双喜紋(そうきもん、双喜拼音: shuāngxǐ , シュアンシー)とは、中華圏で用いられるデザインのひとつで、「喜」を横に二つ並べた「[1]」の字を意匠化したもの。下部が簡略化された字体が用いられたり、左右が連結されたりすることが多い。縁起物として結婚式春節などで用いられる。日本においては、中華料理店の壁や器の装飾デザインとして広く知られる。

英語では、「Double Happiness」と訳されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ❲U+56CD❳【JIS X 0213】2面04区52点【JIS X 0212】22区81点