原 朋信(はら とものぶ、1968年4月2日 - )は、日本のミュージシャンである。 自身一人で『シュガーフィールズ』名義での音楽活動を行っている。 また、音楽プロデューサーレコーディング・エンジニアマスタリング・エンジニアとしても活躍。 インディーズレーベル『カフェ・オ・レーベル』の代表取締役。

原 朋信
別名 シュガーフィールズ
生誕 (1968-04-02) 1968年4月2日(52歳)
出身地 日本の旗 日本新潟県長岡市
学歴 新潟県立長岡高等学校
大阪芸術大学
ジャンル ロックポップス
職業 ミュージシャン
音楽プロデューサー
レコーディング・エンジニア
マスタリング・エンジニア
活動期間 1992年 -
レーベル カフェ・オ・レーベル
公式サイト シュガーフィールズ

略歴編集

  • 1987年、新潟県立長岡高等学校卒業
  • 1992年、大阪芸術大学卒業。佐藤宏と原の二人ユニット、シュガーフィールズとして関西で活動開始。佐藤(シュガー)と原(フィールズ)で「シュガーフィールズ」と命名。
  • 1995年、佐藤が脱退し、一人ユニット「シュガーフィールズ」 として活動を本格始動。自主レーベル「カフェ・オ・レーベル」を設立し、TASCAMのカセット8トラックレコーダーで録音した、自宅録音カセットシリーズを販売。
  • 山本精一率いる難波ベアーズで、「オルタナ以降のシンガーソングライター」として、パラダイスガラージと共に「うたモノ」と呼ばれた。これが現在の「うたモノ」という言葉の始まりとなる。
  • 1996年、ビシャモンレコーズより「シュガーフィールズ セレクションI」をリリース。
  • 1997年、カセットシリーズが好評になりポニーキャニオンよりメジャーデビュー。東京に拠点を移し一軒家をレコーディングスタジオに改造。カフェ・オ・レーベルを本格始動。以降、カフェ・オ・レーベルから自身のアルバムをリリースしながら、スネオヘアー、くるり、チョコレートパフェ、マーガレットズロース、イッパイアッテナなど多くの新人を発掘・プロデュース。
  • 2002年、劇団ヨーロッパ企画とのコラボ企画「Europe Fields Forever」公演。
  • 2003年、京都大学吉田寮にて自主企画イベント「石庭」開催。
  • 2006年頃より、原が考案した自社ブランドのレコーディング機材を設計、および販売。
  • 2008年、同郷の難波章浩Hi-STANDARD)と意気投合し、フジテレビ系新潟総合テレビで、音楽番組を制作し出演。
  • レコーディング・エンジニアマスタリング・エンジニアとしても、多くのアーティストの作品を手掛けている。

ディスコグラフィー編集


カセット宅録シリーズ (1995年4月~10月)

  • 部屋より
  • 瞑想用
  • 欲のない人
  • 21世紀への誘惑
  • マッタクリキマズ
  • カラッポップス
  • スーパーZ


BISHAMON

  • シュガーフィールズ セレクションI (1996/1/26)

ポニーキャニオン

  • メロディアスワールド (1997/2/21)
  • 夢の大掃除 (1997/10/17)
  • スウィートハート (1998/10/21)

カフェ・オ・レーベル

  • シュガーヴィールス1 (1998/6/6)
  • シュガーヴィールス2(1998/7/7未発売*i-tunes限定)
  • シュガーヴィールス3 (1998/8/8)
  • パジャマdeおじゃま (2000/7/19)
  • Lemon Water (2003/7/7)
  • rainbow (2003/11/23)
  • 孤独からの出発 (2004/11/17)
  • After Beat Covers (2005/7/7)
  • THE END OF SUGAR FIELDS (2007/10/17)

音楽性編集

日本のポップなメロディーラインと、ダンスグルーヴを融合させた独特なサウンド。 作詞・作曲・演奏・レコーディング・ミキシング・マスタリングまで原朋信がほぼ一人でこなす。 ライブのバンド形態ではJAMセッション形式で演奏することが多い。

サポートメンバー編集

アルバム参加ミュージシャン編集

その他編集

外部リンク編集