厭離穢土

浄土教の用語

厭離穢土 (おんりえど、えんりえど)とは、浄土教の用語。欣求浄土と対句で使われることが多い。読みは、辞書によっては[えんり‐]を採用しており逆に[おんり-]は誤りとするものもある。

この娑婆世界を「穢れた国土」(穢国)として、それを厭い離れるという意味であり、阿弥陀如来極楽世界は清浄な国土であるから、そこへの往生を切望するという意味。

語源は、寛和元年(985年)に出された源信の仏教書である『往生要集』冒頭の章名に由来するが、その内容は「欣求浄土(ごんぐじょうど)」とともに、浄土教思想の基本的特質を表している。

その他編集

「厭離穢土欣求浄土」は戦国時代、徳川家康の馬印に用いられたことで知られる。

松平元康(後の徳川家康)は、桶狭間の戦い今川義元討死の後、菩提寺である三河国大樹寺へと逃げ隠れた。前途を悲観した元康は松平家の墓前で自害を試みるが、その時13代住職の登誉が「厭離穢土欣求浄土」と説き、切腹を思いとどまらせたと言われる。すなわち、「戦国の世は、誰もが自己の欲望のために戦いをしているから、国土が穢れきっている。その穢土を厭い離れ、永遠に平和な浄土をねがい求めるならば、必ず仏の加護を得て事を成す」との意味で、この逸話は小説家である山岡荘八の著書『徳川家康』、及びこれを原作とした昭和58年(1983年)のNHK大河ドラマ徳川家康』によって、広く知られている。

しかし、江戸時代の故事や旧例を紹介した『柳営秘鑑』によると、「厭離穢土欣求浄土」の旗印の由来は、家康が三河国を治めていた永禄5年から同7年にかけて、一向一揆が苛烈を極めた際に大樹寺の住職だった登誉は家康に味方し、家康から御旗を賜ると自筆で「厭離穢土欣求浄土」と記して、門徒たちはその御旗を先頭に一向衆に攻め入り勝利を得た。御旗の「厭離穢土欣求浄土」は「生を軽んじ、死を幸いにする」という身構えを示したもので、これは一向一揆側が自分たちの鎧に「進是極楽退是無間地獄(前進すれば極楽、退却すれば無間地獄)」と記したことを聞いて、住職がこの文言を書いて死を奨め、それ以来この旗は吉例とされ、御当家の御宝蔵にある[1]、となっており、両者で正反対の意味合いの説明文が書かれている。

脚注編集

  1. ^ 『室町は今日もハードボイルド 日本中世のあなーきな世界』、清水克行、2021年6月発行、新潮社、P149~150