危険なプロット』(きけんなプロット、Dans la maison)は、2012年フランスサスペンス映画フアン・マヨルガスペイン語版の舞台劇『El chico de la última fila』を原作としたフランソワ・オゾン監督によるコメディ・ドラマである。出演はファブリス・ルキーニエルンスト・ウンハウアーフランス語版など。

危険なプロット
Dans la maison
監督 フランソワ・オゾン
脚本 フランソワ・オゾン
原作 フアン・マヨルガスペイン語版
El chico de la última fila
製作 エリック・アルトメイヤーフランス語版
ニコラス・アルトメイヤーフランス語版
クローディー・オサールフランス語版
出演者 ファブリス・ルキーニ
エルンスト・ウンハウアーフランス語版
クリスティン・スコット・トーマス
エマニュエル・セニエ
音楽 フィリップ・ロンビフランス語版
撮影 ジェローム・アルメーラ
編集 ロール・ガルデットフランス語版
製作会社 マンダリン・シネマフランス語版
配給 フランスの旗 マーズ・ディストリビューションフランス語版/ワイルド・バンチドイツ語版
日本の旗 キノフィルムズ
公開 カナダの旗 2012年9月10日TIFF
フランスの旗 2012年10月3日
日本の旗 2013年10月19日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 €9,200,000[1]
興行収入 $19,649,913[2]
テンプレートを表示

2012年、サン・セバスティアン国際映画祭では最高賞であるゴールデン・シェル英語版と審査員賞(脚本賞)[3]を、第37回トロント国際映画祭では国際映画批評家連盟賞のスペシャル・プレゼンテーションを受賞した。また、エルンスト・ウンハウアー英語版第18回リュミエール賞フランス語版最優秀新人男優賞フランス語版を受賞している。

ストーリー編集

高校国語フランス語)教師ジェルマンは、新年度が始まり、新たな生徒たちをクラスに迎える。学校では新年度から生徒に制服が導入されていた。ジェルマンは生徒たちに週末の出来事を作文に書く課題を出す。

ジェルマンは自宅で、妻で画廊経営のイギリス人ジャンヌに、生徒たちが提出した作文がどれほど退屈なものか読み聞かせ始めた。しかし二人は、その中に文才のある生徒クロードを見つける。

その作文には、数学が苦手なクラスメイトのラファに勉強を教えるため、彼の家に行った際に見聞きしたことが書かれていた。他人の家を覗き見るような悪趣味なものであったが、続きが気になってしまう文章に二人は惹かれていく。

ジェルマンは次の授業でクロードに続きを提出させる。何度も続きを提出させるうち、ジェルマンは一対一でクロードに小説の書き方を教える課外授業を学校でするようになる。次第にクロードが書く文章は虚実が入り交じり、より危険なものへと変わっていく。

キャスト編集

製作編集

脚本はスペインの作家フアン・マヨルガの舞台劇『El chico de la última fila』を基にフランソワ・オゾンが執筆した。製作はマンダリン・シネマがフランス2シネマとマーズ・フィルムズの支援を受けて920万ユーロの予算で行われた。撮影は2011年8月と9月に8週間かけて行われた[4]

公開編集

フランスではマーズ・ディストリビューション配給で2012年10月3日に公開された[1]

日本では、2013年6月21日にフランス映画祭2013のオープニング作品として『In the House(英題)』の題名で上映された。その後、同年10月にヒューマントラストシネマ有楽町Bunkamuraル・シネマ他にて劇場公開された後、全国順次公開される。

作品の評価編集

映画批評家によるレビュー編集

アロシネによれば、フランスの25のメディアによる評価の平均点は5点満点中3.5点である[5]Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「ダークで緊張感があり、皮肉な笑いを誘う『危険なプロット』は、フランソワ・オゾン監督の見事な演出と、才能豊かなキャストの素晴らしい演技が特徴である」であり、85件の評論のうち高評価は88%にあたる75件で、平均点は10点満点中7.3点となっている[6]

受賞歴編集

部門 対象 結果
第37回トロント国際映画祭 国際映画批評家連盟賞スペシャル・プレゼンテーション 受賞
第60回スペイン語版サン・セバスティアン国際映画祭[3] ゴールデン・シェル英語版(最高賞) 受賞
審査員賞(脚本賞) フランソワ・オゾン
第18回リュミエール賞フランス語版 最優秀新人男優賞フランス語版 エルンスト・ウンハウアーフランス語版 受賞
第38回セザール賞[7] 作品賞フランス語版 ノミネート
監督賞フランス語版 フランソワ・オゾン
主演男優賞フランス語版 ファブリス・ルキーニ
有望若手男優賞フランス語版 エルンスト・ウンハウアー
脚色賞フランス語版 フランソワ・オゾン
音楽賞フランス語版 フィリップ・ロンビフランス語版

出典編集

  1. ^ a b Dans la maison” (フランス語). AlloCiné. 2014年11月16日閲覧。
  2. ^ Dans la maison (2012)” (フランス語). JP Box Office. 2012年10月10日閲覧。
  3. ^ a b “Official Selection Awards” (英語). San Sebastián International Film Festival. (2012年9月29日). オリジナルの2013年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130111054206/http://www.sansebastianfestival.com/in/pagina.php?ap=3&id=2725 2012年10月2日閲覧。 
  4. ^ Lemercier, Fabien (2011年10月18日). “Details revealed about Ozon’s Dans La Maison” (英語). Cineuropa.org. 2012年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月5日閲覧。
  5. ^ Critiques Presse pour le film Dans la maison” (フランス語). AlloCiné. 2021年8月8日閲覧。
  6. ^ In the House (2012)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年8月8日閲覧。
  7. ^ 2012年 第38回 セザール賞”. allcinema. 2021年8月8日閲覧。

外部リンク編集