メインメニューを開く

博徒無情』(ばくとむじょう)は、1969年6月28日に公開された日本の映画である。監督は斎藤武市。主演は松原智恵子日活制作。

博徒無情
監督 斎藤武市
脚本 星川清司
製作 岩井金男(企画)
出演者 松原智恵子露口茂長門裕之扇ひろ子奈良岡朋子渡哲也
音楽 小杉太一郎
撮影 萩原憲治
編集 近藤光雄
制作会社 日活
公開 1969年6月28日
上映時間 88分
テンプレートを表示

概要編集

従来の任侠映画とは異なり、やくざの恋人を主人公にした恋愛と人情を混ぜた任侠活劇である。

かつて恩義を受けた親分が殺されたと聞いた青年が敵の一家子分を斬りつけて投獄され、その恋人が敵に拷問されるが、投獄された青年の宿敵に助け出される。

キャスト編集

スタッフ編集

同時上映編集

興行編集

日本映画の斜陽で日活は当時赤字続き[1]。1968年7月の決算で累積赤字が23億4300万円に達し[1]負債は100億円を越えるといわれた[2]。1969年初めに撮影所を売却し[3][4][5]、いまにも潰れるのでないかとウワサされたが[4]、日活の製作担当・堀雅彦常務が1969年の夏から、お家芸の"青春路線"を中止させ[6]、「なんでもかんでも東映のマネをしろ」とプロデューサーに厳命し[3][4][6]、題名から内容まで徹底的に東映作品のマネをした映画製作を決定した[3][4][6][7][8]。当時東宝以外の松竹、日活、大映は東映のマネをしようと必死の努力を続けた[2]。日活も"マネマネ路線"[4]"第二東映"[8]などと陰口をたたかれながら[4][8]、日活『博徒無情』と『残酷おんな私刑』を本作『温泉ポン引女中』『やくざ刑罰史 私刑!』にぶつけ、お互い顰蹙を買う題名の映画で動員数を競い、物マネスタイルのドン尻[7]日活が[4]、本家東映を退け興行合戦に勝利し、五社のトップに突如躍り出る異変を起こし映画界を驚かせた[4]

脚注編集

  1. ^ a b 高木教典「自壊の中の日本映画・その2『腐敗映画を生む経済機構―五社"転落"の過程』」『朝日ジャーナル1969年昭和44年)3月30日号、朝日新聞社、 17 - 21頁。
  2. ^ a b 初山有恒「自壊の中の日本映画・その3『エロとヤクザと観客 ―東映独走のかげに』」『朝日ジャーナル1969年昭和44年)3月30日号、朝日新聞社、 23 - 26頁。
  3. ^ a b c 「恥も外聞も捨てた日活第二東映路線」『週刊現代1969年昭和44年)6月26日号 32頁、講談社
  4. ^ a b c d e f g h 「日活"マネマネ路線"に屈した本家東映」『週刊読売1969年昭和44年)7月25日号 31頁、読売新聞社
  5. ^ 「撮影所を打って 映画は作る?日活 組合は反対で社内に不安」『週刊朝日1969年昭和44年)3月21日号 129頁、朝日新聞社
  6. ^ a b c 「"貧すれば…"か、日活ヤクザ、ピンクに転向」『週刊朝日1969年昭和44年)7月4日号、朝日新聞社、 113頁。
  7. ^ a b 「〔ウの目タカの目}王者東映も前途多難」『週刊文春1969年昭和44年)7月21日号 21頁、文藝春秋
  8. ^ a b c 「清川虹子が助っ人東映やくざ路線」『週刊文春1969年昭和44年)8月11日号、文藝春秋、 20頁。

外部リンク編集