博士(経済学)

博士(経済学)(はくし けいざいがく)は、博士学位であり、経済学に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。

1991年以前の日本では、経済学博士(けいざいがくはくし)という博士の学位が授与されており、経済学博士は、現在の「博士(経済学)」とほぼ同じものである。大学院によっては、博士(経済学)の中に、博士(経営学)博士(商学)の対象とする研究領域を含んでいる場合が多い。

経済学博士は、1920年(大正9年)の学位令改正により追加された。それ以前は、法学博士の中に経済学の研究に関するものが含まれていた。日本で初めて経済学博士を授与されたのは、寺島成信(1923年。授与機関は東京帝国大学)である。

概要編集

英語圏においては、各国による学位制度に違いがあるものの、Ph.D. (Doctor of Philosophy) の一部と Doctor of Economics が、経済学博士に相当する。

日本で授与された博士(経済学)の英語での表記方法としては、Doctor of Philosophy in Economicsが一般的である。

関連項目編集