原 知佐子(はら ちさこ、本名:実相寺 知佐子、旧姓名・芸名:田原 知佐子1936年1月6日 - 2020年1月19日)は、日本女優。夫は実相寺昭雄。現代制作舎所属。

はら ちさこ
原 知佐子
本名 実相寺 知佐子(旧姓:田原)
別名義 田原 知佐子
生年月日 (1936-01-06) 1936年1月6日
没年月日 (2020-01-19) 2020年1月19日(84歳没)
出生地 日本の旗 日本 高知県高岡郡高岡町(現在の同県土佐市
死没地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル 女優
活動期間 1959年 - 2020年[要出典]
配偶者 実相寺昭雄(1963年‐ 2006年)
著名な家族 実相寺吾子(娘)
主な作品
テレビドラマ
赤い疑惑
赤い衝撃
岸辺のアルバム
花嫁衣裳は誰が着る
ダブル・キッチン
テンプレートを表示

高知県高岡郡高岡町(現在の同県土佐市)出身。高知県立高知追手前高等学校卒業、同志社大学文学部美学美術学科中退。

来歴・人物編集

高岡第一小学校に在学中、教師から「この子は宝塚に入ったらいい」と薦められ芸能界に憧れる。

高岡中学校を経て、1954年に高等学校を卒業。宝塚歌劇団松竹歌劇団を受験するが落ちてしまい、「芸能人の多い京都ならばコネで潜り込めるかも」と思い立ち、大学に入学。1955年新東宝の「第4期スターレット」(同期は北沢典子三ツ矢歌子万里昌代、朝倉彩子ら)に合格後、大学を中退。

1959年には東宝に移籍。

1970年代に山口百恵が主演した「赤いシリーズ」での強烈なイビリ役で有名となり[1]、一連の大映ドラマに欠かせない名脇役として活躍。

夫の実相寺が亡くなるまで、実相寺の監督作品の常連出演者でもあった。

2017年に発売された『異端の映画史 新東宝の世界』(映画秘宝編集部・編、洋泉社)に、北沢典子・矢代京子らとの座談で新東宝在籍時の事を語っている[2]

2020年1月19日、上顎肉腫のため、東京都内の病院に於いて死去[3]。84歳没。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

ほか多数

声の出演編集

舞台編集

脚注編集

  1. ^ 蘇る!山口百恵「赤いシリーズ」の“衝撃”(3)原知佐子が語る山口百恵の魅力”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2014年5月8日). 2017年12月3日閲覧。
  2. ^ 『異端の映画史 新東宝の世界』映画秘宝編集部(編)、洋泉社〈映画秘宝COLLECTION〉、2017年、[要ページ番号]ISBN 978-4-8003-1159-7
  3. ^ "女優の原知佐子さん死去". 時事ドットコム. 時事通信社. 2020-01-20. 2020-01-20閲覧.
  4. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月16日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集