メインメニューを開く

原子力工学科(げんしりょくこうがくか)は、大学学科の一つ。原子力工学の教育、研究がなされる。日本の多くの大学で、工学部理工学部に属している。近年では、原子力工学教育を施す学科でも原子力工学科と名乗らなくなっている。

なお、民間における本格的な研究用原子炉を1961年12月に立教大学が「立教大学原子力研究所」として運用を開始し2001年に稼働を停止。現在は廃止措置中[1]

原子力工学関連の学科を持つ日本の大学編集

国立編集

私立編集

工学部のカリキュラム内にある原子力関連の4科目と各5学科での1科目を受講(合計5科目履修)することで、卒業時に原子力工学コース修了証が授与される。
1961年~2001年まで理工学部に原子炉工学科が設置されていた。2002年の学科再編で電気電子工学科に統合。

関連項目編集

脚注編集