メインメニューを開く

原田明 (超分子化学者)

原田 明(はらだ あきら、1949年9月8日 - )は、日本高分子科学者1998年より2015年まで大阪大学大学院理学研究科教授。超分子科学生化学を専門とする。

目次

略歴編集

  • 1949年: 大阪府豊中市生まれ
  • 1977年: 大阪大学 理学博士号取得、「Inclusion and catalysis by cyclodextrin-containing polymers(シクロデキストリンポリマーによる包接作用と触媒作用)」
  • 1982年: 同学産業科学研究所助手
  • 1988年: 同学理学部助手
  • 1994年: 同学理学部助教授
  • 1998年: 同学理学部教授
  • 2013年 - 2015年:大阪大学特別教授

業績編集

高分子抗体DNAなどの生体高分子などを題材とした超分子科学の世界的権威。特にシクロデキストリン高分子とを混ぜ合わせると、ネックレスのようにいくつもの環状分子が高分子鎖を貫いた超分子構造の包接錯体が形成されることを発見した。ポリロタキサンの父である。

日本化学会高分子学会などを中心に精力的に活動し、理事などを務める。2002年~2007年には21世紀COEプロジェクト「自然共生化学の創成」の拠点リーダーとして活躍する。

受賞歴編集

など

関連人物編集