原田 嘉種(はらだ よしたね、天正12年(1584年) - 万治3年(1660年))は、安土桃山時代江戸時代初期の武将。高祖城主。原田信種の長男。弟に原田種房原田種保がいる。通称は原田伊予(役職が伊予守だった)。会津藩に出仕後は原田種次と称する。

父・信種が亡くなると家督をついで加藤清正に仕えた。しかし清正と対立し、領地没収のうえ追放処分となってしまった。

慶長12年(1607年)、弟・種房と共に寺沢広高に1000石で仕えるようになった。寛永14年(1637年)、島原・天草の乱が勃発。嘉種は二人の息子・種長種清と共に参陣。天草は寺沢家の領地であり、押し寄せる一揆勢から富岡城を死守した。しかし、寺沢堅高(広高の子)が島原・天草の乱の責を問われ改易処分となると、嘉種は再び浪人となった。

慶安4年(1651年)、天海の仲介により江戸で会津藩保科正之に2000石で召し抱えられ、承応3年(1654年)に会津表留守役を命じられ会津若松に下った。

明暦3年(1657年)、家督を長子種長に譲り1500石を相続させ、次子種清には500石を分与した。第3子種弼江上勝種江上家種の子)の養子となり江上氏(江上氏は原田氏の分家筋に当たる)を継承した。

万治3年(1660年)、会津原田氏初代当主・嘉種(種次)は76年の生涯を閉じた。墓は会津若松城下の興徳寺にあり、その子孫は幕末まで続いている。