メインメニューを開く

原中 勝征[1](はらなか かつゆき、1940年4月15日 - )は、日本の医師。医学博士(東京大学、1975年)。18代日本医師会会長。

人物編集

1940年、福島県浪江町生まれ。1966年、日本大学医学部卒業。1967年東京大学医学部に入局。日本大学医学部客員助教授を経て、1977年アメリカ・スローンケタリング癌研究所客員研究員となる。1980年東京大学医科学研究所内科医局長、1990年東京大学助教授、1991年医療法人杏仁会大圃病院理事長・院長、1993年社会福祉法人筑圃苑理事長を歴任。真壁郡市医師会副会長、茨城県医師会理事を経て、2000年茨城県医師会副会長、日本医師会代議員。2004年茨城県医師会会長を歴任。民主党との間で蜜月を構築し、医療政策へ影響力を与え、日本医師会理事を経て、民主党政権下である2010年から2012年まで第18代日本医師会会長を務め、2010年に行われた参議院選挙においては、民主党より同窓(日本大学医学部)である安藤高夫を擁立した。また、日本会議代表会員を務める。2017年4月、旭日重光章を受章。

脚注編集

  1. ^ 理事長 原中勝征(はらなか かつゆき) 病院のご案内(ごあいさつ),医療法人杏仁会HPより。

関連項目編集