メインメニューを開く

口之島牛(くちのしまうし)は、日本で唯一の野生(化)牛の品種[1]。西洋種の影響を受けていない日本の在来牛は、口之島牛と見島牛の2種類しか残っていない。

鹿児島県鹿児島郡十島村トカラ列島北端の口之島に棲息する。トカラ牛の俗称を持つ。

血統編集

大正7 - 8年(1918年 - 1919年)に同列島の諏訪之瀬島から導入された数頭の牛の子孫である。急峻な島の地形のために放牧地へ管理が行きとどかず、島南部に逃げ込んだものが、横岳・燃岳を中心とする原生林内で再野生化したものである[2]。 2008年、メス1頭が東京都恩賜上野動物園に貸与され、展示中。

体格編集

体格は非常に小さく、雄の成牛でも300から400Kgである。増体能力に劣るため、肥育しても約500Kg程度にしかならない[3]。前駆に優る、改良のための交配を経ていない体型が目立つ。

毛色は黒、褐色のほか、白斑などの変異を示している[2]

脚注編集

  1. ^ トカラの森のウシ ホーム”. 五百部裕. 2019年10月2日閲覧。
  2. ^ a b トカラの森のウシ 野生化ウシ1”. 五百部裕. 2019年10月2日閲覧。
  3. ^ 長島孝行 (2013). “日本在来牛 見島牛と口之島牛”. 新・実学ジャーナル 2013年10月号: 4. https://www.nodai.ac.jp/hojin/journal/images/j_1310/p4.pdf. 

関連項目編集

外部リンク編集