原泰久

日本の漫画家

原 泰久(はら やすひさ、1975年6月9日 - )は、日本漫画家。男性。

原 泰久
生誕 (1975-06-09) 1975年6月9日(45歳)
日本の旗 日本佐賀県三養基郡基山町
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1999年 -
ジャンル 青年漫画歴史漫画中国史
代表作キングダム
受賞 2013年:第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞『キングダム』
テンプレートを表示

佐賀県三養基郡基山町出身。血液型A型。

現在『週刊ヤングジャンプ』で『キングダム』を連載中。福岡県在住[1]

経歴編集

東明館高等学校を経て九州芸術工科大学(2003年に九州大学に統合)入学。

大学3年生の頃、漫画家を志す[2]

1997年、第36回ちばてつや賞ヤング部門にて「上田君の退化論」が期待賞を受賞。

1998年、九州芸術工科大学画像設計学科を卒業。同大学大学院に入学。

1999年、第40回ちばてつや賞ヤング部門にて「於兎松」が準大賞を受賞、同作が『別冊ヤングマガジン』に掲載されデビュー。

2000年、九州芸術工科大学大学院修士課程、情報伝達専攻 修了。その後、富士通九州システムエンジニアリングにシステムエンジニアとして入社する(その後、3年間勤めて27歳頃に退社)。

2003年、第23回ヤングジャンプ月例MANGAグランプリにて「覇と仙」が奨励賞を受賞。

2006年、『週刊ヤングジャンプ』9号より「キングダム」の連載を開始。

2012年NHK BSプレミアムにて「キングダム」がテレビアニメ化される[3]

2013年、第17回手塚治虫文化賞にて「キングダム」がマンガ大賞を受賞[4]

2013年、出身地である基山町にて町内初のふるさと大使に任命される。

井上雄彦の元アシスタントである。中国の歴史物を得意としている。

2020年9月3日、自身のTwitterで同年3月に離婚していたことを明かした。前妻との間には子供が3人いる[5]

エピソード編集

原泰久はインタビュー記事[6]で「キングダムは会社員経験そのもの」と語っている。曰く、原は大学院を卒業後、システムエンジニアとして会社で働いた。そこでは、チームごとにそれぞれ仕事の役割分担があり、有機的に動いて仕事が進められる。ある日、先輩のプログラマーが退職して、原一人でプログラミングを担当することになった。そのために業務過剰に追い込まれてミスを犯し、会社に大きな損失を与えてしまう。しかし、会議の場で上司は原でなく重役に対して怒り、原を守ってくれた。そういった経験によって、作品に厚みが出たと語っている。

作品編集

連載編集

  • キングダム(『週刊ヤングジャンプ』、2006年9号 - )
    • キングダム総集編 1 無名の少年 (2010/7/27、再版:2012/6/5)
    • キングダム総集編 2 王都の奪還 (2010/8/10、再版:2012/6/27)
    • 公式ガイドブック 英傑列紀 (2012/8/17)
    • キングダム THE ANIMATION 王と剣 (原泰久:原作、久麻當郎:著) (2012/9/19)※小説
    • キングダム THE ANIMATION 初陣 (原泰久:原作、久麻當郎:著) (2012/11/19)※小説
    • キングダム THE ANIMATION 大将軍 (原泰久:原作、久麻當郎:著) (2013/4/4)※小説
    • 公式ガイドブック 覇道列紀 (2016/1/19)
    • 『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ (原泰久:原作、長尾一洋:著) (2016/3/25)※ビジネス書

読切編集

  • 於兎松(『別冊ヤングマガジン』No.1、1999年)※未収録
  • 仙子記(『別冊ヤングマガジン』No.22、2001年)※未収録
  • 金剛(『ヤングジャンプ増刊 漫革』Vol.36、2003年)※総集編1収録
  • 馬酒兵三百(『ヤングジャンプ増刊 漫革』Vol.37、2004年)※総集編1収録
  • 李牧(『週刊ヤングジャンプ』2004年18号)※総集編2収録
  • 蒙武と楚子(『週刊ヤングジャンプ』2005年1号)※総集編2収録
  • キングダム番外編(『週刊少年ジャンプ』2013年24号)※覇道列紀収録

アニメ化作品編集

実写化作品編集

テレビ出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 松山洋氏、『キングダム』作者・原泰久氏による対談の模様をリポート 人気連載漫画制作の裏側に迫る【KYUSHU CEDEC】”. ファミ通.com. 2018年4月3日閲覧。
  2. ^ 原泰久「キングダム」特集・インタビュー (1/5)”. コミックナタリー. 2018年4月3日閲覧。
  3. ^ NHKアニメワールド キングダム
  4. ^ 手塚治虫文化賞:朝日新聞社インフォメーション”. www.asahi.com. 2021年2月2日閲覧。
  5. ^ こじるりと熱愛の「キングダム」作者・原氏、離婚は今年3月だったと認める”. デイリースポーツ online (2020年9月3日). 2021年4月12日閲覧。
  6. ^ 「キングダムは会社員経験そのもの」作者・原泰久氏 漫画『キングダム』原泰久氏に聞く”. NIKKEI STYLE. 2020年8月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集