メインメニューを開く

古今亭 駒子(ここんてい こまこ、1972年12月2日 - )は、女流落語家。本名:高木 厚子[1]群馬県出身[2]

古今亭 駒子ここんてい こまこ
本名 高木 厚子
生年月日 (1972-12-02) 1972年12月2日(46歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県甘楽町
師匠 古今亭菊千代
名跡 1. 古今亭ちよりん(2004年 - 2018年)
2. 古今亭駒子(2018年 - )
出囃子 シャンラン節
活動期間 2004年 -
所属 落語協会
公式サイト 古今亭駒子~落語協会

来歴編集

甘楽町(かんらまち)出身。駒澤短期大学卒業。社会人を経て2003年、古今亭菊千代に入門。

2004年3月、前座となる。前座名「ちよりん」。

2007年5月、二ツ目昇進。

2018年9月21日、真打昇進「古今亭駒子」と改名[3][4]

新真打ち同期5名。駒次改め古今亭駒治(39)、さん若改め柳家小平太(49)、花ん謝改め柳家勧之助(36)、たこ平改め林家たこ蔵(39)、ちよりん改め古今亭駒子(45)。紅一点の駒子は、古今亭菊千代(62)が師匠、初の女性落語家の弟子として初の女性真打ち誕生群馬県出身女性で初めて真打ち昇進

中国、台湾、タイで日本人向けに公演を行っている[5]。「移動距離は自慢できる。師匠の元でなければ今日の日を迎える事はできなかった。広い心で許してもらったところがある」と感謝[6]。菊千代は「強情な弟子で、大変なこともあった。個性を持って、人情味のある噺家になってほしい」と激励した[7][8][9][10][11][12][13][14]

出典編集

  1. ^ 東西落語系図. “東西落語家系図”. 2018年12月19日閲覧。
  2. ^ 47news. “《おん・すてーじ》群馬の女性初の真打ちに 古今亭ちよりんさん・上毛新聞2018.8”. 2018年12月19日閲覧。
  3. ^ 一般社団法人 落語協会. “平成30年 秋 真打昇進襲名披露興行”. 2018年12月19日閲覧。
  4. ^ 産経新聞2018.9.15. “落語協会、新真打ち5人お披露目 同期生…誰が抜け出すか”. 2018年12月19日閲覧。
  5. ^ 中国国際放送局 2018-5-13. “日本の落語家が北京で落語会開催”. 2018年12月19日閲覧。
  6. ^ サンスポ 2018.8.30. “古今亭駒治らが新真打昇進披露会見「新作落語1本でやっています」”. 2018年12月19日閲覧。
  7. ^ 日刊スポーツ 2018年9月1日. “落語ブームの中、新真打ち5人誕生これからが正念場”. 2018年12月19日閲覧。
  8. ^ 噺-HANASHI-. “円菊 GINZA LIVE -遺伝子の会ー”. 2018年12月19日閲覧。
  9. ^ ikebukuro-net. “5人の真打ち披露興行・池袋演技場10月下席”. 2018年12月19日閲覧。
  10. ^ 国立演芸場. “11月上席 落語協会真打昇進披露公演”. 2018年12月19日閲覧。
  11. ^ 北京日本倶楽部 2018. “12月8日(土)『北京寄席』(第2回)開催のご案内”. 2018年12月19日閲覧。
  12. ^ 落語芸術協会. “深川亭砥寄席(第53回)“落語ガールズSPECIAL”〈昼の部〉2018年12月15日”. 2018年12月19日閲覧。
  13. ^ rakugo.or.. “東西女流華乃競艶会「古今亭駒子真打昇進披露口上」2018年12月23日・昼の部”. 2018年12月19日閲覧。
  14. ^ 群馬県. “「グラフぐんま」2018年12月号”. 2018年12月19日閲覧。

  

外部リンク編集