からの逮捕順
補足数取ビア5:署内では全てが武器になりうるためベルトサングラスなども没収
パパイヤ兄貴やトモ兄貴に次ぐ全勝に王手をかけるも、最終ゲームにて「太鼓」を「7たたき」(正解はつつみ)と間違えてしまったため、惜しくも全勝を達成することはできなかった。だが、光に「トリビア」(単位はへぇ~)のブッコミを仕掛けて成功する健闘も見せた[64]
第二十五弾 ネプチューン原田泰造(2試合)[65]名倉潤(1試合)、堀内健(2試合)[66])(10月4日
名倉はイカを「13杯」と数えるはずが「ウォン、スリー!ウォン、ウォン!」と言ってしまい敗れた[67]。その後名倉が関取団と戦っている最中に嶋大輔が現れて「男の勲章」を歌い、数取団と原田・堀内はそれを夢中で見ていたため、無視された名倉が怒っていた(しかし、それを知った嶋は逆に怒ってしまう)。また堀内は、あろうことか「関取」の数え方を間違えてしまったため火の竜を怒らせてしまい、手痛い罰を受けた。
第二十六弾 飯島直子(3試合)(12月6日
相撲の際、火の竜が飯島のファンである事が暴露される。飯島がミスをするたび、火の竜が握手を求めただけで去ったり組手になっても自分から投げ飛ばされるなど、どうみてもわざと負けているので数取団は当然の如く非難する。特に拳はその事に激怒して激しく抗議するが、それが災いして2回も余計な相撲をさせられた上、逆上した火の竜から手痛い一撃を受ける羽目となる。そして、身代わりにされたことに「おかしいだろ!!」とジャンパーを地面に叩きつけて憤慨していた。飯島は凡ミスこそ目立ったものの[68]、4回目のゲームでは、光に「名場面」(単位は1シーン)という、女優ならではのブッコミを繰り出し、見事に成功した[69]
最後のゲームで、飯島が関取団に敗北(傷つけないように、時間をかけてゆっくりと地面に寝転ばせられた)し、マル秘写真を貼られた。
第二十七弾 豊臣秀吉草彅剛)(SMAP)(3試合)(12月27日
めちゃイケの後時間番組『プレミアムステージ』で放送された時代劇テレビドラマ『太閤記 サルと呼ばれた男』の番宣のために登場した。ゲームでは緊張していたのか、最初の勝負の際にミッキーがお題を言うのと同じタイミングで単位を言ってしまい、その勝負こそノーカウントになったもののその後も単位ミスを連発し関取団をイラ立たせ、最後の勝負で当時の連続新記録71を更新する寸前でお題の「マサチューセッツ工科大学」を「マサセーセッチュコッ…」と噛んでしまい、激怒した関取団にボコボコにされたうえにマル秘写真を貼られる羽目になった。そして関取団に『世界に一つだけの花』のサビの部分の振り付けをさせられた。後に後継コーナーである「めちゃギントン」にも出演。
第二十八弾 江頭2:50(3試合)(1月24日
初の準レギュラーの登場。メンバーにはこの回は告知収録と伝えていたが、翔の紹介に入る前にいつものようにスパッツ姿でスナックの壁を破壊して登場[70]。なお、勝負の際はリーゼント頭に学ラン姿であった[71]。相撲の際は、最初の2回はメンバーも感嘆するほどのアクロバティックな投げを火の竜に決められ、その2回目で軽い記憶喪失状態に陥ってしまう。3回目は得意の江頭アタックを決めるも、そのお株を奪う「関取団アタック」に腰砕け。その後、「コイツには勝てる」と判断したのか、バックのメガネ関取(三和)を指名。記憶喪失返しを宣言するがプロレス経験者の三和相手にあっさり敗れる。その後、普段は1枚の「男の勲章」を5枚連続で貼られたばかりか、火の竜からアルバム形式で数十枚も手渡された。ゲスト3人目の全敗であった。この時のナレーションは唯一、ヤンキー口調ではなく通常Ver.だった[72]。後に後継コーナーである「めちゃギントン」にも出演。
特別編 蓬田修士(ヨモギダ君)(1試合)(4月10日
特別編として放送。唯一の一般人(素人)としての出演者及びスタジオ外(水海道市民球場)での1回きりの勝負だった。本人は私服と自前のバイクで参戦。柔道有段者で柔道で攻めるも江頭と同様にお株を奪われ柔道の一本背負いを決められた。関取団から激励されるも一般人唯一の「マル秘写真」を貼られた。なお、つんく♂も出演していたが見学で数取りには参加していない。
第二十九弾 武蔵丸(4試合)(4月24日
スモウライダーとの勝負を希望して登場、ゲストでは唯一、関取団とガチンコで戦って勝利した。2戦目の相撲では、火の竜を武蔵丸のビンタと光のショルダーアタックで撃退。メンバー全員がビンタと張り手の違いを実感した。最後の4戦目で遂に関取団全員が相手になり、これには流石に敗れた。ただし肝心のゲームでは「釣りバカ日誌」のお題を出された時カメラをほぼ無言で通過した後「12手!」と言ったり、簡単なお題であるはずの「りんご」を「1人前!」という等、散々な結果に終わった[73]
第三十弾 椛島永次(KABA.ちゃん)(3試合)(5月15日
『椛島永次』は性転換する前のKABA.ちゃんの本名。オネエキャラを封印して、男キャラで登場するが、途中でオネエキャラに戻る。冒頭では調子に乗りすぎて拳に蹴りを3回入れて締め上げられた上、翔にすがりついてあからさまなセクハラ行為をして逆にひっぱたかれるなど、散々な目に遭った。また、火の竜に対しても乳首を攻めるなどのセクハラを働き、困らせていた。最後に火の竜にカンチョーを食らわされ、マル秘写真を貼られた[74]
なお、この回ではミッキー[75]とジミー[76]の二人もそれぞれ凡ミスで罰を受け、連勝記録がストップした。
第三十一弾 武田鉄矢(3試合)(6月12日
3年B組金八先生」風に紹介されたものの[77]、それを裏切るように赤いスーツにサングラスという出で立ちで登場[78]。1回目のゲームではミッキーの「座頭市」からの「砂糖」というブッコミで「20人」と言ったのを指摘されたが、ミッキーのイントネーションが悪かったのか、兄貴曰く「人間の『佐藤』だと思った」「日本語は正しく使おうよ」とミッキーに金八先生さながら説教をし、取り組みを逃れた。しかし、お題を言わなかったり、お題を言うリズムを崩したり[79]、「詩」を「40文[80]と間違えたうえに光に対して「豚」と失礼なネタを出したりと凡ミスが多かった。それでも全敗を回避するべく、最終ゲームでは光に「長宗我部元親」という高度なブッコミを成功させる。それに対して光は「1回[81]と答えるという信じられないミスをしてしまい、兄貴からミッキーと同じく説教を受けた。なお、このミスにより光は前人未到の30敗目を達成。その際関取団からマル秘のプレゼントを贈られたが、兄貴はその中身をうっかり喋りそうになってしまい[82]、「JODAN」と体で文字を作りごまかしていた。
第三十二弾 忍者ハットリくん香取慎吾)(SMAP)(4試合)(9月4日
本放送の前週に公開された映画『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』の番宣で登場した。連敗続きで香取が「もう〜こんな仕事やだ」と愚痴を零した[83]。ただし、4回目のゲームでは、光に対して「頭巾:1頭(かしら)」という見事なブッコミを決めていた[84]
後に「孫悟空殿」として後継コーナーの「只今参上!色とり忍者」にも登場している。
第三十三弾 氣志團(綾小路翔 / 早乙女光(2試合)、西園寺瞳 / 白鳥雪之丞(1試合)、星グランマニエ / 白鳥松竹梅(1試合))(10月9日
数取団VS氣志團 最終決戦として放送。本家の兄貴の登場にメンバーはどよめき、尊敬の意を示していた。一方の綾小路翔はこのパロディについて何か言いたそうな様子だったが、他のメンバーは数取団の人気の影響で氣志團自体も人気があがったとか、めちゃイケのファンでこの番組に出演出来て嬉しい等と、綾小路とは別の事を言い出し、その度に数取団から突っ込まれる。ゲームの方は数取団が圧勝。この回は氣志團の「One Night Carnival」が相撲のBGMだった。また星グランマニエ(ランマ)がメンバーに気に入られ、終始いじられていた上、関取団との対決を話し合いで回避しようとした。また、白鳥松竹梅(マツ)がナイフを使用したため火の竜がキレ、手痛い罰を受けた。早乙女と綾小路の1回目の相撲は綾小路が怪我をするといけないという理由で関取団との対決が無かったことに対し、一同からブーイングを食らう。最後は数取団翔の提案で普段からちゃんとした言葉を発しない早乙女光を数取りに参加させたところ、1発目で「グギゴ」と発してしまい、綾小路が相撲を取る羽目になった。その際に綾小路翔にマル秘写真を貼られた。
第三十四弾 新堂本兄弟、DOMOTOブラザーズバンド( 堂本剛 / 金城綾乃(kiroro)(1試合)、堂本光一 / 吉村由美PUFFY)(1試合)、えなりかずき / 高見沢俊彦 / ブラザー・トム(1試合))、きくち伸P(プロデューサー)(1試合)(10月16日
実際にゲームに参加したのは堂本剛、光一、えなりの3人。それ以外はバイクに乗っているだけで負けても相撲を取っていない。当初きくちPの参加予定はなかったが、DOMOTOブラザーズバンドが「これで番組(新堂本兄弟)の宣伝になっているのか」と不満を漏らしたため、翔の提案で急遽ゲームに参加。きくちPはゲームのルールを知らずブッコミで「ぶんぶん」と言ってしまい、関取団にボコボコにされマル秘写真を貼られた(唯一の急遽ゲーム参加者。Pでは新庄代行の中嶋以来の相撲だが、テロップではヨモギダ君以来の素人と表示された)。なお、全員がいつもの特攻服で参戦する中、ブラザー・トムだけは懐かしの「小柳巡査」の格好で参加した。高見沢は王子様風の特攻服&ギターという出で立ち、さらに史上初のサイドカー乗車だったが全くイジられず(いずれも痺れを切らして自ら触れた)、存在意義を考えた結果、相撲突入の合図である特攻ラッパをギターで演奏してキャラを立てた。しかし、このことを翔に「それは上がやりますんで」とツッコまれた。この回では、ジミーが「和歌」を井上和香と勘違いしたのか「4人」と答えてしまい、ジミー最後の試合となる13敗目を喫した。その後ジョニーも不定期ながら番組に出演している。
第三十五弾 関ジャニ∞&マー坊兄貴(マー坊/ 内博貴)(3試合)、それ以外はノーミス。(12月25日、2005年1月22日
関ジャニ∞がバイクの後ろに乗り、お題をレギュラーメンバーが答える、という形で進行。関ジャニは相撲も担当する予定だったが、本番ではマー坊以外誰もミスをせず、相撲担当の(当時メンバーだった)内博貴も敵前逃亡[85]などで相撲は取らず、そのツケは全てマー坊に回ることに。マー坊は扱いが酷いと主張するたびに相撲に行くはめになった(数取ゲームのお題でSMAPの人の名前に中居だけ『 - さん』がついていないことが気に入らなくて勝手にゲームを止めたなど)。この時に未公開シーンでメンバーの村上信五によって御堂筋線心斎橋駅が生まれた。マー坊は関ジャニ∞達の力で関取団を追い払ったが、後ろから横山裕に投げ飛ばされてしまった。
第三十六弾,第三十七弾 和田アキ子兄貴(5試合)(4月9日5月28日
アジャ・コングと飯島直子に続く3人目の女性ゲストだが、口調が男勝りで、一人称が「俺」なので“兄貴”として参戦している。
和田が敗れるたび、兄貴を守る為かホリプロの若手が次々と参戦し、相撲を取った。1回目は工藤兄弟、2回目には池谷幸雄池谷直樹兄弟が登場。3回目ではつぶやきシローを含む若手芸人たち[86]による人海戦術で火の竜に挑んだ。4回目ではイジリー岡田なごり雪を歌い誤魔化そうとするも、結局相撲に。その際岡田は火の竜の乳首を舐めるという下ネタで応戦するも敗れた。ゲームでは、和田が事前に一杯練習したにも関わらずなかなか思うように行かず、その悔しさから涙ぐんでしまい、レギュラーメンバーや助っ人のホリプロ軍団に慰められる一幕があった。7回戦は、和田を3周させるためにスローテンポで行ったが、1周したところで和田が「面白くない」という理由でノーカウントになった。8回戦は、かかしを「16体」と数えるところを「17体」と、単位はクリアしたのに数を間違えるというミスを起こす。光に指摘され続けたことに和田は腹を立て、特製マフラーで光をブーイング[87]。光も負けじと和田の嫌いなで兄貴を脅すが、おもちゃということが直ぐにバレて羽交い締めにされた。9回戦は、早口ブッコミの「御堂筋線心斎橋駅」を噛んでしまう。ホリプロなのに相撲を取っていないという理由でジョニーに相撲を取らせるが、そこでつぶやきシローをオマージュした「つぶやきシンジ」で応戦。関取団に気に入られたと思いきや、単なるノリツッコミだった。
ゲームが終わり、ホリプロ軍団の取り組みの和田の感想は「俺の事を助ける為に来てくれたのか、困らせる為に来たのか分からないけど、情けねエ」と酷評だった。
そして和田は「あいつらが気に入らない」と火の竜を呼び出し説教をした。あまりの剣幕に火の竜は完全に脅えきってしまい、「すいませんでした」と謝罪。それを見た和田は「かわいいじゃねーかお前」「あいつはホリプロの若手より面白い」と高評価していた。この回で火の竜が初めて喋る。後に「アッコ先生」として「只今参上!色とり忍者」にも出演した。
なお、この勝負では過去最大の95数取り[88]という記録が樹立された。
第三十八弾 ヒロシ(2試合)(6月18日
この回では、一人一人が敵になる「ガチルール」を採用した。最後に火の竜が「ちゃんこ屋が繁盛するようになった」とヒロシのネタをパクりつつコメントして去っていった(前述の和田に次いで喋ったのは2回目)。また数取り前にも、数取メンバーもヒロシのネタを自虐的に披露した。
「浩次です… 最近小羽が部屋の隅っこで鼻くそを食べています…」
「優です… 最近マイナスイオンの出る便座を買いました 効果が分かりません…」
「晋哉です… 同じエレベーターに乗り合わせたキングコングに気づかれなかった事があります…」
「圭壱です… 坂上二郎さんに睨まれました…」
「圭壱です… 右目からだけ、目やにが出ます…」
「圭壱です… 102kgです…」
「真治です… 何度も言いますが僕が吹けるのはトランペットではなくサックスです…」
「隆史です… サックスもセックスも全然してません…」
「関取団です… 数取団に出て約3年半、お陰様で僕のやってるちゃんこ屋が大繁盛です…」
「関取団です… お台場に来るたびにサインをせがまれます… SEKITORIDANとローマ字で書いてます…」
「関取団です… 実は、Vシネのオファーが殺到してるとです…」
結局、ヒロシは全くネタをさせてもらえなかった。
この回では、レギュラーメンバー(拳[89]、光[90]、ミッキー[91])も約1年ぶりに関取団と相撲を取っていた。
第三十九弾 橋下徹(3試合)(9月10日
橋下自らの参戦希望であった。また、ミッキーに対して拳に関するとある相談をしていた。
当時弁護士だったにも関わらず、「ざるそば」の単位で2度もミスしたり[92]、ぶんぶんオーバーしたりと凡ミスを連発した。
極めつけは「ルールを変えるのが弁護士なんです」と苦し紛れの言い訳をするものの、終盤では、「〇〇内閣」シリーズなるブッコミを披露し[93]、光を連敗に追い込む大健闘を見せた[94]。敗れた光は関取団によって、無理矢理子連れ狼の大五郎のモノマネをやらせられるハメに。
第四十弾 V6坂本昌行 / 三宅健(2試合)、長野博 / 森田剛(1試合)、井ノ原快彦 / 岡田准一(1試合))(10月29日
V6全員がジョニーを除くレギュラーキャラに扮して登場(坂本は翔,井ノ原は拳,三宅は優,長野はジミー,森田は光,岡田はミッキーにそれぞれ扮した)。坂本は掛け声をV6にちなんで「ブイブイブブブイ」にしようと提案したが、結局1回も採用されなかった。また森田は、「数取係長」として光の愛弟子となった。紹介の場面でジャニーズ登場に盛り上がる陰で(以前ジャニーズに書類を送ったものの落ちたことから)ふて腐れていたジョニーが「ケツ話術」を披露(半ば自暴自棄で、テロップでも「壊。」とだけ書かれた)。ゲーム内ではブッコミとして、V6出演の番組である「VivaVivaV6」(ビバ ビバ ブイロク)を使用。
この回では第八弾や第三十四弾、第三十五弾のようにV6が2人ずつに分かれ、前に乗る者が単位を答え、後ろに乗る者がお題を出すという方式が採られた。また相撲は「連帯責任」として、ミスをしたら2人ともが挑戦しなければならず、結果的に全員が関取団と相撲を取ることとなった。その中でも井ノ原と岡田は、関取団にマル秘写真を貼り付けられていた。
第四十一弾 大木こだま・ひびき(大木こだま / 大木ひびき(2試合))(1月7日
第八弾・第三十四弾・第三十五弾・第三十九弾同様、二人で一つのバイクにまたがり、前の座席の者(こだま)が単位を答え、後ろの座席の者(ひびき)がお題を出し、相撲はそれぞれ一人ずつ取らされていた。
早口言葉シリーズにて「生麦生米生卵」で光を撃沈。その後の「新春シャンソンショー」で優を起点にお題を光まで噛ませる流れを生み出す。最後は仕切り直しで優から始めたものの、再度お題を噛んでしまい、相撲を取らされることとなった。
第四十二弾 ゴローちゃん兄貴(稲垣吾郎)(SMAP)(3試合)(5月27日
実質最後の兄貴にてドラマ『ブスの瞳に恋してる』の番宣で登場。体を張ることが似合わないゴローちゃんだったが、ドラマの衣装のジャケットの袖が千切れるほど関取団に振り回された。途中光に「ワイン=1年物」という見事なブッコミをみせた。
森三中村上大島、大島の夫で構成作家の鈴木おさむも登場した。村上はブスパイダーマンに扮してちゃんを助ける為関取団と戦ったが、結局敗れた。鈴木はゴローちゃんが舞台裏を語った後、翔に呼ばれる形で登場した。にまた、この日が光が関取団との最後の戦い(前述)となりコーナー内で坂上二郎のものまねをしたのが最終出演となった。後に、後継コーナーである「めちゃギントン」にも出演。
最終話 原口あきまさ(翔の相棒として登場)(1試合)、博多大吉博多華丸・大吉)(ミッキーの相棒)(2試合)、矢作兼おぎやはぎ)(拳の相棒)(1試合)、南川聡史ピーマンズスタンダード)(ジミーの相棒)(ノーミス)、くっきー野性爆弾)(ジョニーの相棒)(2試合)(12月2日
前月11月4日の放送で番組自体の翌年春改編での終了が発表され、「めちゃイケシュウ活(讐活)プロジェクト」の一環として実に11年ぶり、1夜限りの最初で最後の復活となった。
原口はゲーム途中に自身のネタである、明石家さんま稲川淳二のモノマネを披露していた。およびに、登場の際には拳の昨年での「ゴクラク少年愚連隊」の再現ものまねを本人の目の前で披露していた。
大吉は明太子(単位:腹)というブッコミをジョニーに放ったが、見事にかわされた。
矢作はメガネ(単位:本)やインドネシアの通貨(単位:ルピア)というブッコミを成功させる[95]も、後者は拳と矢作以外誰も答えられないということで、次からは「ドルユーロ以外は自粛を」とテロップが出た。
南川は翔にツイッター(単位:ツイート・いいね)のブッコミを仕掛けて成功。ゲスト陣では唯一全勝で終了し、相撲は取っていない。
くっきーは自身のキャラクターである「チェチェナちゃん」の格好で参加した。しかし、お題が無難であったりブッコミのお題がふざけている(乱闘生のみなみ君の項を参照)とみなされたため、2回も相撲を取らされた。2回目の相撲の際、相撲を一旦やめ力比べで勝負している隙に「水ビンタ(風呂桶に入った水を勢い良く投げつける)」で攻撃したが、関取団が激怒してしまい、自身も水ビンタを覚悟するが桶ごと投げつけられ、「桶ビンタ」を受けてしまった。後に同じく一夜限りの復活を果たしたしりとり侍にも出演。
最後は数取団・関取団がそろって集合写真を撮り、讐活を終えた。

レディーススペシャル編集

2004年7月25日、『FNS27時間テレビ めちゃ2オキてるッ! 楽しくなければテレビじゃないじゃ〜ん!!』で日曜昼に放送された特別版(番組唯一の事前収録コーナー)。

  • 乱闘生や兄貴らが男女ペアになり、女性側が数を取っていく。
  • なお、マラソン中の拳は参加しなかった。
男性側 女性側 成績 備考
元・本物系レディース
鈴木紗理奈
0試合(ノーミス)
ガリ勉系レディース
光浦靖子
1試合[96] 体を張る秀才とバカのコンビ[97]
ジミー OL系レディース
大久保佳代子
0試合(ノーミス)
ジョニー バツイチ系レディース
雛形あきこ
1試合 Mの関取団はSで有名な雛形のビンタにやられてしまった[98]
フェロモン系レディース
村上知子森三中
0試合(ノーミス)
ミッキー 吉本新喜劇系レディース
山田花子
1試合 花子が火の竜に振り回され、「新喜劇名物カベ当たり」の流れになったが、
恐怖でそれどころじゃなかった花子は壁手前でストップ。
佐野瑞樹 アイドル系レディース
中野美奈子
0試合(ノーミス)
マー坊 ピン芸系婦警
青木さやか
1試合[99] 馬鹿呼ばわりしたマー坊に怒った関取団が再登場。強引にキスをさせられた。

サブタイトル編集

  • 数取團の回数は「台場与太郎 第(漢数字)弾」(蓬田修士登場時は「水海道与太郎 特別編 常勝ヨモギダのハルウララ」、関ジャニ∞登場時は「難波与太郎 特別編」、11年ぶりの復活であり最終回となった2017年の放送では語尾を「弾」ではなく「話」を使用)。
  • 仕切りなおしのたびに「夜露死苦(ローマ数字)」が入る。
  • 時折、「数取団現象(○字数字)」(テロップ)という説明が入る[100]。時には辞書を引いたように用語が出てくる。出る回数は1回の平均50-60回くらいだった。時には説明の文字が大きかったり、小さかったりと場面や発言に応じてのテロップが多く見られた。
  • 放送日はフジテレビでの放送日、日本時間(一部地域を除く)。

※『』はコーナーの最後に記された一言。

本編
  • 第一弾 ツッパリは男の勲章(2002.6.8)『学校や会社でも「数取」夜露死苦!!』
  • 第二弾 拳の悲しい夜想曲(2002.7.20)『夏休みは「数取」特訓夜露死苦!!』
  • 第三弾 ミッキーが駆け抜けた空(2002.8.3)『「数取」の達人になって大宣伝夜露死苦!!』
  • 第四弾 星になっちまった優(2002.8.10)『勉強と「数取」の両立夜露死苦!!』
  • 第五弾 ジョニーと超人気女優のララバイ(2002.9.14)『秋は恋より「数取」夜露死苦!!』
  • 第六弾 ジミーと肌色のテールランプ(2002.9.21)『(不明)夜露死苦!!』
  • 第七弾 兄貴と息子の負けられない夜(2002.10.12)『親と子の「数取」夜露死苦!!』
  • 第八弾 光が重ねすぎたレジェンド(2002.10.26)『伝説連発「数取」夜露死苦!!』
  • 第九弾 兄貴が漂着したネヴァーランド(2002.11.9)『タマちゃんより「数取」夜露死苦!!』
  • 第十弾 天才兄貴のワンナイトカーニバル(2002.11.30)『皆「数取」にカモン!夜露死苦!!』
  • 第十一弾 兄貴の妻に捧ぐ鎮魂歌(2002.12.14)『「数取」は兄貴殉職夜露死苦!!』
  • 第十二弾 兄貴の見ためちゃイケのレッドゾーン(2002.12.28)『(無し)』
  • 第十三弾 兄貴の熱烈的俳優人生(2003.1.18)『熱烈的中華飯店も数取も夜露死苦!!』
  • 第十四弾 青い瞳が泣いた数取物語(2003.1.25)『(不明)夜露死苦!!』
  • 第十五弾 新・単位なき戦い/数殺(2003.2.8)『「新・仁義」も「数取」も夜露死苦!!』
  • 第十六弾 ツッパリは女の勲章(2003.3.1)『全国女子も「数取」夜露死苦!!』
  • 第十七弾 関取団が玉取団になった夜(2003.3.15)『4月5日(土)SPも夜露死苦!!』
  • 第十八弾 天使を生んだ神達へ(2003.4.5)『神様登場は超異例夜露死苦!!』
  • 第十九弾 ♪ジタバッタすっるなヨ!!(2003.4.26)『えらい人達も数取夜露死苦!!』
  • 第二十弾 スターにブッ込みがある限り(2003.5.17)『みんなの応援を夜露死苦!!』
  • 第二十一弾 パパイヤとゆかいな仲間たち(2003.6.21)『あの大人気ヒーローを夜露死苦!!』
  • 第二十二弾 夏はシーコイ恋の予感(2003.7.5)『もう一度大声で呼ぼう夜露死苦!!』
  • 第二十三弾 関取も踊る大捜査線ナンデダロウで音頭せよ(2003.8.2)『打倒イジメっ子で夜露死苦!!』
  • 第二十四弾 七転び八嶋の九死に一生(2003.8.30)『夏休みの最後に夜露死苦!!』
  • 第二十五弾 これぞ本物の男の勲章(2003.10.4)『火曜日の犬を夜露死苦!!』
  • 第二十六弾 ハコイリムスメ青春の玉手箱(2003.12.6)『ハコイリムスメ!最終回も夜露死苦!!』
  • 第二十七弾 世界に一つだけの鼻(2003.12.27)『「太閣紀」の秀吉も夜露死苦!!』
  • 第二十八弾 2時50分のワイドショー(2004.1.24)『告訴なしで夜露死苦!!』
  • 第二十九弾 綱を取った男の数取物語(2004.4.24)『大人気親方誕生を夜露死苦!!』
  • 第三十弾 男と女の中間のラブゲーム(2004.5.15)『下ネタ自粛で夜露死苦!!』
  • 第三十一弾 兄貴も人なり 我も人なり(2004.6.12)『JODANで夜露死苦!!』
  • 第三十二弾 ブンブンvsニンニン 夢の共演(2004.9.4)『明日は映画館へ夜露死苦!!』
  • 第三十三弾 行こうぜピリオドの向こうへ(2004.10.9、本家・氣志團兄貴登場)『東京ドームGIG夜露死苦!!』
  • 第三十四弾 兄弟を憂える親の心(2004.10.16)『明日夜11時15分夜露死苦!!』
  • 第三十五弾 行こうぜ関ジャニと無限大の彼方へ(2004.12.25、2005.1.22)『(無し)』
  • 第三十六弾 泣いて許して(2005.4.9、和田アキ子兄貴登場回の前編)『若手全員感動で夜露死苦!!』
  • 第三十七弾 ここからが本当のおまかせ(2005.5.28、和田アキ子兄貴登場回の後編)『明日の「雄魔華世」も夜露死苦!!』
  • 第三十八弾 ヒロシです。どういう訳か太った人から相撲をとろうと誘われます。 ~本人ネタより~(2005.6.18)『ダンディ坂野…?夜露死苦!!』
  • 第三十九弾 六法全書で七転八倒(2005.9.10)『大人なら選挙も夜露死苦!!』
  • 第四十弾 WAになってかぞえよう(2005.10.29)『11月1日「musicmind」夜露死苦!!』
  • 第四十一弾 2006年新春数とりショー(2006.1.7)『新ギャグ決定?夜露死苦!!』
  • 第四十二弾 ブス恋15分後 どすこい22分後(2006.5.27、通常放送最終回)『火曜10時を夜露死苦!!』
  • 最終話 ぶんぶんよ、永遠に続け(2017.12.2、正式な最終回)『讐活は終了で夜露死苦!!』
番外編[101]
  • さんま1匹〜OK牧場100ヶ所(2003.8.9、冒険王のアトラクション紹介)
特別編
  • 単位は地球を救う(2004.7.25、27時間テレビ内で放送)『ジャニーズOKで夜露死苦!!』
  • 伝説の兄貴ベスト10(2003.12.6、総集編+第二十六弾の予告)
  • あなたの兄貴はみんなの兄貴SP(2004.8.21、総集編+第三十二弾の予告)

パロディ編集

  • ノースランドチェーン(パチンコ店)「毎週金曜日は『スロットキング』の日」のCM(富山県内ローカルのCM)- 2005年10月から2006年3月までオンエアされていた。

その他編集

  • この番組では「単位」としているものは正確には助数詞の場合もある。また本項目では番組の方針に従い実際は助数詞であるものも「単位」と表記してあることもある。また、そのいずれかでもないものもあるが番組の方針で「単位」扱いとなっている。これは、このコーナーではあくまでも「言葉の響きの美しさ」を重視しながら数を数えるという独自のルールがあるため。例としてアカデミー賞ブルーリボン賞の単位が「〇部門」、キャベジンの単位が「〇錠」、江角マキコの単位が「ショム〇」、離婚の単位が「バツ〇」、ワインの単位が「〇年物」のほうが美しいとされ、間違えた者がアウトとなっている。
  • 27回目の放送で光(山本)が「(このコーナーを)やめたい」とこぼした際に、翔(矢部)に「代役は塚地君(ドランクドラゴン塚地武雅)にする?」と突っ込まれていたが、後に山本の不祥事で、東京タワーの山本出演部分の収録済み部分を差し替えた際の代役に本当に塚地が選ばれている。

脚注編集

  1. ^ 回によってはこの3つ以外のテロップが表示される時がある。『FNS27時間テレビ めちゃ2オキてるッ! 楽しくなければテレビじゃないじゃ〜ん!!』では「めちゃオキ宣言を恨んで」、2004年8月の総集編では「夏休みの一大イベント」、第二十八弾では「若者達の爆走集会へ」、第三十二弾では放送日の翌日がお台場冒険王最終日だったので「最終日に愛を込めて」、2017年の復活スペシャルでは「関取団に恨みを込めて」と表示されていた。
  2. ^ 例えばワインやシャンパンは〇本とも数えるが〇年物が近い。
  3. ^ 光の10敗目はジェームス・ディーンのようにJohnny)・光の30敗目は贈る言葉海援隊)。
  4. ^ その際、「数取団現象3 「関取団」の存在は本番まで秘密。」と表示された。
  5. ^ 早口お題の際は、お題のテロップの上部に黒色で「CAUTION」が表示される。
  6. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング カンでんじゃねーよベスト5」に第1位にランクイン。お題が「ダンス」で単位が「曲」。テロップが「???」となるほどカンでしまった。
  7. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 凡ミスすんなよベスト5」に第3位にランクイン。
  8. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング カンでんじゃねーよベスト5」に第5位にランクイン。お題が「川柳」で単位が「句」。ジミーは「1ちゅ」と言ってしまった。
  9. ^ 正しい単位は「首」。
  10. ^ なお、伊集院光自身の本名は異なる。
  11. ^ コーナーのオープニングテーマは「レッツゴー!ライダーキック!!」のパロディーで、ナレーションの台詞も『仮面ライダー』のパロディーとなっている。
  12. ^ スモウライダーのコーナー時のみ、顔には歌舞伎の隈取りのようなメイクをしていた。
  13. ^ 24回目では、「数取団現象41 ベルトにボタンにファスナーと留め具という留め具が壊れた光。」と表示された。
  14. ^ 光自身も4回目では、緊張のあまりか「5杯」と言う所を「ご飯」と言ってしまいゲーム不能の凡ミスして一度は見逃しとなったのだが、次のゲームで「5杯」と言う所を「ご飯」とまた言ってしまい1敗を喫することに。
  15. ^ この事は、めちゃイケの最終回に行われたこのコーナーの前身である「七人のしりとり侍」本当の最終夜でも山本が言及していた。
  16. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 完敗じゃねーかよベスト5」に第1位にランクイン。
  17. ^ その際のテロップが「ツッパリ・ジョニー&あきこ(初土俵)」として放送されている。
  18. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング そのまんまじゃねーかよベスト5」に第5位にランクイン。お題が「バーテン」で単位が「人」。ミッキーは「7バーテン」と言ってしまった。
  19. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 完敗じゃねーかよベスト5」に第3位にランクイン。お題が「空」で単位が「面」。ミッキーは「ドカン」と言ってしまった。
  20. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 凡ミスすんなよベスト5」に第5位にランクイン。お題が「カラス」で単位が「羽」。ミッキーは「6匹」と言ってしまった。
  21. ^ 正式には口(くち)と数えるらしい。
  22. ^ 体内のエタノール含有量を調べる際に用いる専門用語アルコール度数も参照してほしい。
  23. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 連想ゲームじゃーよベスト5」に第4位にランクイン。なお、「ピンク」の正しい単位は「色」。
  24. ^ 交渉の姿を見た優が吹き出したためゲームを中断したがノーカウントだった。
  25. ^ しかし拳のブッコミお題「鼻毛」で8毛と言ってしまったことにより敗れた(なお、正しい単位は「ハナゲ」)。
  26. ^ その際のお題が「タラコ」で単位が「腹」。ジミーは「19はらす」と言ってしまった。
  27. ^ その際、「柿食う客」を噛んでしまった。
  28. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング カンでんじゃねーよベスト5」に第3位にランクイン。
  29. ^ 光は「1人」と言ってしまい、6敗目を喫した。
  30. ^ めちゃギントンではゲームには参加しておらず、罰ゲームの太リーマン役として出演している。
  31. ^ 「靭帯」と「のど仏」の正しい単位は、共に「ヶ所」。
  32. ^ その時のお題は「目やに」「靴底」「ホームベース」で単位がそれぞれ「ヤニ」「枚」「点」。光はそれぞれ「13ヶ所」「32ヶ所」「1個」と言ってしまった。
  33. ^ 正しい単位は「匹」。
  34. ^ その際、「数取団現象15 兄貴の故郷は長野県だが・・・?」と表示された。
  35. ^ 正しい単位は「ha」。
  36. ^ その際、「数取団現象20 光ブッちぎりの通算11戦 数取率も80%にダウン!!」と表示された。
  37. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング カンでんじゃねーよベスト5」に第4位にランクイン。
  38. ^ 正しい単位は「枚」、「皿」。
  39. ^ その際のお題が「サンフランシスコ」で単位は「都市」。ミッキーは「9つ州」と言ってしまった。
  40. ^ その際、「数取団現象49 兄貴に確認したいが妖怪の単位は1匹?」とテロップが出た。
  41. ^ その際のお題が「武道」で単位が「試合」や「種目」または「段」など。拳は「ロクトーギ」と言ってしまった。あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 完敗じゃねーかよベスト5」に第5位にランクイン。
  42. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 凡ミスすんなよベスト5」に第2位にランクイン。
  43. ^ その際「数取団現象38 ピエロ缶。」とテロップが出た。また、あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの際は「数取団現象16」として放送された。
  44. ^ その際のお題が「インターネット」で単位は「回線」や「アクセス」など。翔は「5台」と言ってしまった。
  45. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング そのまんまじゃねーかよベスト5」に第4位にランクイン。お題が「薪」で単位は「束(たば)」。藤井兄貴は「12まき」と言ってしまった。
  46. ^ 正しい単位は「ヶ所」。
  47. ^ この時、光(本来の布川の位置)とミッキー(本来の本木の位置)がバックダンサーを務めた。
  48. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング カンでんじゃねーよベスト5」に第2位にランクイン。光は「ラムズフェルドバクチョーチョーカン」言ってしまい18敗目を喫した。
  49. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 凡ミスすんなよベスト5」に第4位にランクイン。数取団は「カラット正解、だけど数字を忘れて~る~!!」と言われ、兄貴は「忘れちゃった~!」と返した。
  50. ^ その際のお題が「ラズベリードリーム」で単位は「曲」。ジョニーは「1回」と言ってしまった。
  51. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング そのまんまじゃねーかよベスト5」に第3位にランクイン
  52. ^ 光は「ラスク」と言い返してしまい19敗目を喫した。
  53. ^ 正しい単位は「枚」や「個」。
  54. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング そのまんまじゃねーかよベスト5」に第1位にランクイン。お題が「和田勉」で単位は「人」。錦野兄貴は「12個」と言ってしまった。
  55. ^ その際のお題が「リオ・デ・ジャネイロ」で単位は「都市」。光は「リオ・デ・ジャネイロ」と言い返しているが、後にブラジルの都市だとわかり、「1都市」と答えたのだが、リズムを乱しており、前人未到の20敗目を喫した。
  56. ^ その際「数取団現象24 今夜はこのままですが不満な点は?」とテロップが出た。
  57. ^ 3回目の勝負で「ご飯責め」をしたものの錦野兄貴が「相撲部」をブッ込みし、光は「相撲部?」言ってしまい21敗目を喫した。その際のテロップが「ツッパリ・スモウライダー(貫禄の21試合目)」と表示された。なお、「相撲部」の単位は「人」や「チーム」など。
  58. ^ その際ミッキーが「スモウライダーは、スモウライダーでなんか、コーナー作ろうよ」と言った後「数取団現象52 単独コーナー化?」とテロップが出た。
  59. ^ 正しい単位は「玉」。
  60. ^ その際のお題が「暗算」で単位は「ケタ」。優は「1段」と言ってしまった。
  61. ^ 正しい単位は「方向」。
  62. ^ その際のお題が「真ん中」で単位は「ヶ所」。ジミーは「9方向」と言ってしまった。
  63. ^ 正しい単位は「mg」。
  64. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 連想ゲームじゃーよベスト5」に第5位にランクイン。単位は「ネタ」もしくは「個」として放送された。光は「」と言ってしまい24敗目を喫した。
  65. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 連想ゲームじゃーよベスト5」に第2位にランクイン。お題は「早退」で単位は「回」。原田兄貴は「しましぇん」と言ってしまった。
  66. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング そのまんまじゃねーかよベスト5」に第2位にランクイン。お題が「かっぱえびせん」で単位は「袋」。堀内兄貴は「10せん」と言ってしまった。
  67. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 完敗じゃねーかよベスト5」に第4位にランクイン。
  68. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 連想ゲームじゃーよベスト5」に第1位にランクイン。お題は「おすぎとピーコ」で単位は「組」。飯島姉貴は「おかま」と言ってしまった。
  69. ^ 光は「9場面」と言ってしまい25敗目を喫した。
  70. ^ そのため、当該回の乱闘生の挨拶はなし。
  71. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 連想ゲームじゃーよベスト5」に第3位にランクイン。お題は「パックンマックン」で単位は「組」。江頭兄貴は「2人組」と言ってしまった。
  72. ^ 単位上等!爆走数取団の前のコーナーと後のコーナーがフジTV警察24時であった為。
  73. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 完敗じゃねーかよベスト5」に第2位にランクイン。お題は「本棚」で単位は「本」もしくは「架」。武蔵丸兄貴は聞いていなかったせいか、「急に何?」と聞き返してしまった。
  74. ^ 最終ゲームで「マサチューセッツ工科大学」というお題に対し「5校」を答える所を「5こん」と言ってしまい3敗目を喫した。
  75. ^ その際のお題が「フランスパン」で単位が「本」。ミッキーは「23個」と言ってしまった。その際のテロップが「ツッパリ・ミッキー(26連勝ストップの14試合目)」と表示された。
  76. ^ その際のお題が「ターミネーター」で単位が「体」。ジミーは「3人」と言ってしまった。その際のテロップが「ツッパリ・ジミー(30連勝ストップの12試合目)」と表示された。
  77. ^ その際、TBSテレビから映像提供された「3年B組金八先生」の1シーンが流れた。
  78. ^ 武田の「たまには不良役で出演したい」との要望から。
  79. ^ あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの「爆笑ブッ込みランキング 凡ミスすんなよベスト5」に第1位にランクイン。武田は「金八先生」を「金!八!先!生!」とリズムを崩してしまった。
  80. ^ 正しい単位は「篇」。
  81. ^ 正しい単位は「人」。
  82. ^ その際、「数取団現象53 あえて音声をいじらずに放送しています。」とテロップが出た。また、あなたの兄貴はみんなの兄貴SPの際は「数取団現象81」として放送された。
  83. ^ 最終ゲームの際、「ゴルバチョフ書記長」の早口お題の流れからミッキーが「ゴルフ」をブッコミをし、「ゴルバッポン」と言ってしまい4敗目を喫した。その際のテロップが「ツッパリ・ハットリくん兄貴(SMAP新記録の4敗目)」と放送された。
  84. ^ 光は「1枚」と言ってしまい31敗目を喫した。
  85. ^ この行為をマー坊は怒っていたが、翔に「だから斬新なんですよ」と、斬新なボケと思わせることを言われた。
  86. ^ この時参戦したのはつぶやきを含め、号泣魚でFくつ下一足二足ヒデヨシ・アンリミテッドの6組。なお、2018年現在つぶやきを除く5組は全て解散している。
  87. ^ 「うるせーんだよいちいち!!お前、ゲームで遊びじゃねーかよ!!今リズムで楽しくやってんだから聞き流せよバカヤロー!!」といったようにゲームを楽しみたいのが理由。
  88. ^ その際のお題が「インターネット」で単位が「回線」や「アクセス」または「サイト」など。アッコは「96局」と言ってしまった。
  89. ^ その際のお題が「キャットフード」で単位が「缶」「粒」「袋」。拳は「10食」と言ってしまった。その際のテロップが「ツッパリ・拳(50連勝ストップの16試合目)」と表示された。
  90. ^ その際のお題が「ガラスの部屋」で単位が「曲」。光は「25部屋」と言ってしまった。その際のテロップが「ツッパリ・光(24連勝ストップの32試合目)」と表示された。
  91. ^ その際のお題が「たらこ」で単位が「腹」。ミッキーは「イッポロ」と言ってしまった。その際のテロップが「ツッパリ・ミッキー(32連勝ストップの15試合目)」と表示された。
  92. ^ 正しい単位は「枚」。橋下は1回目は「12杯」、2回目は「はっはい」と言ってしまった。
  93. ^ 正しい単位は「第〇次」。
  94. ^ 光は「小泉内閣」を「1点」と言ってしまい33敗目、最終ゲームでは「中曽根内閣」を「8組」と言ってしまい34敗目を喫した。
  95. ^ その時ミッキーは「パセ」と言ってしまった。
  96. ^ お題が「キリン」で単位が「頭」。光浦は「20匹」と言ってしまった。
  97. ^ 数取団現象53より
  98. ^ その際「数取団現象47 衝撃映像。」のテロップとリプレイ映像のコーナーワイプ付で放送された。
  99. ^ お題が「青春」で単位が「ページ」。青木は「1思い出」と言ってしまった。
  100. ^ 番外編「さんま1匹〜OK牧場100ヶ所」と「あなたの兄貴はみんなの兄貴SP」の際は、「冒険王現象(○字数字)」として放送された。
  101. ^ この回のタイトルは「単位上等!爆走数取団」ではなく「単位上等番外編!爆走夏休みゲスト100人伝説」として放送された。

関連項目編集