博士(応用言語学)

博士(応用言語学)(はくし おうようげんごがく)は、日本博士学位である。

概要編集

応用言語学に関する専攻分野を修めることによって、1991年以降に日本の大学で授与されるものである。

1991年以前の日本では授与されておらず(「応用言語学博士」という学位の種類は日本では規定されていない)、応用言語学を修めた者には文学博士等が授与されていた。

英語圏においては、各国による学位制度に違いがあるものの、Doctor of Philosophy in Applied Linguistics (Ph.D. in Applied Linguistics) が、博士(応用言語学)に相当する。

授与大学編集

2010年現在で、明海大学のみが「博士(応用言語学)」の学位を授与している。

関連項目編集