メインメニューを開く

経歴編集

玉川大学芸術学科卒業。大学卒業後、日本大学芸術学部大学院にて、演劇を専攻。 コンテンポラリー・ダンスのダンサーとして『APE(エイプ)』『Nibroll(ニブロール)』等、数々の舞台に出演する。また、2007年に同世代の振付家演出家で結成したアーティスト集団『群々(むれ)』に参加。2008年より井手茂太主宰のダンスカンパニー『イデビアン・クルー』に参加する。ダンサーとして活動するとともに、並行して劇作活動もしており、『キッチュ』が第5回かながわ戯曲賞の最終候補に選出される。『見上る魚と目が合うか?』で第18回日本劇作家協会新人戯曲賞を受賞[1]。『君は即ち春を吸ひこんだのだ』が「日本の劇」戯曲賞2014・最優秀賞を受賞[2]。『浮いていく背中に』が平成27年度北海道戯曲賞の最終候補に選出される[3]。2016年に上演された、原田脚本の『君は即ち春を吸ひこんだのだ』にシライケイタ温泉ドラゴン所属)が出演したことが縁となり、2016年8月より温泉ドラゴンに参加。2017年夏、温泉ドラゴンに参加して最初の脚本作品である『幸福な動物』が上演された。

脚本作品編集

  • 『ふみきる』(2009年10月9日-10月11日、ホワイトスタジオ公演) - 脚本・演出[4]
  • 『見上げる魚と目が合うか?』(2012年6月21日-6月24日・Atelierしつらえ、花とReと飛行の会公演) - 脚本[5]
  • 『見上げる魚と目が合うか?』(2013年8月4日・座・高円寺2、劇作家協会公開講座 2013年夏・日本劇作家協会) - 脚本[6]
  • 『浮いていく背中に』(2013年12月13日-12月15日・RAFT、Antikame?公演) - 脚本・演出[7]
  • 『浮いていく背中に』(2014年4月4日-4月6日・北品川フリースペース楽間) - 脚本・演出[8]
  • 『私、洗濯機をさらいにいくわ』(2016年1月30日・座・高円寺稽古場、日本劇作家協会) - 脚本[9][注釈 1]
  • 『君は即ち春を吸ひこんだのだ』(2016年2月25日-3月1日・恵比寿・エコー劇場公益社団法人日本劇団協議会) - 脚本[10]
  • 『いつの間にかの、手』(2016年7月21日-7月24日・ワーサルシアター、cineman公演) - 脚本[11]
  • 『空を仰ぐ』(2016年10月15日-10月16日・神楽坂セッションハウス、東京発ダンスブリッジ・インターナショナルPart2松本大樹ディレクションBOOK2) - 脚本・演出[12]
  • 『幸福な動物』(2017年8月23日-9月3日・SPACE雑遊、温泉ドラゴン公演) - 脚本[13]

コンテンポラリー・ダンサーとしての主な出演編集

舞台編集

  • 『One day, I woke up…』(2003年3月、APE公演)
  • 『Check in/out?』(2003年8月、APE公演)
  • 『Wanna catch you!』(2004年2月20日-2月22日、APE公演)
  • 『NO DIRECTION』(2007年、Nibroll公演)[14]
  • 『Romeo OR Juliet』(2008年1月18日-1月20日、Nibroll公演)[15]
  • 『排気口』(2008年8月22日-8月24日・世田谷パブリックシアター、イデビアン・クルー公演)[16]
  • 『大黒柱』(2008年12月18日-12月20日・川崎市アートセンターアルテリオ小劇場、イデビアン・クルー・オム公演)
  • 『あたらしい世界』(2009年3月13日-3月15日・アサヒ・アートスクエア、群々公演)
  • 『no direction。』(2009年3月25日-3月26日・愛知県芸術劇場小ホール、Nibroll公演)[17]
  • 『6:0/作品集』(2009年7月7日-7月8日、群々公演)
  • 『挑発スタア』(2009年8月20日-8月25日・にしすがも創造舎、イデビアン・クルー公演)
  • 『コウカシタ』(2010年1月・タイ、イデビアン・クルー公演)
  • 『静かな日』(2010年8月20日-8月21日、群々公演)
  • 『One day, I woke up…』(2010年7月14日・調布市せんがわ劇場、APE公演)[18][注釈 2]
  • 『出合頭』(2011年11月25日-11月30日、イデビアン・クルー公演)
  • 『戦場のピクニック』(2013年5月2日-5月3日、しおめも公演)[19][注釈 3]
  • 『麻痺 引き出し 嫉妬』(2013年9月28日-9月29日・北九州芸術劇場/2013年10月5日-10月7日・KAAT神奈川芸術劇場、イデビアン・クルー公演)
  • 『図案』(2014年10月10日-10月12日・世田谷パブリックシアター、イデビアン・クルー公演)[20]
  • 『結婚プレイ』 - (2015年2月4日-2月7日・パフォーミングギャラリー&カフェ絵空箱、シアタージャパンプロダクションズ公演)[21]
  • 『UNDER GROUND PARTY』 (2015年6月27日・神楽坂セッションハウス、しおめも公演)
  • 『ハウリング』(2016年3月18日-3月20日・世田谷パブリックシアター、イデビアン・クルー公演)[22]
  • 『肩書ジャンクション』(2017年10月20日-10月22日・東京芸術劇場シアターイースト、イデビアン・クルー公演)[23]

映像作品編集

受賞歴編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 第18回 劇作家協会新人戯曲賞 受賞作『見上げる魚と目が合うか?』原田 ゆう”. 一般社団法人 日本劇作家協会. 2017年2月17日閲覧。
  2. ^ a b 「日本の劇」戯曲賞2014 最優秀賞決定!”. 公益社団法人日本劇団協議会. 2017年2月17日閲覧。
  3. ^ a b 平成27年度 希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」最終審査選評”. 北海道舞台塾. 2017年2月17日閲覧。
  4. ^ 原田悠 作/演出作品ふみきる”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月22日閲覧。
  5. ^ 花とReと飛行の会#1 見上げる魚と目が合うか?『イル』『ミル』『サワル』”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月22日閲覧。
  6. ^ 劇作家協会公開講座 2013年夏「劇場でワークショップを」「新人戯曲賞ドラマリーディング+トークイベント」”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月17日閲覧。
  7. ^ 原田ゆう×吉田康一(Antikame?) 新作戯曲2本立て『浮いていく背中に』脚本・演出”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月17日閲覧。
  8. ^ 浮いていく背中に 脚本・演出”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月17日閲覧。
  9. ^ 月いちリーディング / 16年1月ドラマリーディングとディスカッションの戯曲ブラッシュアップワークショップ”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月22日閲覧。
  10. ^ 日本の演劇人を育てるプロジェクト 『日本の劇』戯曲賞2014 君は即ち春を吸ひこんだのだ 脚本”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月17日閲覧。
  11. ^ cineman×原田ゆうコラボレーション「いつの間にかの、手」「るかわの砂漠」脚本”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月17日閲覧。
  12. ^ 東京発ダンスブリッジ・インターナショナルPart2松本大樹ディレクション BOOK2 原田ゆう”. 神楽坂セッションハウス. 2017年2月17日閲覧。
  13. ^ 第10回公演 幸福な動物”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年7月27日閲覧。
  14. ^ NO DIRECTION2007 performers”. Nibroll. 2017年2月17日閲覧。
  15. ^ Romeo OR Juliet2009 performers”. Nibroll. 2017年2月17日閲覧。
  16. ^ イデビアン・クルー『排気口』[出演]”. 世田谷パブリックシアター/シアタートラム. 2017年2月21日閲覧。
  17. ^ no direction。 出演”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月22日閲覧。
  18. ^ コンテンポラリーダンス公演“ UN VIAGGIO NUOVO (ウン ヴィアッジョ ヌオヴォ)”~ダンスと “あたらしい旅” へ出かけよう!!~”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月22日閲覧。
  19. ^ 現代劇作家シリーズ第3弾フェルナンド・アラバール「戦場のピクニック」フェスティバル”. d-倉庫. 2017年2月22日閲覧。
  20. ^ イデビアン・クルー 『図案』 [出演]”. 世田谷パブリックシアター/シアタートラム. 2017年2月18日閲覧。
  21. ^ ステージ・リーディング/ダンス・シアター結婚プレイエドワード・アルビー”Marriage Play"より”. 演劇・ミュージカル・ダンス等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2017年2月22日閲覧。
  22. ^ イデビアン・クルー新作公演 『ハウリング』スタッフ/キャスト【出演】”. 世田谷パブリックシアター. 2017年2月18日閲覧。
  23. ^ 芸劇dance イデビアン・クルー「肩書ジャンクション」idevian crew”. 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場. 2017年7月27日閲覧。
  24. ^ 第9回劇作家協会新人戯曲賞 一次選考通過作品一覧(23作品)”. 一般社団法人 日本劇作家協会. 2017年2月22日閲覧。
  25. ^ 第15回AAF戯曲賞 審査結果”. 愛知芸術文化センター. 2017年2月22日閲覧。
  26. ^ 「第4回せんだい短編戯曲賞」最終候補作品が決定しました。”. せんだい演劇工房10-BOX. 2017年2月22日閲覧。

注釈編集

  1. ^ ドラマリーディング+ディスカッションによる、戯曲のブラッシュアップ・ワークショップである「月いちリーディング」にて、神野三鈴の協力を得て一人芝居にて上演。
  2. ^ 「APE」のダンス2作品と劇場全館を使用して行うワークショップ参加者によるパフォーマンスの3本立てプログラムの1作品として上演された。
  3. ^ 演劇・ダンス・パフォーマンスなどジャンルを問わず集まった全15団体が、フェルナンド・アラバール「戦場のピクニック」一本の戯曲だけを連続で上演し料理しつくす演劇祭で上演された。
  4. ^ 「第15回AAF戯曲賞」での選考は2015年だが、「第4回せんだい短編戯曲賞」での選考は2016年。
  5. ^ 舞台『浮いていく背中に』のフライヤーに寄せたコメントにて、幼なじみであることを紹介している。
  6. ^ 同世代の振付家・演出家で結成したアーティスト集団『群々(むれ)』のメンバー。

外部リンク編集