原爆切手発行問題

原爆切手発行問題とは、アメリカ合衆国郵便公社(以下USPS)が1995年9月に発行しようとした第二次世界大戦50周年切手のうち、原子爆弾のキノコ雲のデザインをめぐり、日米間で政治問題化したものである。最終的には発行は中止されたが、広島市および長崎市への原爆投下に対する歴史認識の日米間の違いが顕著化したものであった。

原爆切手編集

1994年11月、USPSは翌年の郵便切手発行計画をデザインと共に発表したが、そのなかの「第二次大戦50周年」の記念切手10枚のうちの1枚に、原爆のキノコ雲が描かれ、その下に「原爆投下が戦争終結を早めた "Atomic bombs hasten the end of war, August 1945"」という文言が入れられていたため、日本側から原爆使用を正当化するものであり是認できるものではないとして反発が起きた。

11月30日には日本側の複数の新聞社が批判的に報道したほか、12月2日には当時の村山内閣外務大臣であった河野洋平が「被爆国であるわが国の国民感情からいえば、決していい感じは持たない」と不快感を表明し、首相村山富市も同じような感情を示し、アメリカ側に対し外交ルートを通じて事実上の「発行計画変更要請」を行った。

もっとも、第二次大戦50年の記念切手は真珠湾攻撃50周年の1991年から毎年1回ずつ発行されており、最終的には原爆切手の発行も予見できたはずであった。また日本政府側も外務省報道官がアメリカ側の「原爆投下が戦争終結を早めた」との主張に理解を示すなど完全に意思統一していなかったほか、ひたすら“遺憾である”と繰り返し述べるだけで、不快感の背景にあるアメリカ側の歴史認識に対する姿勢を冷静に批判するまでには及ばなかった。当時の広島市長であった平岡敬だけが「原爆の使用は正しかったとの認識につながる。核兵器の使用は理由を問わず許されない」とストレートに批判した。

しかしアメリカでは原爆投下の支持する考えは根強く、2005年TBSテレビ放送50周年 戦後60年特別企画 『ヒロシマ』で科学者のハロルド・アグニュー博士(グレート・アーティストに搭乗し、広島原爆の唯一現存するキノコ雲の映像を撮影した)は広島訪問の際には2人の被爆者からの謝罪要求を拒否し、「(もし、申し訳ないと思うなら…)思わない」「恐ろしい兵器の存在が戦争を抑止する」「真珠湾を忘れるな」などと完全に正当化しており、ポール・ティベッツも死ぬまでに原爆投下を肯定していた。2009年キニピアック大学が世論調査によると、アメリカ人の60%が原爆投下を支持している事が分かった。1995年にスミソニアン博物館が企画した原爆投下機エノラ・ゲイと広島・長崎の被爆資料を並べて展示する原爆展は、退役軍人らの猛反対で中止になっている[1]

ピーター・カズニック歴史学教授は、トルーマンが日本がソ連を介して和平仲介を行っていることを意図的に無視したことを批判し、前述の原爆投下肯定論は「原爆神話」の影響と指摘している。

アメリカ合衆国郵便公社の対応編集

こうした日本側の反発に対し、発行計画を決めたUSPSは、12月2日に切手の発行計画は諮問機関の検討によって大戦全体の総合的な歴史事象に対し価値判断を加えていないとし、原爆投下の事実を省けば怠慢になるので計画どおりするとの声明を出した。また、この時点ではアメリカ政府がUSPSに政治的配慮をするように迫れば、原爆投下は正当なものであったと主張する退役軍人会や議会の一部から猛烈な反発が予想されるため、決定は変わらないとの観測がつよかった。

しかし、日本側の反発はエスカレートしてゆき、大出俊郵政大臣が12月6日の会見で「アメリカがこんな切手を出すなら、対抗して原爆投下は国際法違反と書いた切手を発行したいところだ」と発言しアメリカを批判した。そのためアメリカ政府も日本側を無視するわけにはいかず、12月7日(現地時間)に、大統領報道官が歴史的事実ではあるが、別の適切な表現方法があったとする主旨の発言をし、発行計画に反対であると表明した。またアメリカ政府は日米関係の重要性からUSPSに再考を促し、最終的に12月8日にこれ以上の問題を拡大しないためとして、原爆切手デザインが不適切であったとして発行計画が破棄され、代案として日本降伏を発表するトルーマン大統領のデザインに変更された。日本側もこれを評価し事態は収拾された。

問題の背景編集

日本側の反発は感情的なものに終始したが、一番の問題は原爆投下の事実を示すキノコ雲ではなく、「原爆投下が戦争終結を早めた」とするアメリカ側の歴史認識ではなかっただろうかとの指摘がある。

この原爆投下はアメリカでは「1945年のあの時点で戦争が終結していなければ日本本土上陸作戦が実行され、アメリカ軍将兵100万人の命が奪われていた」と主張され、やむをえなかったとされている。しかし、この歴史認識に対しては日本側からは原爆による死傷者数とバランスを取るために被害を相当誇張しすぎているとしているほか、むしろドイツが降伏しソ連の対日戦への参戦が早まったため戦争終結後の世界のアメリカによる主導権確保のために、原子爆弾の実戦使用が必要であったからとの意見もある。

またアメリカ側の「原爆投下が戦争終結を早めた」との歴史認識への反発を、切手のデザインが不適切であったとして問題をすりかえており、日米間の議論は終始一貫して噛み合っていなかったとも指摘されている。もっとも、この構造は日本による太平洋戦争を「自衛のための戦争であった」、「侵略戦争であった」との意見対立に類似しているため、感情論を廃し客観的に歴史認識を行うまでには至っていない問題であるといえる。

備考編集

 
国連郵政が発行したキノコ雲の切手(部分的核実験禁止条約調印記念切手)

アメリカでは一部の民間業者が、アメリカ政府を批判するために原爆切手のデザインを使ったラベルを製作して販売した。さらには広島へ原爆投下した爆撃機「エノラ・ゲイ」を加えたデザインまで製作した業者もいた。

なお原爆のキノコ雲をデザインした切手は国際連合ユーゴスラビアなど、いくつか発行されているが、いずれも反核平和がテーマとされている。

補足編集

これと似たように『ウルトラセブン』 第12話『遊星より愛をこめて』(1967年12月17日TBS系列で放送、円谷プロダクション制作・現在欠番)に登場したスペル星人は被爆者を連想させた物として、東京都原爆被害者団体協議会から円谷プロダクションに抗議があった。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 20年後の2015年に原爆投下をめぐる言説に挑戦するような作品に好意的な反応が寄せられるのは、20年前に猛反対した世代の多くは亡くなり、原爆投下決定をめぐる議論は沈静化したためとピーター・カズニック教授は述べている。

関連項目編集