メインメニューを開く

原尻 鎮清(はらじり しげきよ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将立花氏の家臣。

 
原尻鎮清
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
別名 左馬介、宮内
主君 戸次鑑連宗茂
氏族 古庄氏原尻氏
父母 父:古庄鎮行(丹後)
兄弟 鎮清鎮治(市正)、行村(与三右衛門)
小野鎮幸
茂郷(越後)、立花三太夫室、十時八右衛門

出自編集

『柳河藩享保八年藩士系図』によると、先祖は後に古庄次郎左衛門と改名した筑井親直(左衛門尉)とする古庄氏の出身。なお、鎮清が原尻を称した経緯は『柳河藩享保八年藩士系図』では触れられていない。鎮清の子孫柳河藩士は、原尻、古庄、筑井を名乗り、立花氏を賜姓される者もいた。

生涯編集

古庄鎮行(丹後)の子として誕生。

豊後国戦国大名大友氏の家臣・戸次鑑連に豊後入田郷藤北(現在の大分県豊後大野市)で召し出される。鑑連に従って所々の戦場に従軍して戦功を挙げ、天正年中に大友義統より連名感状2通を賜る。なお、『柳河藩享保八年藩士系図』の立花八次郎系譜に掲載される義統御判の感状2通に弟の原尻市正と共に「原尻左馬介」「原尻左之介」の名が見える。また、立花宗茂が立花氏の養子となって岩屋城から立花山城に移る際の御供の一人を勤めたり、隈部親永を処刑する際の討手人数の一人勤めて負傷している。

道雪(鑑連)の死後は、宗茂に従って朝鮮出兵に従軍、文禄5年(1596年)に三潴郡1500石を拝領され、大目付役になり、慶長5年(1600年)までを勤めた。

関ヶ原の戦いによる立花氏の改易以降は肥後国に移り、同地で死去した。

参考文献編集

  • 『柳川歴史資料集成第二集 柳河藩享保八年藩士系図・上』 柳川市史編集委員会編・福岡県柳川市 1996年平成8年)発行
  • 『柳川歴史資料集成第二集 柳河藩享保八年藩士系図・下』 柳川市史編集委員会編・福岡県柳川市 1997年(平成9年)3月発行