北海道占守郡の位置(黄:発足時)

占守郡(しゅむしゅぐん、しむしゅぐん)は、北海道千島国根室支庁にあった

人口1,805人(1940年)、面積3,291km²[1]

当該地域の領有権に関する詳細は千島列島及び北方領土問題を参照。

目次

概要編集

全域が千島列島北部の島嶼で構成され、町村制が施行されなかったため所属町村はない。2010年まで日本の一部法令に名称だけが残存していた。

中心集落は幌筵島柏原で、駐在所郵便局(季節開業)など行政機関が置かれた。そのほか加熊別、村上、摺鉢などには集落や缶詰工場が建てられた。さらに占守島片岡でも缶詰工場が操業するなど、北洋漁業の基地として栄え、夏期期間には函館小樽から命令航路の船が通うなど、中部千島以北で最多の定住者を数えた。また、本郡は内地で唯一、 UTC + 10:30 の時差が適用されていた。[要出典]

郡域編集

1876年明治9年)から2010年平成22年)まで変更なし(並び順は北から)。

  • 幌筵海峡(パラムシル海峡。占守島と幌筵島との間の海峡)
  • 磐城海峡(イワキ海峡。幌筵島と阿頼度島との間の海峡)
  • 志林規海峡(シリンキ海峡。幌筵島と志林規島との間の海峡)
  • 温禰古丹海峡(オンネコタン海峡。幌筵島と温禰古丹島との間の海峡)
  • 大和水道(ヤマト水道。温禰古丹島と磨勘留島との間の海峡)
  • 春牟古丹海峡(ハリムコタン海峡。温禰古丹島と春牟古丹島との間の海峡)
  • 捨子古丹海峡(シャスコタン海峡。春牟古丹島と捨子古丹島との間の海峡)
  • 越渇磨海峡(エカルマ海峡。捨子古丹島と越渇磨島との間の海峡)
  • 牟知海峡(ムシル海峡。牟知列岩と雷公計島との間の海峡。占守郡の南限) - 別名Kruzenshtern海峡(クルーゼンシュテルン海峡)、最大水深1,900m。

沿革編集

人口編集

国勢調査の結果のうち、1925年大正14年)から1935年(昭和10年)のデータは、1935年(昭和10年)の国勢調査報告[7]による。

  • 明治17年(1884年) - 先住アイヌ(約100人)を移住させ、無人化。
  • 明治29年(1896年) - 拓殖団が入植(57人)。
  • 明治36年(1903年) - 占守島の定住者170人(男100人、女70人)(郡司成忠#第二次千島拓殖)。
  • 大正9年(1920年) - 第1回国勢調査 3,070人(男2444人、女626人)、世帯数89[8]
  • 大正14年(1925年) - 第2回国勢調査 450人。
  • 昭和5年(1930年) - 第3回国勢調査 424人。
  • 昭和10年(1935年) - 第4回国勢調査 2,820人(男2,530人、女290人)、うち常住人口132人。
  • 昭和15年(1940年) - 第5回国勢調査 1,805人(男1,729人、女76人)、世帯数104[9]
  • 昭和20年(1945年) - 国勢調査は行われなかったが、多数の民間人(約2,000人)と守備隊(陸軍約23,000人、海軍約1,500人)が滞在していた(占守島の戦い#民間人)。

参考資料編集

  1. ^ International Kuril Island Project(IKIP、国際千島調査、英文)”. University of Washington Fish Collection or the respective authors. 2010年9月5日閲覧。
  2. ^ 法令全書第11冊(明治9年) 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館
  3. ^ クリル人の色丹島移住釧路正教会百年の歩み 釧路ハリストス正教会
  4. ^ 根室外九郡役所統計概表 経歴 デジタルアーカイブ 国立国会図書館
  5. ^ 北海道総合振興局及び振興局の設置に関する条例 支庁制度改革の取組(地域主権局) 北海道
  6. ^ 法令データ提供システムによる最新版検索結果(別表第九)”. 総務省. 2010年9月5日閲覧。
  7. ^ 市町村別人口 01北海道昭和10年国勢調査
  8. ^ 世帯数及人員-市町村 01北海道 大正9年国勢調査 政府統計の総合窓口
  9. ^ 世帯および男女別人口(全人口)-全国,道府県,郡,市区町村 昭和15年国勢調査 政府統計の総合窓口