原田橋(はらだばし)は、静岡県浜松市天竜区佐久間町の天竜川佐久間ダムからの支流)にある。2代目原田橋は2015年平成27年)1月31日、土砂崩れ(詳細は後述)により当時建設中の新橋(3代目)とともに落橋した[1]

原田橋
HaradaBashiBridge.jpg
在りし日の原田橋(2014年6月)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 静岡県の旗静岡県浜松市天竜区佐久間町川合[1]
交差物件 天竜川
建設 東京鐵骨橋梁[2]
座標 北緯35度4分56.5秒東経137度47分29.4秒座標: 北緯35度4分56.5秒 東経137度47分29.4秒
構造諸元
形式 吊橋[1]
材料 鉄筋コンクリート補剛桁、鋼製主塔
全長 138.8 m[2]
5.5 m[2]
最大支間長 137.6 m[2]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

Japanese National Route Sign 0473.svg

概要編集

初代編集

国道473号上にあった吊り橋[1]

地元出身の原田久吉の寄付によって1915年大正4年)4月22日に初代の橋が架設されたことから命名された[3][4][2]。初代原田橋は木製補剛桁を備えた吊橋で全長111.8 m、幅員2.4 m(「m」はメートル、以下同様)であった[2]

1956年昭和31年)に、佐久間ダム建設に伴い静岡県により、幅員を広げた2代目の吊橋に架け替えられた[2]。当初は静岡県道水窪佐久間線であったが[2]1993年(平成5年)4月1日付で原田橋を含む区間が国道473号に指定された[5]

2代目編集

2代目原田橋は、1939年(昭和14年)に内務省が制定した「鋼道路橋設計示方書案」に従った都道府県道水準の二等橋規格(活荷重9 t [トン])で設計されていた[2]

2011年9月には老朽化によるメインケーブルの損傷が見つかり、さらに2012年(平成24年)4月25日に不具合が発見されたことにより全面通行止めとし河川敷を通る緊急用仮設道路が建設された[6]。その後、暫定対策としてメインケーブルの補強が行われ、同年6月25日より通行制限(片側交互通行・重量8トン未満・ひずみセンサーとカメラによる監視)のもと通行を再開した[7]。このとき、緊急用仮設道路がいったん撤去された[7]

その後、16 m南側に長さ156 mの新橋(3代目、新原田橋(仮称))を架けることとして2015年(平成27年)度中の供用を目指して、2013年(平成25年)11月16日に起工式が行われた[8]

土砂崩れによる落橋編集

 
主塔のみとなった原田橋と、損壊した新原田橋
 
仮設道路と沈下橋

2015年(平成27年)1月31日17時10分ごろ、天竜川右岸(西岸)で発生した土砂崩れの影響で落橋した[1]

同日14時25分ごろに斜面から小石が流れてきているのが発見されたため、同14時45分ごろから橋は通行止めとなっていた[1]。この落橋で状況調査で橋の上にいた浜松市天竜土木整備事務所の職員2名が橋と公用車もろとも川に転落、病院で死亡が確認された[1]。また、この崩落事故の影響で建設中の新原田橋も損壊した[1]

仮設道路の設置と新々原田橋の建設編集

2015年(平成27年)2月13日に、崩落した橋の500 m下流の河川内に仮設道路が設営され、普通車による交通は復旧したものの、大型車・二輪車・歩行者などは通行不可のままであった[9]。しかし、その仮設道路も天竜川の増水により盛土が流出するなどにより、しばしば通行止めを余儀なくされたため[10][11]沈下橋を設置することとし6月30日に供用を開始した[12]

新橋の再建はそのまま再開する案から200 m下流、500 m下流に造り直す案で検討しており、建設に4年から7年の工期が見込まれていた[13]

2015年(平成27年)7月に、浜松市は200 m下流に建設する案を採用した[14]2016年(平成28年)10月に着工し、2019年度内の供用開始を予定している。仮設道路についても、2016年度内に改良が施され、オートバイや大型車が通行可能になっている[15]

2019年(令和元年)11月28日に周辺住民を対象に建設中の新々原田橋の見学会が行われた[16]。新々原田橋の構造は31ある桁ブロックを高力ボルトで連結させたもので、季節による気温差が大きいため橋梁の伸縮を吸収する装置が設けられている[16]

2019年(令和元年)12月24日に新々原田橋は2020年(令和2年)2月29日16時に供用開始予定と発表され[17]、開通した。接続する道路の工事が続くため片側交互通行での供用開始になるが、令和元年度内には2車線での通行を可能にする予定[17]。橋長284 m、幅員8 mで、総工費は約57億円[17]

周辺編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h “橋崩落 市職員2人死亡”. 静岡新聞朝刊: p. 1. (2015年2月1日) 
  2. ^ a b c d e f g h i 歴史的鋼橋: S3-012 原田橋”. 土木学会. 2019年2月23日閲覧。
  3. ^ “清流=郷土の偉人のためにも(木村祐太/袋井支局)”. 静岡新聞(朝刊): p. 20. (2015年3月12日) 
  4. ^ 郷土の偉人 原田久吉翁の足跡を訪ねる (pdf)”. だいすき!北遠. 特定非営利活動法人「天竜川・杣人の会」. 2016年1月3日閲覧。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令(平成四年四月三日政令第一〇四号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年10月10日閲覧。
  6. ^ “佐久間・原田橋通行止め 仮設道路の建設着手”. 静岡新聞朝刊: p. 19. (2012年4月25日) 
  7. ^ a b “国道473号の原田橋 制限付き通行再開”. 静岡新聞夕刊: p. 2. (2012年6月25日) 
  8. ^ “新原田橋(天竜区佐久間町)が着工”. 静岡新聞朝刊: p. 21. (2013年11月17日) 
  9. ^ “原田橋代替路 開通”. 静岡新聞朝刊: p. 31. (2015年2月13日) 
  10. ^ “原田橋の仮設道 13日通行再開へ-浜松市発表”. 静岡新聞朝刊: p. 11. (2015年4月11日) 
  11. ^ “仮設道の通行再開-浜松・原田橋”. 静岡新聞朝刊: p. 27. (2015年4月25日) 
  12. ^ “浜松・原田橋の仮設道改良 潜水橋 供用開始”. 静岡新聞朝刊: p. 25. (2015年7月1日) 
  13. ^ “新原田橋3案提示 浜松市、来月にも決定”. 静岡新聞朝刊: p. 24. (2015年6月22日) 
  14. ^ “200メートル下流に新橋 浜松市、住民へ説明-原田橋崩落”. 静岡新聞(夕刊): p. 2. (2015年7月29日) 
  15. ^ “国道473号「原田橋」 仮設道路を改良へ-浜松・地元説明会”. 静岡新聞(朝刊): p. 27. (2015年11月28日) 
  16. ^ a b “「新々原田橋」完成迫る 浜松、佐久間住民ら見学”. 静岡新聞. (2019年11月28日). https://www.at-s.com/news/article/local/west/710255.html 2019年11月29日閲覧。 
  17. ^ a b c “浜松・原田橋2月29日開通 15年に崩落、代替整備”. 静岡新聞. (2019年12月25日). https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/720031.html 2020年1月9日閲覧。 

外部リンク編集