厳夫人(げんふじん、生没年不詳)は、節度使だった劉隠の夫人。の康宗王昶の外祖母にあたる。

生涯編集

詳細な事跡は不明。劉隠と結婚した後、乾寧3年(896年)に娘の劉華中国語版を産んだ。劉隠死後の貞明3年(917年)、劉隠の弟である劉龑が皇帝を称して南漢を建てると、劉隠に襄皇帝の[1]を追尊したが、厳夫人には皇后号は贈られなかった。娘の劉華は王審知の次男王延鈞に嫁して[2]燕国夫人に封じられ、その死後の長興4年(933年)に王(王延鈞)が皇帝を称すると、皇后に追封された。

出典編集

  1. ^ 新五代史』巻六十五 南漢世家第五
  2. ^ 十国春秋』巻六十一 南漢四