メインメニューを開く

原市藩(はらいちはん)は、武蔵国原市(現在の埼玉県上尾市原市)に存在した

目次

藩史編集

小田原征伐後に関東に入部した徳川家康は、尾張国出身の譜代の家臣・西尾吉次に5000を与えた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで戦功を挙げた吉次は、慶長7年(1602年)に美濃国内に7000石を加増され、合計1万2000石を領する大名となって諸侯に列したため、ここに原市藩が立藩した。菩提寺となる妙厳寺や地蔵堂を再興する。吉次は慶長11年(1606年)に死去し、後を子の西尾忠永が継いだ。忠永は元和2年(1616年)に上野国白井藩へ移封となったため、ここに原市藩は廃藩となり、その所領は天領となった。現在でも、藩の陣屋を構えた上尾市上尾下の字名が陣屋として残っている。また、同時に上村(上尾市上)にも陣屋を設けたという。

歴代藩主編集

西尾(にしお)家編集

譜代。1万2000石。

  1. 西尾吉次(よしつぐ)
  2. 西尾忠永(ただなが)

関連項目編集