メインメニューを開く

危機管理学部(ききかんりがくぶ)は、危機管理の基本技術を身につけ、さらに健康、安全、安心を求める応用技術を修得して、安全で平和な社会を実現するトータルコーディネーターを育成する学部

日本の研究・教育機関では従来積極的に扱われてこなかった危機管理の専門家を養成する学部である[1]

日本では日本大学(2016年4月)[2]加計学園系列の千葉科学大学(2004年4月)[3]倉敷芸術科学大学(2017年04月)[4]に設置されている。日本大学は同学部の就職先として警察官を想定している[5]

なお、千葉科学大学での英称はFaculty of Risk and Crisis Management(学部開設当初はFaculty of Crisis)、日本大学での英称はCollege of Risk Management、倉敷芸術科学大学での英称はCollege of Risk and Crisis Managementである。

また、卒業時に授与される学位は、千葉科学大学と倉敷芸術科学大学においては「学士(危機管理)」であり、日本大学においては「学士(法学)」である。

脚注編集

関連項目編集