原田 節雄(はらだ せつお、1947年 - )は、日本の作家、桜美林大学特任教授。

来歴編集

1970年から40年余りソニーに勤務。ソニー勤務時代を含めて、国内や海外で数十回にわたる転居と転職を経験した後、ソニー在職中に著作活動を開始。桜美林大学大学院経営学研究科特任教授[1]日本規格協会技術顧問、国際標準化協議会理事[2]ファインバブル産業会顧問などの職にあり、東京工業大学関西学院大学など技術経営(MOT)系大学院で非常勤講師も務めている。九州農業の父と呼ばれた明治時代の農学士、河村九淵の孫。ペン・ネームでも著作を出版している。

著書編集

  • ユビキタス時代に勝つソニー型ビジネスモデル 日刊工業新聞社 2004.3
  • 目からウロコの英語とタイプの常識 パレード 2008.1
  • 世界市場を制覇する国際標準化戦略 東京電機大学出版局 2008.9
  • 国際ビジネス勝利の方程式 朝日新聞出版 2010.11
  • ソニー 失われた20年 さくら舎2012.9

受賞編集

  • 経済産業大臣表彰(2004年度):工業標準化事業への貢献
  • 内閣総理大臣表彰(2008年度):国際標準化活動への功績[3]
  • 大川出版賞(2008年度):世界市場を制覇する国際標準化戦略[4]
  • 標準化功績賞(2009年度):情報処理学会情報規格調査会[5]

関連項目編集

脚注編集