メインメニューを開く

厚田村(あつたむら)は、北海道石狩支庁北部にあった、厚田郡に所属していた

あつたむら
厚田村
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 編入合併
厚田村浜益村石狩市
現在の自治体 石狩市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 石狩支庁
厚田郡
団体コード 01305-6
面積 292.84km2
総人口 2,779
(住民基本台帳人口、2005年9月末日)
隣接自治体 石狩市浜益郡浜益村
石狩郡当別町
村の木 トドマツ
村の花 シバザクラ
厚田村役場
所在地 061-3692
北海道厚田郡厚田村大字厚田村18
座標 北緯43度24分0.5秒
東経141度26分3.1秒
北海道内における厚田村の位置
 表示 ウィキプロジェクト

村名の由来は、アイヌ語at-ta アッタ(オヒョウニレの樹皮・採る)に因む。オヒョウニレの樹皮はアイヌの服飾原料・繊維として重要であった。厚田川の支流に、上流に沼があって水質の変化した at-woro-us-nayアッウォルシナイ(オヒョウニレの樹皮・うるかす・いつもする・川 (河谷))があったと伝承がある。

2005年10月1日浜益村と共に石狩市編入され、厚田村区域は、石狩市の地域自治区「厚田区」となった。

地理編集

石狩支庁北部に位置、西部の日本海、東部の山地にはさまれた険しい地形。

隣接していた自治体編集

沿革編集

 
厚田村役場(2005年5月)

厚田村は、日本海沿岸に位置するため北海道では開拓が早く、1600年代からニシンなどの漁場として開かれ、江戸時代には松前藩によってアツタ場所が開かれていた。

姉妹都市・提携都市編集

経済編集

基幹産業は水産業、農業(稲作)。

教育編集

中学校

  • 厚田、聚富

小学校

  • 厚田、望来、聚富

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身の有名人編集

参考文献編集

  • Riichi Miyake, Takeo Ozawa, Satoru Kaku 『Atsuta - Re-vision of Hokkaido』 Flick Studio, 2013、ISBN 978-4904894125

関連項目編集

外部リンク編集