メインメニューを開く

即非如一(そくひ にょいつ、万暦44年5月14日1616年6月27日)- 寛文11年5月20日1671年6月26日))は、江戸時代前期中国のから渡来した臨済宗黄檗派(黄檗宗)の僧。福建省福州府福清県の出身。俗姓は林氏。字は即非。

即非如一
1616年 - 1671年
Portrait of Jifei Kita chobei Inscription by Jifei Triptych hanging scrolls color on paper Kobe City Museum.jpg
即非像 喜多長兵衛筆 即非自賛
紙本着色 神戸市立博物館
生地 福建省福州府福清県
宗派 臨済宗黄檗派
寺院 崇聖寺、崇福寺、黄檗山萬福寺福聚寺
費隠通容隠元隆琦
弟子 化林性偀千呆性侒

生涯編集

父は林英、母は万氏。林氏は代の士大夫林希逸の末裔を名乗っていた。

父を早くに失い、18歳の時に龍山寺の西来の許で出家し、費隠通容が黄檗山に晋住したため十戒を受けて沙弥となった。1637年中国福州黄檗山萬福寺の隠元隆琦に師事して菩薩戒を受戒した。この頃、山火事を消火しているうちに穴に落ち、救出されたときに大悟したという。1651年、隠元の法を継いで雪峰の崇聖寺に移った。この頃化林性偀が弟子となっている。

1657年隠元に招かれて来日し、長崎崇福寺に住して伽藍を整備し、その中興開山となった。1663年山城国宇治の萬福寺に移り、法兄の木庵性瑫とともに萬福寺首座となった。最初の黄檗三壇戒では教授阿闍黎の任を務めた。翌1664年帰国の途中、豊前国小倉藩小笠原忠真らに招かれ、1665年福聚寺を創建してその開山となった。その後、崇福寺に隠居してそこで没した。享年56。

能書家とし知られ、隠元隆琦、木庵性瑫とともに黄檗の三筆と称される。を善くし、禅味のある観音羅漢・蘭竹を画いたが、これは日本の文人画のさきがけとされる。

寿ぎにを図案化する最も早い作品は、如一が寛文6年(1666年)に小笠原長真の二十歳の祝賀に送った「松下鶴鹿図」(福聚寺所蔵)とされる。

関連項目編集