メインメニューを開く


原子力平和利用博覧会(げんしりょくへいわりようはくらんかい)は、1955年から1957年にかけて日本各地で開催された、平和のための原子力を主題とする博覧会である。1953年に発足した対外宣伝機関アメリカ合衆国情報局(United States Information Agency ; USIA、USISはその下部機関)と、読売新聞社など各地の新聞社とが共催し、延べ約260万人が来場した[1][2][3]

名称 会期 会場 来場者数 共催
1 原子力平和利用博覧会[4] 1955年11月1日-11月22日[4] 東京都千代田区日比谷公園[3] 36万人 読売新聞社[3] 
2 原子力平和利用博覧会[5] 1956年1月1日から24日間[3]  名古屋市愛知県美術館[3]  37万人[5] 中部日本新聞社[3]  
3 原子力平和利用博覧会[6] 1956年2月1日-3月4日[6]    京都市京都市美術館 15万人[6] 朝日新聞大阪本社[3]  
4 原子力平和利用博覧会[7] 1956年3月25日-5月6日[7]  大阪市、大阪アサヒアリーナ 18万人[7] 朝日新聞大阪本社[3]  
5 1956年5月27日-6月17日 広島市広島平和記念資料館[3]  11万人[8] 中国新聞社[3]  
6 1956年7月6日-7月29日  福岡市福岡スポーツセンター 16万人 西日本新聞社  
7 1956年8月26日-9月17日  札幌市、中島スポーツセンター 21万人 北海道新聞社  
8 1956年10月14日-11月11日  仙台市、仙台市レジャーセンター 17万人 河北新報社[3]
9 原子力平和利用茨城博覧会[9] 1956年12月15日[9]-2月5日 茨城県水戸市、水戸総合体育館 23万人[9] いはらき新聞社
10 北陸三県合同原子力平和利用大博覧会[2] 1957年6月15日から65日間[2]  富山県高岡市高岡古城公園[2] 約30万人[2]   

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 有馬哲夫『原発・正力・CIA』、第4章 原子力平和利用博覧会で世論を変えよ、新潮新書、2008年、『原発と原爆』第一章 広島に原発を建設?文春新書、2012年
  2. ^ a b c d e 太田昌克 (2011年10月19日). “対日世論工作 米機関が反核封じ込め 平和利用に冷戦の影”. 47NEWS. 2015年3月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 中日新聞社会部編『日米同盟と原発 隠された核の戦後史』東京新聞、2013年11月18日、pp.96-99
  4. ^ a b 原子力平和利用博覧会(東京) 乃村工藝社博覧会資料COLLECTION
  5. ^ a b 原子力平和利用博覧会(名古屋) 乃村工藝社博覧会資料COLLECTION
  6. ^ a b c 原子力平和利用博覧会(京都) 乃村工藝社博覧会資料COLLECTION
  7. ^ a b c 原子力平和利用博覧会(大阪) 乃村工藝社博覧会資料COLLECTION
  8. ^ 「ヒロシマ 爆心地の原子力平和利用博覧会」ETV特集』、日本放送協会、2014年10月18日放送
  9. ^ a b c 日本原子力研究所建設 原子力平和利用茨城博覧会 乃村工藝社博覧会資料COLLECTION