メインメニューを開く

原田 啓介(はらだ けいすけ、1958年12月6日 - )は、日本政治家大分県日田市長(2期)。

原田 啓介
はらだ けいすけ
生年月日 (1958-12-06) 1958年12月6日(60歳)
出生地 大分県日田市
出身校 東海大学付属第五高等学校
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2011年8月5日 - 現職
テンプレートを表示

目次

来歴編集

日田市立月隈小学校、日田市立東部中学校卒業。1977年(昭和52年)3月、東海大学付属第五高等学校卒業。

1994年(平成6年)、日田市で同市出身の筑紫哲也を学長に据えた市民大学自由の森大学」が開校する。原田は開校した年の4月から1996年(平成8年)3月まで自由の森大学の実行委員長を、同年4月から2003年(平成15年)5月までは事務局長を務めた[1]

2003年(平成15年)7月13日に行われた日田市長選挙に出馬するも現職の大石昭忠に僅差で敗れる(大石:17,303票、原田:15,932票)。

2007年(平成19年)の日田市長選挙には出馬せず、新人の佐藤陽一の応援に回る(佐藤は当選)。

佐藤と袂を分かち、2011年(平成23年)7月10日に行われた日田市長選挙に出馬。現職の佐藤を破り初当選を果たした(原田:19,338票、佐藤:17,643票)。8月5日、市長に就任[2]

2015年(平成27年)、2期目の当選[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
佐藤陽一
  大分県日田市長
2011年 -
次代:
(現職)