博労淵の戦い(ばくろうぶちのたたかい)は、江戸幕府豊臣家の間の大坂の陣(大坂の役)のうち、1614年慶長19年)末に発生した大坂冬の陣において行われた戦いの一つ。

博労淵の戦い
戦争大坂冬の陣
年月日1614年慶長19年)11月29日
場所摂津国 大坂城西方、木津川流域 上博労・下博労地区沿岸
結果:幕府軍の博労淵砦占拠
交戦勢力
江戸幕府Japanese crest Tokugawa Aoi.svg 豊臣
指導者・指揮官
石川忠総
蜂須賀至鎮
池田忠雄
平子正貞 
薄田兼相(不在)
米村六兵衛
戦力
5,300 700[1]
損害
不明 不明
大坂の陣

概要編集

豊臣方は、木津川口砦とともに、木津川沿岸の守備のため博労淵(現在の大阪市西区立売堀付近、西長堀駅の北側)に砦を築き、薄田兼相が守将として兵700で守備しており、11月19日の木津川口砦陥落後もそのままになっていた。

11月29日、東軍の蜂須賀至鎮池田忠雄石川忠総らが、博労淵の砦を攻め、これを奪取した[2]。寄せ手の東軍は、石川忠総の兵が五隻の船で伝法口から進み、蜂須賀至鎮の兵は水陸の二隊に分かれて進み、数十隻の舟に分乗して木津口から迫った一隊の到着とともに、一斉に砦内に突入したのである[3]

守将の薄田兼相は前夜から神崎の遊女屋に泊まり込んで不在だったため、砦は守将が不在の間に陥落した[3]

遊女と戯れている間に、砦を徳川方に陥落されたため、薄田兼相は味方から「橙武者」と軽蔑されることになる[4]。その理由は「だいだいは、なり大きく、かう類(柑類)の内色能きものにて候へども、正月のかざりより外、何の用にも立ち申さず候。さて此の如く名付け申し」(『大坂陣山口休庵咄』)というものであった[3]

脚注編集

  1. ^ 二木 1983, p. 101.
  2. ^ 二木 1983, p. 101.
  3. ^ a b c 二木 1983, p. 102.
  4. ^ 二木 1983, p. 168.

参考文献編集

  • 二木謙一 『大坂の陣―証言・史上最大の攻防戦―』中央公論社、1983年。