感覚ニューロン

受容器から転送)

感覚ニューロン(かんかくニューロン、: sensory neuron)は、求心性ニューロン(きゅうしんせいニューロン、: afferent neuron)とも呼ばれ、受容体を介して特定の種類の刺激英語版活動電位または段階的電位英語版に変換する神経系ニューロン(神経細胞)である[1]。このプロセスは、感覚伝達英語版sensory transduction)と呼ばれる。感覚ニューロンの細胞体は、脊髄背根神経節にある[2]

感覚情報は、感覚神経求心性神経線維英語版を通り、脊髄を経由してへと到達する。それらの刺激は、光や音など体外を感知するような外受容器から来る場合と、血圧体位感覚に反応するような内受容器から来る場合とがある。

種類と機能編集

 
4種類の感覚ニューロン

感覚ニューロンの種類によって、異なる種類の刺激に反応する異なる感覚受容器sensory receptors)を持っている。少なくとも、6つの外部感覚受容器と2つの内部感覚受容器が知られている。

外受容器編集

体外からの刺激に反応する外部受容器を外受容器exteroreceptors)と呼ぶ[3]。外受容器には、嗅覚受容体(匂い)、味覚受容体英語版光受容器英語版(視覚)、有毛細胞英語版(音)、温度受容器英語版(熱さ寒さ)、そしてさまざまな機械受容器(伸縮、歪み)がある。

嗅覚編集

嗅覚に関与する感覚ニューロンは、嗅覚受容神経と呼ばれている。これらのニューロンには、嗅覚受容体と呼ばれる受容体があって、空気中の匂い分子によって活性化される。空気中の分子は、肥大した繊毛微絨毛によって検出される[4]。これらの感覚ニューロンは活動電位を発生させる。その軸索は嗅神経を形成し、大脳皮質のニューロン(嗅球)に直接接合する。すなわち、他の感覚系と同じルートを使わず、脳幹や視床を迂回している。嗅球のニューロンは、感覚神経の入力を直接受けて、嗅覚系の他の部分や大脳辺縁系の多くの部分と結合している。

味覚編集

味蕾にある味覚受容器英語版は、嗅覚受容体と同様に、食物中の化学物質と相互作用して活動電位を発生させる。

視覚編集

光受容細胞英語版(視細胞)は、光(電磁放射)を電気信号に変換する光伝達英語版phototransduction)という機能を持っている。この信号は、網膜に存在する別種のニューロンとの相互作用によって精緻化され、制御される。網膜内には5種類の基本的なニューロンがあり、それぞれ光受容細胞、双極細胞英語版神経節細胞水平細胞英語版アマクリン細胞英語版という。網膜の基本的な回路には、光受容細胞(桿体または錐体のいずれか)、双極細胞、神経節細胞という3つのニューロンからなる連鎖が組み込まれている。最初の活動電位は、網膜神経節細胞で発生する。この経路は、視覚情報を脳に伝達する最も直接的な方法である。光受容器には、主に3つの種類がある。錐体に大きく反応する光受容器である。ヒトの場合、3種類の錐体が、短波長(青)、中波長(緑)、長波長(黄/赤)の一次反応に対応する[5]杆体は、光の強弱に非常に敏感な光受容器で、薄暗い場所での視覚を可能にする。杆体と錐体の集中度や比率は、動物が昼行性夜行性かに強く関連している。杆体と錐体の比率は、ヒトの場合で約20:1であるのに対し、モリフクロウのような夜行性動物では1000:1近くになる[5]網膜神経節細胞は、交感神経反応に関与している。網膜に存在する約130万個の神経節細胞のうち、1-2%が感光性を持つと考えられている[6]

視覚に関連する感覚ニューロンの問題や衰えは、次のような障害を引き起こす。

  • 黄斑変性症 - 網膜と脈絡膜との間に細胞の残骸や血管が蓄積し、そこに存在するニューロンの複雑な相互作用が阻害あるいは破壊されることによる中心視野の変性[7]
  • 緑内障 - 網膜神経節細胞の障害で、視力低下から失明を引き起こす[8]
  • 糖尿病性網膜症 - 糖尿病による血糖コントロールの低下により、網膜の細い血管が損傷する[9]

聴覚編集

聴覚系 (en:英語版は、空気分子が振動することで発生する圧力波やを、脳が解釈できる信号に変換する役割を担う。

この機械電気変換は、耳の中にある有毛細胞英語版を介して行われる。その動きに応じて、有毛細胞は過分極または脱分極を起こすことができる。突出した不動毛英語版にその動きが伝わると、Na+カチオンチャネルが開いてNa+が細胞内に流入し、その結果起こる脱分極によりCa++チャネルが開き、その神経伝達物質が求心性聴神経に放出される。有毛細胞には、内有毛細胞と外有毛細胞の2種類がある。内有毛細胞は感覚受容器である[10]

聴覚系に関連する感覚ニューロンの問題は、次のような障害を引き起こす。

  • 聴覚情報処理障害 - 脳内の聴覚情報が異常な状態で処理される。聴覚情報処理障害の患者は、通常、情報を得ることはできるものの、脳がそれを適切に処理できずに聴覚障害につながる[11]
  • 聴覚言語失認症英語版 - 言葉の理解力は失われるが、聴力、会話、読み書きの能力は維持される。これは、側頭葉後上部[訳語疑問点]の損傷によって引き起こされ、やはり脳が聴覚入力を正しく処理することができなくなる[12]

温覚編集

温度受容器英語版は、温度の変化に反応する感覚受容器である。この受容器が機能する機構は不明であるが、最近の発見により、哺乳類には少なくとも2種類の温度受容器があることが明らかになった[13]球状小体皮膚受容体英語版の一つで冷感感受性の受容体である。もう一つは、温感感受性受容体である。

機械受容器編集

機械受容器は、圧力歪みなどの機械的な力に反応する感覚受容器である[14]

機械受容器と呼ばれる特殊な感覚受容器細胞は、しばしば求心性線維を被包し、求心性線維をさまざまな種類の体性刺激に適合させるのを助ける。機械受容器はまた、求心性線維の活動電位発生の閾値を下げ、感覚刺激の存在下での発火を促進する[15]

機械受容器の中には、膜が物理的に引き伸ばされたときに活動電位を発生させるものがある。

固有受容器(自己受容器とも)は、機械受容器のもう一つの種類であり、文字通り「自己のための受容器」を意味する。これらの受容器は手足やその他の身体部分に関する空間情報を提供する[16]

侵害受容器英語版は、痛みと温度変化を処理する責任を担っている。唐辛子を食べた後に経験する灼熱痛や刺激感(主成分であるカプサイシンによる)、メントールやイシリンなどの化学物質を摂取した後の冷感、そして一般的な痛みの感覚は、すべてこれらのニューロンと受容体の働きによるものである[17]

機械受容器に問題は、次のような障害を引き起こす。

  • 神経因性疼痛(神経障害性疼痛) - 感覚神経の損傷に起因する激しい痛みの状態[17]
  • 痛覚過敏 - 痛みに対する感受性の増加。知覚的なイオンチャネルであるTRPM8英語版は、通常23-26度の温度に反応し、メントールやイシリンに関連する冷感を与える[17]
  • 幻肢症候群 -  存在しない手足に痛みや動きを感じる感覚系障害[18]

内受容器編集

体内の変化に反応する内部受容器を内受容器interoceptor)と呼ぶ[3]

血液編集

大動脈小体英語版頚動脈小体には、末梢性化学受容器英語版と呼ばれるグロムス細胞英語版の集団があり、酸素濃度など血液中の化学的性質の変化を感知する[19]。これらは、多くの異なる刺激に反応するポリモーダル英語版な受容器である。

侵害受容器編集

侵害受容器は、損傷を与える可能性のある刺激に反応し、脊髄と脳へ信号を送る。この過程は侵害受容英語版nociception)と呼ばれ、通常、痛みの感覚を認識させる[20][21]。侵害受容器は、「感知し、防御する」ために、体表だけでなく体内にも存在する[21]。侵害受容器は、損傷を与える可能性を示すさまざまな種類の侵害刺激を検出し、その刺激から逃れるための神経応答を開始する[21]

  • 温熱侵害受容器は、さまざまな温度の有害な熱さや寒さによって活性化する[21]
  • 機械的侵害受容器は、つねる英語版ような、過剰な圧力や機械的変形に反応する[21]
  • 化学的侵害受容器は、多種多様な化学物質に反応し、そのうちのいくつかは信号を発する。それらは感覚神経受容体を標的として急性痛とその後の疼痛過敏を引き起こし、アブラナ科ネギ属の植物に含まれる辛味成分など、食品中の一部の香辛料の感知に関与する[22]

中枢神経系とのつながり編集

頭部に存在する感覚ニューロンから来る情報は、脳神経を通って中枢神経系(CNS)に入る。対して、頭部よりも下に存在する感覚ニューロンからの情報は、脊髄に入り、31対の脊髄神経を通って脳へと向かう[23]。脊髄を通過する感覚情報は、明確に定義された経路をたどる。神経系は、どの細胞が活動しているかという観点から、感覚の違いをコード化している。

分類編集

適刺激編集

感覚受容器の適刺激英語版(てきしげき)とは、その感覚受容器が適切な感覚伝達系英語版を備えている刺激モダリティ(様式)英語版のことである。適刺激は感覚受容器を分類するために用いられる。

位置編集

感覚受容器は、その位置によって分類することができる。

形態編集

皮膚の表面近くにある体性感覚受容器は、通常、形態に基づいて2つのグループに分けられる。

適応速度編集

  • 緊張性受容器英語版は、刺激に対してゆっくりと適応し[26]、刺激の持続時間にわたって活動電位を生成し続ける感覚受容器である[27]。このようにして、刺激の持続時間に関する情報を伝達する。いくつかの緊張性受容器は永続的に活性であり、バックグラウンドレベルを示す。そのような緊張性受容器の例には、疼痛受容器英語版関節包英語版、および筋紡錘がある[28]
  • 相動性受容器は、刺激に対して急速に適応する感覚受容器である。細胞の反応は非常に速く減衰し、その後停止する[29]。刺激の持続時間に関する情報を提供しない代わりに[27]、それらのいくつかは、刺激の強度や速度の急激な変化に関する情報を伝える[28]。相動性受容器の例としてパチニ小体がある。

薬物編集

現在、感覚器系障害を処置または治療するために使用される数多くの薬物が市場に出回っている。たとえば、ガバペンチンは、非受容器ニューロン[訳語疑問点]に存在する電位依存性カルシウムチャネルの1つと相互作用することによって、神経因性疼痛を治療するために使用される薬物である[17]。薬によっては、他の健康問題と戦うために使用された場合でも、感覚器系に意図しない副作用を及ぼすことがある。聴器毒性薬英語版は、アミノグリコシド系抗生物質のように、有毛細胞の働きを弱める毒素を使用して蝸牛に影響を与える薬物である。これらの毒素の使用により、K+ポンプ有毛細胞はその機能を停止する。その結果、聴覚信号伝達プロセスを駆動する蝸牛内電位英語版によって生成されるエネルギーが失われ、難聴につながる[30]

神経可塑性編集

エドワード・タウブ英語版によってシルバースプリング猿英語版の脳における皮質再マッピング英語版が観察されて以来、感覚系の神経可塑性英語版に関する多くの研究が行われてきた。感覚系の障害の治療は大きく進歩した。タウブが開発した拘束運動療法英語版のような技術は、感覚系に新しい神経回路英語版を強制的に成長させることで、麻痺した手足を持つ患者が手足を再び使えるようにするのに役立った[31]幻肢症候群とは、被切断者が切断された手足がまだ存在し、まだ痛みを感じていると認識する感覚器障害である。ヴィラヤヌル・S・ラマチャンドランが開発したミラーボックスは、幻肢症候群の患者が麻痺や痛みを伴う幻肢の知覚を軽減することを可能にした。これは、箱の中の鏡を使って、感覚系が片手ではなく両手を見ていると認める錯覚を作り出すことで、感覚系が「幻肢」を制御できるようにする単純な装置である。これにより、感覚系が切断された手足に徐々に順応し、この症候群を緩和することができる[32]

ヒト以外の生物編集

流体力学的受容英語版は、さまざまな動物種に備わっている機械受容の一形態である。(例: 魚類が水の動きを感知する側線と呼ばれる器官)

他の画像編集

参照項目編集

脚注編集

  1. ^ Parsons, Richard (2018). CGP: A-Level Biology Complete Revision & Practice. Newcastle Upon Thynde: Coordination Group Publishing Ltd.. pp. 138. ISBN 9781789080261 
  2. ^ Purves, Dale; Augustine, George; Fitzpatrick, David; Hall, William; LaMantia, Anthony-Samuel; McNamara, James; White, Leonard (2008). Neuroscience (4 ed.). Sinauer Associates, Inc.. pp. 207. ISBN 978-0878936977. https://archive.org/details/neuroscienceissu00purv 
  3. ^ a b Campbell, Neil (1996). Biology (4th ed.). Benjamin/Cummings Pub. Co. p. 1028. ISBN 0805319409. https://archive.org/details/biology4ewithint00neil 
  4. ^ Breed, Michael D., and Moore, Janice. Encyclopedia of Animal Behavior . London: Elsevier, 2010. Print.
  5. ^ a b "eye, human." Encyclopædia Britannica. Encyclopædia Britannica Ultimate Reference Suite. Chicago: Encyclopædia Britannica, 2010.
  6. ^ Foster, R. G.; Provencio, I.; Hudson, D.; Fiske, S.; Grip, W.; Menaker, M. (1991). "Circadian photoreception in the retinally degenerate mouse (rd/rd)". Journal of Comparative Physiology A 169. doi:10.1007/BF00198171
  7. ^ de Jong, Paulus T.V.M. (2006-10-05). “Age-Related Macular Degeneration”. New England Journal of Medicine 355 (14): 1474–1485. doi:10.1056/NEJMra062326. ISSN 0028-4793. PMID 17021323. 
  8. ^ Alguire, Patrick; Dallas, Wilbur; Willis, John; Kenneth, Henry (1990). “Chapter 118 Tonometry”. Clinical methods : the history, physical, and laboratory examinations (3 ed.). Butterworths. ISBN 978-0409900774. OCLC 15695765 
  9. ^ NIHSeniorHealth: Diabetic Retinopathy - Causes and Risk Factors”. nihseniorhealth.gov. 2017年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月19日閲覧。
  10. ^ Purves, Dale; Augustine, George; Fitzpatrick, David; Hall, William; LaMantia, Anthony-Samuel; McNamara, James; White, Leonard (2008). Neuroscience (4 ed.). Sinauer Associates, Inc.. pp. 327–330. ISBN 978-0878936977. https://archive.org/details/neuroscienceissu00purv 
  11. ^ Auditory Processing Disorder (APD)”. British Society of Audiology APD Special Interest Group MRC Institute of Hearing Research. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月1日閲覧。
  12. ^ Stefanatos, Gerry A.; Gershkoff, Arthur; Madigan, Sean (2005-07-01). “On pure word deafness, temporal processing, and the left hemisphere”. Journal of the International Neuropsychological Society 11 (4): 456–470; discussion 455. doi:10.1017/S1355617705050538. ISSN 1355-6177. PMID 16209426. 
  13. ^ Krantz, John. Experiencing Sensation and Perception Archived 2017-11-17 at the Wayback Machine.. Pearson Education, Limited, 2009. p. 12.3
  14. ^ Winter, R., Harrar, V., Gozdzik, M., & Harris, L. R. (2008). The relative timing of active and passive touch. [Proceedings Paper]. Brain Research, 1242, 54-58. doi:10.1016/j.brainres.2008.06.090
  15. ^ Purves, Dale; Augustine, George; Fitzpatrick, David; Hall, William; LaMantia, Anthony-Samuel; McNamara, James; White, Leonard (2008). Neuroscience (4 ed.). Sinauer Associates, Inc.. pp. 209. ISBN 978-0878936977. https://archive.org/details/neuroscienceissu00purv 
  16. ^ Purves, Dale; Augustine, George; Fitzpatrick, David; Hall, William; LaMantia, Anthony-Samuel; McNamara, James; White, Leonard (2008). Neuroscience (4 ed.). Sinauer Associates, Inc.. pp. 215–216. ISBN 978-0878936977. https://archive.org/details/neuroscienceissu00purv 
  17. ^ a b c d Lee, Y; Lee, C; Oh, U (2005). “Painful channels in sensory neurons”. Molecules and Cells 20 (3): 315–324. PMID 16404144. 
  18. ^ Halligan, Peter W; Zeman, Adam; Berger, Abi (1999-09-04). “Phantoms in the brain”. BMJ: British Medical Journal 319 (7210): 587–588. doi:10.1136/bmj.319.7210.587. ISSN 0959-8138. PMC 1116476. PMID 10473458. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1116476/. 
  19. ^ Satir, P. & Christensen, S.T. (2008) Structure and function of mammalian cilia. in Histochemistry and Cell Biology, Vol 129:6
  20. ^ Sherrington C. The Integrative Action of the Nervous System. Oxford: Oxford University Press; 1906.
  21. ^ a b c d e St. John Smith, Ewan (2017-10-14). “Advances in understanding nociception and neuropathic pain”. Journal of Neurology 265 (2): 231–238. doi:10.1007/s00415-017-8641-6. ISSN 0340-5354. PMC 5808094. PMID 29032407. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5808094/. 
  22. ^ Zhao, Jianhua; Lin King, John V.; Paulsen, Candice E.; Cheng, Yifan; Julius, David (2020-07-08). “Irritant-evoked activation and calcium modulation of the TRPA1 receptor”. Nature 585 (7823): 141–145. Bibcode2020Natur.585..141Z. doi:10.1038/s41586-020-2480-9. ISSN 1476-4687. PMC 7483980. PMID 32641835. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7483980/. 
  23. ^ Kalat, James W. (2013). Biological Psychology (11th ed.). Wadsworth Publishing. ISBN 978-1111831004 
  24. ^ Michael J. Gregory. “Sensory Systems”. Clinton Community College. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  25. ^ Cutaneous receptor”. 2022年9月1日閲覧。
  26. ^ Binder, Marc D.; Hirokawa, Nobutaka; Windhorst, Uwe (2009). Encyclopedia of neuroscience ([Online-Ausg.]. ed.). Berlin: Springer. ISBN 978-3-540-29678-2 
  27. ^ a b mentor.lscf.ucsb.edu/course/fall/eemb157/lecture/Lectures%2016,%2017%2018.ppt [リンク切れ]
  28. ^ a b Sensory Receptor Function”. frank.mtsu.edu. 2008年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月1日閲覧。
  29. ^ Sherwood, Lauralee; Klandorf, Hillar; Yancey, Paul (2012) (英語). Animal Physiology: From Genes to Organisms. Cengage Learning. ISBN 978-0840068651. https://books.google.com/books?id=I6X8G8YPdv4C&q=A+phasic+receptor+is+a+sensory+receptor+that+adapts+rapidly+to+a+stimulus.+The+response+of+the+cell+diminishes+very+quickly+and+then+stops.&pg=PA213 2017年12月13日閲覧。 
  30. ^ Priuska, E.M.; Schacht, J. (1997). “Mechanism and prevention of aminoglycoside ototoxicity: Outer hair cells as targets and tools”. Ear, Nose, & Throat Journal 76 (3): 164–171. doi:10.1177/014556139707600310. PMID 9086645. 
  31. ^ Schwartz and Begley 2002, p. 160; "Constraint-Induced Movement Therapy", excerpted from "A Rehab Revolution," Stroke Connection Magazine, September/October 2004. Print.
  32. ^ Blakeslee, Sandra; Ramachandran, V. S. (1998). Phantoms in the brain : probing the mysteries of the human mind. William Morrow & Company, Inc. ISBN 978-0688152475. OCLC 43344396. https://archive.org/details/phantomsinbrain00vsra 

外部リンク編集

Template:Nervous tissue Template:Somatosensory system