メインメニューを開く

古今亭 菊寿(ここんてい きくじゅ、1954年4月8日 - )は、日本の落語家である。落語協会所属の真打[1]。紋は鬼蔦。出囃子は、おんこと[1]

古今亭ここんてい 菊寿きくじゅ
本名 崎野さきの 守人もりと
生年月日 (1954-04-08) 1954年4月8日(65歳)
出身地 日本の旗 日本東京都三鷹市
師匠 2代目古今亭圓菊
名跡 1. 古今亭菊八(1977年 - 1981年)
2. 古今亭菊枝(1981年 - 1993年)
3. 古今亭菊寿(1993年 - )
出囃子 おんこと
活動期間 1976年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会

1954年東京都三鷹市出身[1]日本大学文理学部教育学科卒業[2]。大学時代は、落語研究会(日本大学文理学部落語研究会)に属した[2]

1976年4月、古今亭圓菊に入門[1]。翌年1月、前座となり「菊八」。1981年2月に二ツ目に昇進し「菊枝」と改名。1993年9月、真打に昇進し「菊寿」と改めた[1]

脚注編集

外部リンク編集