メインメニューを開く

口之津町

日本の長崎県南高来郡にあった町

口之津町(くちのつちょう)は、長崎県島原半島にあった南高来郡に属した。船員の町として知られる。

くちのつちょう
口之津町
廃止日 2006年3月31日
廃止理由 新設合併
加津佐町口之津町南有馬町北有馬町西有家町有家町布津町深江町南島原市
現在の自治体 南島原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
南高来郡
団体コード 42370-0
面積 9.98km2
総人口 6,695
推計人口、2006年3月1日)
隣接自治体 加津佐町南有馬町
町の木 アコウ
町の花 ハマユウ
口之津町役場
所在地 859-2504
長崎県南高来郡口之津町丙4252番地
外部リンク 口之津町(アーカイブ版)
座標 東端: 東経130度12分28秒
西端: 東経130度9分46秒
北端: 32度37分45秒
南端: 32度35分30秒
 表示 ウィキプロジェクト

2006年3月31日、周辺7町と対等合併し、南島原市となり消滅した。

地理編集

島原半島の南端に位置する。

  • 山:富士山(ふるさと富士)、烽火山(のろしやま)
  • 半島:早崎半島
  • 河川:貝瀬川、与茂作川(よもさくがわ)
  • 港湾:口之津港
  • 海域:白浜海岸、早崎海峡(早崎瀬戸
  • 岬:天狗鼻、瀬詰崎、小早崎、白間崎、土平崎、宮崎鼻
  • 断層:口之津断層

隣接する自治体編集

歴史編集

近現代編集

三井三池炭鉱の石炭積出港として発展したが、三池内港が完成した後は衰退した。

地域編集

地名編集

を行政区域とする。口之津町は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。(発足当初は口之津村)
なお、口之津町では名の名称を十干に置き換えて表記する。

  • 甲 / 町名(まちみょう)
  • 乙 / 早崎名
  • 丙 / 西大屋名
  • 丁 / 東大屋名

地区編集

町内では以下のように地区分けをしている。

  • 久木山西(くぎやまにし)
  • 白浜(しらはま)
  • 久木山東(くぎやまひがし)
  • 東方(とうぼう)
  • 栄町(さかえまち)
  • 八坂町(やさかまち)
  • 仲町(なかまち)
  • 西大泊(にしおおどまり)
  • 東大泊(ひがしおおどまり)
  • 南大泊(みなみおおどまり)
  • 唐人町(とうじんまち)
  • 真米(まごめ)
  • 貝瀬(かいぜ)
  • 木之崎(きのさき)
  • 榎田(えのきだ)
  • 港町(みなとまち)
  • 前方(まえがた)
  • 東(ひがし)
  • 角屋(すみや)
  • 中尾(なかお)
  • 小利(おとし)
  • 三軒屋(さんげんや)
  • 金十谷(きんじゅだん)
  • 野向(のむき)
  • 紫竹(しちく)
  • 加美(かみ)
  • 中加美(なかがみ)
  • 浜(はま)

行政編集

  • 町長: 三原松朗(みはらまつろう)(最終代)

警察編集

教育編集

海上技術学校編集

高等学校編集

中学校編集

  • 口之津町立口之津中学校

小学校編集

  • 口之津町立口之津小学校

研究機関編集

交通編集

道路編集

鉄道編集

バス編集

タクシー編集

フェリー編集

空港編集

町内に空港はない。最寄り空港は長崎空港

名所・旧跡・観光スポット編集

  • 旧長崎税関口之津支署庁舎[2]
  • 白浜キリシタン墓碑 [3]
  • 口之津公園
  • 開田公園
    • 南蛮船渡来の地[4]
  • 瀬詰崎公園
  • 早崎自然公園
  • シーサイドパーク
  • 口之津灯台
  • 瀬詰崎灯台
  • 白浜海水浴場
  • イルカウォッチング

口之津町出身の著名人編集

その他編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長崎縣告示第百八十二號 村を町と改称の件 長崎県公報 昭和3年3月30日付号外
  2. ^ 旧長崎税関口之津支署庁舎 長崎県の文化財
  3. ^ 口之津町白浜のキリシタン墓碑 長崎県の文化財
  4. ^ 南蛮船来航の地 長崎県の文化財
  5. ^ 『カナダの萬蔵物語』は口之津村出身の永野萬蔵氏の伝記。19歳の1874年(明治7年)英国船に乗り組み、やがてカナダへの日本人移民第1号となると競争の激しい北米大陸西海岸で「カナダ大尽」(大金持ち)と呼ばれる成功をおさめた物語である。森研三、高見弘人『カナダの萬蔵物語』尾鈴山書房、1977年。NDC9=289.1 付:パイオニアの人達の素顔

関連項目編集

外部リンク編集