メインメニューを開く

原田 諒(はらだ りょう、1981年 - )は、宝塚歌劇団所属の脚本家演出家[1]

目次

略歴編集

大阪市出身[2]同志社大学在学中の2003年、宝塚歌劇団入団[3]

2006年5月、月組宝塚大劇場公演『暁のローマ』にて新人公演の演出を初担当。

2010年3月、シャルル・トレネの若き日を描いたミュージカル、宙組宝塚バウホール公演『Je Chante(ジュ シャント)-終わりなき喝采-』で作・演出家としてデビュー。

2011年4月、雪組宝塚バウホール公演『ニジンスキー-奇跡の舞神-』において、ベジャール・バレエ・ローザンヌ出身の元バレエダンサー小林十市を振付に起用。耽美的な作風が高い評価を得る(小林は2014年、花組宝塚バウホール公演『ノクターン』にも振付スタッフとして参加)。

2012年4月、宙組宝塚大劇場公演『華やかなりし日々』で大劇場公演デビュー。

2013年、第20回読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞(「ロバート・キャパ 魂の記録」、「華やかなりし日々」の評価により)。

同年、2012年ミュージカル・ベストテン 演出家賞を受賞(「ロバート・キャパ 魂の記録」、「華やかなりし日々」の作・演出に対して)。

2015年、第23回読売演劇大賞の演出家賞・上半期ベスト5に選ばれる(「白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-」、「アル・カポネ-スカーフェイスに秘められた真実-」の評価により)。また、「アル・カポネ-スカーフェイスに秘められた真実-」は、作品賞・スタッフ賞(美術:松井るみ)上半期ベスト5にも選ばれた[4]

2016年11月、花組宝塚大劇場公演『雪華抄』にて、自身初となる日本物レビューの作・演出を手掛ける。

2017年、第24回読売演劇大賞 優秀演出家賞・優秀作品賞を受賞(「For the people-リンカーン 自由を求めた男-」の評価により)。この作品は、優秀女優賞(主演:轟悠)・優秀スタッフ賞(作曲・編曲:玉麻尚一)を合わせた計4部門で高い評価を受けた。

2018年、第43回菊田一夫演劇賞を受賞(「ベルリン、わが愛」、「ドクトル・ジバゴ」の脚本・演出の成果に対して)。

2020年、『椿姫』でオペラを初演出(指揮:ジャコモ・サグリパンティ)[2]

宝塚歌劇団での舞台作品編集

作・演出編集

大劇場作品編集

バウホール作品編集

その他の劇場の作品編集

  • ブロードウェイ・ミュージカル『南太平洋』 (2013年・星組 主演:轟悠、シアタードラマシティ・日本青年館 大ホール)*潤色・演出
  • ミュージカル『ロバート・キャパ 魂の記録』 (2014年・宙組 主演:凰稀かなめ、中日劇場) 
  • ミュージカル『アル・カポネ-スカーフェイスに秘められた真実-』 (2015年・雪組 主演:望海風斗、シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター)
  • ミュージカル『For the people-リンカーン 自由を求めた男-』 (2016年・花組 主演:轟悠、シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)
  • ミュージカル『瑠璃色の刻』 (2017年・月組 主演:美弥るりか、シアタードラマシティ・TBS赤坂ACTシアター)
  • ミュージカル『ドクトル・ジバゴ』〜ボリス・パステルナーク作「ドクトル・ジバゴ」より〜 (2018年・星組 主演:轟悠、シアタードラマシティ・TBS赤坂ACTシアター)
  • ブロードウェイ・ミュージカル『20世紀号に乗って』 (2019年・雪組 主演:望海風斗、東急シアターオーブ)*潤色・演出
  • ミュージカル『チェ・ゲバラ』 (2019年・月組 主演:轟悠、日本青年館ホール・シアタードラマシティ)

ディナーショーの構成・演出編集

新人公演での演出編集

演出助手編集

  • 2004年 雪組『タカラヅカ・グローリー!』(岡田敬二)、花組『La Esperanza-いつか叶う-』(正塚晴彦)、花組『TAKARAZUKA舞夢!』(藤井大介
  • 2005年 宙組『ホテル・ステラマリス』(正塚晴彦)、宙組『レヴュー伝説』(草野旦)、宙組『ネオ・ヴォヤージュ』(三木章雄
  • 2006年 星組『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(植田紳爾谷正純)、雪組『ベルサイユのばら-オスカル編-』(植田紳爾・谷正純)、月組『暁のローマ』(木村信司)、月組『レ・ビジュー・ブリアン』(酒井澄夫
  • 2007年 月組『ファンシー・ダンス』(三木章雄)、花組『明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴』(木村信司)、月組『ダル・レークの恋』(酒井澄夫)、花組『源氏物語 あさきゆめみしⅡ』(草野旦)、星組『KEAN』(谷正純)、星組『エル・アルコン−鷹−』(齋藤吉正
  • 2008年 宙組『Passion 愛の旅』(酒井澄夫)、月組『Apasionado!!』(藤井大介)、雪組『カラマーゾフの兄弟』(齋藤吉正)
  • 2009年 星組『ア ビヤント』(藤井大介)、月組『二人の貴公子』(小柳奈穂子)、花組『オグリ!』(木村信司)、星組『コインブラ物語』(酒井澄夫)、雪組『RIO DE BRAVO!!』(齋藤吉正)、花組『相棒』(石田昌也
  • 2010年 宙組『ファンキー・サンシャイン』(石田昌也)、花組『麗しのサブリナ』(中村暁)、星組『宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-』(酒井澄夫)
  • 2011年 月組『Dancing Heroes!』(三木章雄)、雪組『ハウ・トゥー・サクシード』(酒井澄夫)
  • 2012年 花組『Streak of Light』(酒井澄夫)
  • 2013年 月組『ME AND MY GIRL』(三木章雄)、花組 『戦国BASARA 真田幸村編』(鈴木圭
  • 2014年 雪組『心中・恋の大和路』(菅沼潤・谷正純)
  • 2015年 星組『ガイズ&ドールズ』(酒井澄夫)
  • 2016年 花組『ME AND MY GIRL』(三木章雄)
  • 2018年 雪組『ファントム』(中村一徳)

宝塚歌劇団以外での舞台作品編集

作・演出編集

  • 舞踊・長唄『よくばり弁天』 (2011年・第4回苫舟の会 作曲・振付:藤間勘十郎 (8世)
  • 麗美遊(レビュー)『花の万華鏡』 (2014年・「趣向の華」ファイナル公演 作曲・振付:藤間勘十郎 )[5]
  • 日本舞踊『八合目』 (2016年・「FUJIYAMA」 振付:藤間勘十郎・尾上菊之丞、出演:尾上菊之丞・若柳吉蔵三代目市川ぼたん・藤間勘十郎、明治座)
  • 安蘭けいドラマティック・コンサート『愛の讃歌』 (2016年、Bunkamuraオーチャードホール
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ』 (2017年 主演:大地真央、明治座)*潤色・演出 [6]
  • 安蘭けいドラマティック・コンサート『GOLDEN AGE』 (2017年、新国立劇場 中劇場)
  • 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』 (2019年 主演:大地真央、博多座・明治座)*再演、潤色・演出
  • オペラ『椿姫』 (2020年・東京二期会オペラ公演、東京文化会館 大ホール )[2]

ディナーショーの構成・演出編集

受賞歴編集

  • 第20回読売演劇大賞 優秀演出家賞(2013年) -「ロバート・キャパ 魂の記録」、「華やかなりし日々」の評価により
  • 2012年ミュージカル・ベストテン 演出家賞(2013年) -「ロバート・キャパ 魂の記録」、「華やかなりし日々」の作・演出に対して
  • 第24回読売演劇大賞 優秀演出家賞(2017年) -「For the people-リンカーン 自由を求めた男-」の評価により
  • 第24回読売演劇大賞 優秀作品賞(2017年) -「For the people-リンカーン 自由を求めた男-」
  • 第43回菊田一夫演劇賞(2018年) -「ベルリン、わが愛」、「ドクトル・ジバゴ」の脚本・演出の成果に対して

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『宝塚歌劇団公認宝塚歌劇検定公式基礎ガイド2011』 (阪急コミュニケーションズ) p.158、2011年
  2. ^ a b c "【ニュース】2020年2月公演 東京二期会オペラ劇場『椿姫』〈新制作〉の演出に原田 諒氏". 公益財団法人 東京二期会. 2019-01-25. Retrieved 2019-08-17.
  3. ^ 『ミュージカル』2012年7・8月号 (ミュージカル出版社) p.70、2012年
  4. ^ 「第23回読売演劇大賞」上半期ベスト5が発表に”. シアターガイド (2015年7月28日). 2015年7月30日閲覧。
  5. ^ 『演劇界』2015年1月号 (演劇出版社) p.28~32、2015年
  6. ^ “大地真央×原田諒が初タッグ、有吉佐和子の名作「ふるあめりかに袖はぬらさじ」”. ステージナタリー. (2016年12月26日). http://natalie.mu/stage/news/214697 2016年12月26日閲覧。 

外部リンク編集