メインメニューを開く

原田 一美(はらだ かずみ、1926年8月24日[1] -2016年3月1日[2] )は、日本児童文学作家徳島県吉野川市出身[1]日本児童文学者協会会員。徳島ペンクラブ理事。

経歴編集

徳島師範学校本科卒業後、県内の小学校中学校で教員を務めたほか、徳島市教育委員会徳島県教育委員会などで勤務、1987年3月徳島市立富田小学校を最後に退職。

1961年に出版された『ホタルの歌』は第1回学研児童文学賞ノンフィクション部門を受賞、全国学校図書館協議会課題図書にも選定された。その後、『出会いがあって』で第1回石森延男児童文学賞を受賞。

主な著書編集

  • ホタルの歌
  • 出会いがあって
  • 風雲祖谷のかずら橋
  • 大統領のメダル
  • 赤紙がやってきた
  • 虎先生がやって来た
  • おかしいやんか(2005、未知谷、解説:みやこうせい
  • ドイツさん(2005、未知谷、解説:みやこうせい)
  • 青い目の人形 海を渡った親善人形と戦争の物語
  • 十六地蔵物語 戦争で犠牲になった子供たち

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.462
  2. ^ (訃報)原田一美さん(元富田小校長、児童文学作家)”. 徳島新聞 2016年3月2日. 2017年6月13日閲覧。

出典編集

関連項目編集