メインメニューを開く

原 研吉(はら けんきち、1907年3月24日 - 1962年8月10日[1])は、日本映画監督である[2]山形県鶴岡市出身[1]慶應義塾大学仏文科卒業[1]

はら けんきち
原 研吉
生年月日 (1907-03-24) 1907年3月24日
没年月日 (1962-08-10) 1962年8月10日(55歳没)
出生地 日本の旗 日本 山形県鶴岡市
職業 映画監督
ジャンル 映画
テンプレートを表示

目次

フィルモグラフィー編集

映画編集

  • 東京の合唱(1931年) - 助監督
  • 青春の夢いまいづこ(1932年) - 監督補助
  • 非常線の女(1933年) - 監督補助
  • 浮草物語(1934年) - 監督補助
  • 一人息子(1936年) - 監督助手
  • 淑女は何を忘れたか(1937年) - 編集
  • さらば戦線へ(1937年) - 監督
  • 愛国抒情詩 軍国子守歌(1937年) - 監督
  • 母ぞよく知る(1938年) - 監督
  • 或る女の道(1938年) - 監督
  • ある淑女の告白 花ある氷河(1938年) - 監督
  • 美枝子の兄(1938年) - 監督
  • 若い人の立場(1939年) - 監督
  • 父よあなたは強かった(1939年) - 監督
  • あこがれ(1939年) - 監督
  • 母を讃へる歌(1939年) - 監督
  • 黒潮(1939年) - 監督
  • 波濤(1939年) - 監督
  • 新女性聯盟(1940年) - 監督
  • 四季の夢(1940年) - 監督
  • 女性の覚悟 第一部 純情の花(1940年) - 監督
  • 女性の覚悟 第二部 犠牲の歌(1940年) - 監督
  • 薔薇命あらば(1940年) - 監督
  • 幸福な家族(1940年) - 監督
  • 碑(1941年) - 監督
  • 三人姉妹(1942年) - 監督
  • 日本の母(1942年) - 監督
  • 戦ひの街(1943年) - 監督
  • をぢさん(1943年) - 監督
  • おばあさん(1944年) - 監督
  • 水兵さん(1944年) - 監督
  • ことぶき座(1945年) - 監督
  • 金ちゃんのマラソン選手(1946年) - 監督
  • 仮面の街(1947年) - 監督
  • リラの花忘れじ(1947年) - 監督
  • 愛情十字路(1948年) - 監督
  • 弥次喜多凸凹道中(1948年) - 監督
  • たそがれ密会(1948年) - 監督
  • 麗人草(1949年) - 監督
  • 悲恋模様 前篇東京篇(1949年) - 監督
  • 悲恋模様 後篇大阪篇(1949年) - 監督
  • 宵待草恋日記(1950年) - 監督
  • 危険な年令(1950年) - 監督
  • 童貞(1950年) - 監督
  • 悲恋華(1950年) - 監督
  • 左近捕物帖 鮮血の手型(1950年) - 監督
  • 女の水鏡(1951年) - 監督
  • 美しい暦(1951年) - 監督
  • 若い季節(1951年) - 監督
  • わが恋は花の如く(1951年) - 監督
  • 紅扇(1952年) - 監督
  • 華かな夜景(1952年) - 監督
  • 緑の風(1952年) - 監督
  • 彼を殺すな(1952年) - 監督
  • うず潮(1952年) - 監督
  • その妹(1953年) - 監督
  • 処女雪(1953年) - 監督
  • 春の若草(1954年) - 監督
  • 黒い罌栗(1954年) - 監督
  • えくぼ人生(1954年) - 監督
  • 路傍の石(1955年) - 監督
  • 燃ゆる限り(1955年) - 監督
  • 人妻椿(1956年) - 監督
  • 花ふたたび(1956年) - 監督
  • 青い花の流れ(1957年) - 監督
  • 幸福な家族(1959年) - 監督
  • ふるさとの風(1959年) - 監督
  • 痛快なる花婿(1960年) - 監督

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本の映画人 日本映画の創造者たち』佐藤忠男日外アソシエーツ、2007年、495頁。
  2. ^ 「あの人この人 第23回 原研吉君・川島雄三君のこと」『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1967年3月下旬号、 58-61頁。

外部リンク編集