メインメニューを開く

原 清(はら きよし、1907年4月15日 - 1990年10月18日)は、日本の実業家である。朝日放送(ABC)社長や会長などを歴任した。

人物編集

兵庫県宝塚市出身。旧制甲陽中学校を経て、関西学院高等商業学校卒業。

放送音楽・文化に著しく貢献し、関西テレビ界の重鎮として知られ、ミス・ユニバース世界大会においても、しばしば審査員を務めていた。

経歴編集

学校を卒業した1930年朝日新聞社へ入社。1951年には朝日放送の設立に参加し、同社の放送部長、取締役を歴任した。

1956年大阪テレビ放送が開局すると同局に移籍し、常務に就任した。原は、同じく常務であった永松徹(のちの毎日放送専務)と共に、二人三脚で同局の開局を支えた。1959年にこの大阪テレビ放送が朝日放送に合併したことで、朝日放送に常務として復帰し、1964年、専務、1968年、副社長、1971年、社長。

JNN基幹局で構成される「五社連盟」では、今道潤三TBS社長)、小嶋源作CBC社長)、金子秀三(RKB社長)と共に中心人物となっていた。1975年には、いわゆる「腸捻転ネット」の解消(ANNへの移行)を断行。これに伴う大幅な減収減益を克服し、1983年6月、会長に就任。

1990年10月、社用でパリ出張中、滞在先のホテルで急性心不全のため急逝。葬儀は同年12月12日ザ・シンフォニーホールにて挙行された。

出典編集