メインメニューを開く

原 國雄(はら くにお、1944年9月18日 - )は、1950年代俳優1960年代後期 - 2000年代アナウンサー

東京都出身。

略歴編集

1954年子役として芸能界にデビュー。1959年、芸能界を引退する。

1968年早稲田大学政治経済学部を卒業後、福島テレビに入社、放送界入り。この当時福島県に民放テレビは福島テレビ1局しかなく、同局で5系列(フジテレビ・TBSテレビ・日本テレビ・テレビ朝日・テレビ東京)の番組が放送されていた。

2004年、福島テレビ関連会社。2008年6月6日、福島テレビ関連会社を退職。

人物編集

父は東映プロデューサーだったことから小学3年生から約5年間子役として『母水仙』『少年探偵団』『月光仮面』などに出演するが中学時に芸能界を引退。[1]

早稲田大学政治経済学部(同学アナウンス研究会ではフジテレビに入社した逸見政孝松倉悦郎、および毎日放送に入社した板倉俊彦と同期)卒業後、福島テレビ入社(同期には鈴木孝之玉盛孝江)。アナウンス部長、アナウンス室参事補[1]、福島県立点字図書館朗読奉仕者養成教室講師[1]も歴任。

2004年、福島テレビ関連会社に籍を置き、引き続き活動。

2008年6月6日、福島テレビ関連会社を退職、福島テレビのオープンネット時代・クロスネット時代(NNN及びJNN加盟時代など)を知る在籍のアナウンサーとしては最後となり、福島県内の放送局のアナウンサーでは最年長での退社となる。

現在は、元アナウンサーの有志で朗読会「原國雄とその仲間たち」として福島県内を中心に活動している。

出演編集

映画編集

  • あゝ洞爺丸(1954年)後藤昌夫 役
  • 継母(1954年)志賀保夫 役
  • 弥次喜多(1954年)茂作の長男 役
  • まぼろし怪盗団(三部作)(1955年)桜井正雄 役
  • 母水仙(1955年)富岡少年時代 役
  • 少年探偵団 妖怪博士 二十面相の悪魔 二部作(1956年)相川少年 役
  • 怒れ! 力道山(1956年)学童記者 役
  • 鼻の六兵衛(1956年)龍吉 役
  • 母孔雀(1956年)紅谷俊夫少年時代 役
  • 母恋月夜(1956年)山本正夫 役
  • こけし子守唄 夕やけ鴉(1957年)賢一 役
  • らくだの馬さん(1957年)新吉 役
  • 少年探偵団 かぶと虫の妖奇(1957年)相川少年 役
  • 少年探偵団 鉄塔の怪人(1957年)相川少年 役
  • 少年探偵団・第一部 二十面相の復讐(1957年)昌一 役
  • 少年探偵団・第二部 夜光の魔人(1957年)昌一 役
  • 笑え勘平より 摩天楼の秘密(1957年)野球をする少年達 役
  • 母星子星(1957年)照夫 役
  • 希望の乙女(1958年)鉄雄 役
  • 月光仮面(1958)(1958年)繁少年 役
  • 月光仮面 魔人の爪(1958年)繁少年 役
  • 続一丁目一番地(1958年)金子一郎 役
  • 母つばめ(1958年)松崎明夫 役
  • 恋愛自由型(1958年)小村正雄 役
  • べらんめえ探偵娘(1959年)川村勉 役
  • 月光仮面 怪獣コング(1959年)繁 役
  • 母しぐれ(1959年)ユリ子の友達・明 役

アナウンサー編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『福島県人物・人材情報リスト 1998』日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、1998年3月、434頁。