及川 拓馬(おいかわ たくま、1987年5月6日 - ) は、将棋棋士伊藤果八段門下。棋士番号は268。妻は女流棋士上田初美[1]

 及川拓馬 七段
名前 及川拓馬
生年月日 (1987-05-06) 1987年5月6日(37歳)
プロ入り年月日 2007年10月1日(20歳)
棋士番号 268
出身地 埼玉県北葛飾郡松伏町
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 伊藤果八段
段位 七段
棋士DB 及川拓馬
2021年12月27日現在
テンプレートを表示

埼玉県北葛飾郡松伏町生まれ、所沢市育ち。東京電機大学高等学校卒。

棋歴

編集
  • 父に教えられ、5歳で将棋を始める。小学3年で所沢に転居し、所沢市立小手指小学校5年の1998年9月に、6級で奨励会入り[2]。奨励会入り以前は、同じ埼玉県出身・同年代の金井恒太渡辺正和と対戦する機会も多かった。その頃のタイトルに、彩の国小学生名人(小4)など。
  • 初参加の竜王ランキング戦6組準決勝(2008年5月2日)で勝利し、プロ入りから最短で6組を抜ける。
  • 第57期(2009年度)王座戦で、挑戦者決定トーナメントに進出。深浦康市王位(当時)に勝って、ベスト8。
  • 2018年度に入り、第68回 NHK杯戦 予選決勝で窪田義行七段に勝ち、本戦へ出場(三回目)[3]。一回戦で加藤桃子女王に116手で敗れた。その後は高勝率を維持し続け、第77期順位戦ではただひとり全勝街道を走って残り1局を残してC級1組への昇級を決めた[4]。また第4期叡王戦本戦にも進出し、増田康宏橋本崇載を破ってベスト8まで進出した(挑戦者となった永瀬拓矢に敗れた)。

棋風

編集
  • 本人は「得意戦法は特にない」とのこと[5]
  • 詰将棋作家として著名であり[6]、『将棋世界』2017年4月号から「詰将棋サロン」の選考・執筆担当。

人物

編集
  • 「おいくん」の愛称がある[7]
  • 所沢市立小手指中学時代には、卓球部に所属し県大会でベスト8入りなどの結果を残している。高校では、ギター部を友人とつくり活動していた。[8]

昇段履歴

編集
  • 1998年09月00日: 6級 = 奨励会入会
  • 2004年04月00日: 三段(第36回奨励会三段リーグ〈2004年度後期〉から三段リーグ参加)
  • 2007年10月01日: 四段(第41回奨励会三段リーグ成績2位) = プロ入り[5]
  • 2013年01月08日: 五段(勝数規定 /公式戦100勝、通算100勝76敗)[14]
  • 2014年10月23日: 六段(竜王ランキング戦連続昇級、通算140勝102敗)[15]
  • 2021年12月20日: 七段(勝数規定 /六段昇段後公式戦150勝、通算290勝200敗)[16]

主な成績

編集

在籍クラス

編集
順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
2007 66 四段昇段前 21 6組 -- 5-1
2008 67 C241 5-5 22 5組 -- 2-2
2009 68 C225 8-2 23 5組 -- 1-2
2010 69 C204 6-4 24 5組 -- 3-2
2011 70 C211 3-7 25 5組 -- 3-2
2012 71 C234 7-3 26 5組 0-1 5-0
2013 72 C210 7-3 27 4組 -- 4-1
2014 73 C209 7-3 28 3組 -- 3-1
2015 74 C206 7-3 29 2組 -- 2-2
2016 75 C208 4-6 30 2組 -- 0-2
2017 76 C229 5-5 31 3組 -- 0-2
2018 77 C225 10-0 32 4組 -- 3-2
2019 78 C132 9-1 33 4組 -- 1-2
2020 79 C103 6-4 34 4組 -- 4-1
2021 80 C107 8-2 35 3組 -- 3-2
2022 81 B221 5-5 36 2組 -- 0-2
2023 82 B213 5-5 37 3組 --
2024 83 B216 38 2組 か 3組
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

年度別成績

編集
公式棋戦成績
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2007 8 5 3 0.6250 [1]
2008 37 21 16 0.5675 [2]
2009 29 18 11 0.6206 [3]
2010 33 18 15 0.5454 [4]
2007-2010
(小計)
107 62 45
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2011 36 17 19 0.4722 [5]
2012 40 23 17 0.5750 [6]
2013 38 25 13 0.6578 [7]
2014 35 20 15 0.5714 [8]
2015 40 26 14 0.6500 [9]
2016 31 15 16 0.4838 [10]
2017 35 18 17 0.5142 [11]
2018 43 33 10 0.7674 [12]
2019 32 19 13 0.5937 [13]
2020 36 21 15 0.5833 [14]
2011-2020
(小計)
366 217 149
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2021 30 18 12 0.6000 [15]
2022 28 11 17 0.3928 [16]
2023 30 15 15 0.5000 [17]
2021-2023
(小計)
88 44 44
通算 561 323 238 0.5757 [18]
2023年度まで

著書

編集

脚注

編集
  1. ^ 敬史, 岡部 (2019年10月31日). “「一緒にめっちゃ指しました」リアル将棋ラブコメだった及川拓馬、上田初美夫妻の青春時代 | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年8月23日閲覧。
  2. ^ 広報ところざわ 平成21年3月号 6、7頁/みんなの広場
  3. ^ 2010年(第60回)、2016年(第66回)の計2回、NHK杯戦・予選を勝ち抜き本戦出場。
  4. ^ 第77期C級2組順位戦 10回戦の結果|棋戦トピックス|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2019年3月4日閲覧。
  5. ^ a b 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「村田顕弘・及川拓馬 新四段誕生のお知らせ
  6. ^ 及川拓馬どちらが詰み!? 及川拓馬六段の詰将棋講座がスタート」『エキサイト(NHK将棋講座テキスト 2017年7月号より)』2017年7月31日。2018年9月20日閲覧。オリジナルの2018年9月20日時点におけるアーカイブ。
  7. ^ 将棋世界付録「現役プロ棋士データブック2016 【上】」など
  8. ^ 所沢市中心市街地活性化拠点施設 野老澤町造商店 所沢将棋物語その4 所沢で育った初のプロ棋士 及川拓馬
  9. ^ 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「及川拓馬五段と上田初美女流三段が入籍
  10. ^ 上田初美ueda823 on Twitter」『Twitter』2017年4月6日。2018年9月20日閲覧。オリジナルの2018年9月20日時点におけるアーカイブ。
  11. ^ 上田初美@ueda823 on Twitter」『Twitter』2017年9月21日。2018年9月20日閲覧。オリジナルの2018年9月20日時点におけるアーカイブ。
  12. ^ “なぜ及川拓馬は子育てをしつつ強くなれたのか?【叡王戦24棋士 白鳥士郎 特別インタビュー vol.14】” (日本語). ニコニコニュース. オリジナルの2018年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181021215230/http://originalnews.nico/142234 2018年10月21日閲覧。 
  13. ^ 及川拓馬twitter
  14. ^ 及川拓馬四段が五段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟』2014年1月9日。
  15. ^ 及川拓馬五段が六段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟』2014年10月24日。
  16. ^ 及川拓馬六段が七段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟』2021年12月27日。

関連項目

編集

外部リンク

編集