メインメニューを開く

原口 竹次郎(はらぐち たけじろう、1882年2月28日 - 1951年2月16日)は、日本の東南アジア研究者。

目次

生涯編集

佐賀県小城郡(現在の小城市)生まれ。1902年(明治35年)早稲田大学大学部文学科に入学。1905年の卒業時には総代として答辞を読んだ。1907年アメリカに留学、同地で心理学者の新井鶴子と結婚した(1915年に死別)。帰国後は母校早大の教授となるも1917年(大正6年)に起きた早稲田騒動天野為之学長派として活動したことが原因で早大から放逐された。その後は台湾オランダ領東インドで活動、戦後はオランダ大使館顧問となった。

著書編集

  • 『戦争乎平和乎』(同文館、1916年)
  • 『現代の亜米利加』(冨山房、1916年)
  • 「南洋各植民地立法制度」(『英領印度現行統治組織』所収、台湾総督府、1924年)
  • 「日本と南洋の経済関係」(『台湾時報』所収、1932年)
  • 「蘭印に於ける日本人の貢献」(『南洋経済研究所紀要』所収、1938年)
  • 「西南支那と其の建設プログラム」(『東洋経済新報』所収、1939年)

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集