古代ローマの独裁官一覧

ウィキメディアの一覧記事

古代ローマの独裁官一覧(こだいローマのどくさいかんいちらん)は共和政ローマ独裁官(ディクタトル)を年毎に記載した一覧。

クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ウェッルコススの経歴が刻まれた石版。名前の下にDICTATORの文字が見える

概要編集

発掘されたFasti Capitolini には歴代執政官の名と同時に、独裁官やケンソルの名が刻まれているが、紀元前483年以降しか残っておらず、削れて読めない部分も多い。またティトゥス・リウィウスの『ローマ建国史』で残っている第一デカーデ (1~10巻)は紀元前293年までで、第二デカーデ (11~20巻)は失われており、数名の時期がはっきりしない。

Fasti に残されているものについては、独裁官名の後に騎兵長官 (マギステル・エクィトゥム)が記されており、その次に指名された理由も書かれている。

  • rei gerundae causa、公務のため (戦争など)
  • clavi figendi causa、釘打ちの儀式のため (厄除けの儀式)
  • comitiorum habendorum causa、民会開催のため (執政官選挙)

の3つの理由が多い。

リストでは、年、独裁官名、騎兵長官名を以下の形式で表記する。

独裁官名 (ローマ数字は回数)、理由など
騎兵長官名

一覧編集

紀元前6-5世紀編集

紀元前501年[1]
ティトゥス・ラルキウス・フラウス、初代独裁官 (前498年説も[2])
スプリウス・カッシウス・ウェケッリヌス
紀元前499年[3]
アウルス・ポストゥミウス・アルブス・レギッレンシスレギッルス湖畔の戦いを指揮 (前496年とも)
ティトゥス・アエブティウス・ヘルウァ
紀元前494年[4]
マニウス・ウァレリウス・マクシムス
クイントゥス・セルウィリウス・プリスクス・ストルクトゥス
紀元前463年[5]
ガイウス・アエミリウス・マメルクスリドゥスの著作にしか記録がない
紀元前458年[6]
ルキウス・クィンクティウス・キンキナトゥス、公務のため
ティトゥス・タルクィニウス・フラックス
紀元前439年[7]
ルキウス・クィンクティウス・キンキナトゥス II、スプリウス・マエリウスを叛逆罪で処刑
ガイウス・セルウィリウス・アハラ
紀元前437年[8]
マメルクス・アエミリウス・マメルキヌス
ルキウス・クィンクティウス・キンキナトゥス (紀元前428年の執政官)
紀元前435年[9]
クィントゥス・セルウィリウス・プリスクス・フィデナスフィデナエを陥落させる
ポストゥミウス・アエブティウス・ヘルウァ・コルニケン
紀元前434年[10]
マメルクス・アエミリウス・マメルキヌス II、ケンソルの任期を1年半に短縮
アウルス・ポストゥミウス・トゥベルトゥス
紀元前431年[11]
アウルス・ポストゥミウス・トゥベルトゥス
ルキウス・ユリウス・ユッルス
紀元前426年[12]
マメルクス・アエミリウス・マメルキヌス III
アウルス・コルネリウス・コッスス
紀元前418年[13]
クィントゥス・セルウィリウス・プリスクス・フィデナス II、公務のため
ガイウス・セルウィリウス・アクシッラ
紀元前408年[14]
プブリウス・コルネリウス・ルティルス・コッスス、公務のため
ガイウス・セルウィリウス・アハラ

紀元前4世紀編集

紀元前396年[15]
マルクス・フリウス・カミッルス、公務のため。ウェイイを陥落させる
プブリウス・コルネリウス・マルギネンシス
紀元前390年[16]
マルクス・フリウス・カミッルス II、ガリア人からローマを救う
ルキウス・ウァレリウス・ポプリコラもしくはポティトゥス
紀元前389年[17]
マルクス・フリウス・カミッルス III
ガイウス・セルウィリウス・アハラ
紀元前385年[18]
アウルス・コルネリウス・コッスス (紀元前385年の独裁官)
ティトゥス・クィンクティウス・キンキナトゥス・カピトリヌス
紀元前380年[19]
ティトゥス・クィンクティウス・キンキナトゥス・カピトリヌス、公務のため
アウルス・センプロニウス・アトラティヌス
紀元前368年[20]
マルクス・フリウス・カミッルス IV、公務のため。選出に瑕疵がありすぐ辞任
ルキウス・アエミリウス・マメルキヌス
プブリウス・マンリウス・カピトリヌス、公務のため
ガイウス・リキニウス・カルウス
紀元前367年[21]
マルクス・フリウス・カミッルス V、公務のため
ティトゥス・クィンクティウス・キンキナトゥス・カピトリヌスもしくはポエヌス
紀元前363年[22]
ルキウス・マンリウス・カピトリヌス・インペリオスス、釘打ちの儀式のため
ルキウス・ピナリウス・ナッタ
紀元前362年[23]
アッピウス・クラウディウス・クラッスス・インレギッレンシス、公務のため
-・-・スカ-ウ-ラ (Fasti にしかなく一部しか読めない)
紀元前361年[24]
ティトゥス・クィンクティウス・ポエヌス・カピトリヌス・クリスピヌス、公務のため
セルウィウス・コルネリウス・マルギネンシス
紀元前360年[24]
クィントゥス・セルウィリウス・アハラ、公務のため
ティトゥス・クィンクティウス・ポエヌス・カピトリヌス・クリスピヌス
紀元前358年[25]
ガイウス・スルピキウス・ペティクス
マルクス・ウァレリウス・プブリコラ
紀元前356年[26]
ガイウス・マルキウス・ルティルス (紀元前357年の執政官)、初のプレブス出身独裁官
ガイウス・プラウティウス・プロクルス
紀元前353年[27]
ティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクァトゥス
アウルス・コルネリウス・コッスス・アルウィナ
紀元前352年[28]
ガイウス・ユリウス・ユッルス (紀元前358年の独裁官)
ルキウス・アエミリウス・マメルキヌス (紀元前366年の執政官)
紀元前351年[29]
マルクス・ファビウス・アンブストゥス (紀元前360年の執政官)
クィントゥス・セルウィリウス・アハラ
紀元前350年[30]
ルキウス・フリウス・カミッルス (紀元前349年の執政官)、選挙のため
プブリウス・コルネリウス・スキピオ
紀元前349年[31]
ティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクァトゥス II、選挙のため
アウルス・コルネリウス・コッスス・アルウィナ II
紀元前348年[32]
不明、選挙のため
不明
紀元前345年[33]
ルキウス・フリウス・カミッルス II、紀元前349年の執政官もしくは紀元前338年の執政官
グナエウス・マンリウス・カピトリヌス・インペリオスス
紀元前344年[34]
プブリウス・ウァレリウス・プブリコラ (紀元前352年の執政官)
クィントゥス・ファビウス・アンブストゥス
紀元前342年[35]
マルクス・ウァレリウス・コルウス
ルキウス・アエミリウス・マメルキヌス・プリウェルナス
紀元前340年[36]
ルキウス・パピリウス・クラッスス (紀元前336年の執政官)
ルキウス・パピリウス・クルソル (紀元前326年の執政官)
紀元前339年[37]
クィントゥス・プブリリウス・ピロ、この年の執政官。プブリリウス法定める
デキムス・ユニウス・ブルトゥス・スカエウァ
紀元前337年[38]
ガイウス・クラウディウス・インレギッレンシス
ガイウス・クラウディウス・ホルタトル
紀元前335年[39]
ルキウス・アエミリウス・マメルキヌス・プリウェルナス
クィントゥス・プブリリウス・ピロ
紀元前333年[40]
プブリウス・コルネリウス・ルフィヌス独裁官の年
マルクス・アントニウス
紀元前332年[41]
マルクス・パピリウス・クラッスス
プブリウス・ウァレリウス・プブリコラ (紀元前352年の執政官)
紀元前331年[42]
グナエウス・クィンクティウス・カピトリヌス、釘打ちの儀式のため
ガイウス・ウァレリウス・ポティトゥス
紀元前327年[43]
マルクス・クラウディウス・マルケッルス (紀元前331年の執政官)
スプリウス・ポストゥミウス・アルビヌス・カウディヌス
紀元前324年[44]
ルキウス・パピリウス・クルソル (紀元前326年の執政官)独裁官の年
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルッリアヌス
紀元前322年[45]
アウルス・コルネリウス・コッスス・アルウィナ
マルクス・ファビウス・アンブストゥス (紀元前360年の執政官)
紀元前321年[46]
クィントゥス・ファビウス・アンブストゥス、執政官選挙のために立てられるも選出に瑕疵があり辞任
プブリウス・アエリウス・パエトゥス (紀元前337年の執政官)
マルクス・アエミリウス・パプス、執政官選挙を行えずインテルレクス制へ
ルキウス・ウァレリウス・フラックス
紀元前320年[47]
ガイウス・マエニウス、査問のため
マルクス・フォスリウス・フラッキナトル
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス (紀元前327年の執政官)、公務のため
ルキウス・パピリウス・クルソル (紀元前326年の執政官) II
ティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクァトゥス III、選挙のため
ルキウス・パピリウス・クルソル (紀元前326年の執政官) III
紀元前316年[48]
ルキウス・アエミリウス・マメルキヌス・プリウェルナス II、公務のため
ルキウス・フルウィウス・コルウス
紀元前315年[49]
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルッリアヌス、公務のため
クィントゥス・アウリウス・ケッレタヌス、戦死
ガイウス・ファビウス・アンブストゥス、補充
紀元前314年[50]
ガイウス・マエニウス II、公務のため
マルクス・フォスリウス・フラッキナトル II
紀元前313年[51]
ガイウス・ポエテリウス・リボ・ウィソルス、公務のため
マルクス・ポエテリウス・リボ
(クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルッリアヌス)、シケリアのディオドロスの説[52]
(マルクス・フォスリウス・フラッキナトル III)、リウィウスの説[53]
紀元前312年[54]
ガイウス・スルピキウス・ロングス、公務のため
ガイウス・ユニウス・ブブルクス・ブルトゥス
紀元前309年[55]
ルキウス・パピリウス・クルソル (紀元前326年の執政官) II、、公務のため。独裁官の年
ガイウス・ユニウス・ブブルクス・ブルトゥス II
紀元前306年[56]
プブリウス・コルネリウス・スキピオ・バルバトゥス、選挙のため
プブリウス・デキウス・ムス (紀元前312年の執政官)
紀元前302年[57]
ガイウス・ユニウス・ブブルクス・ブルトゥス、公務のため
マルクス・ティティニウス
紀元前301年[58]
マルクス・ウァレリウス・コルウス独裁官の年
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルッリアヌス
マルクス・アエミリウス・パウッルス (紀元前302年の執政官)、補充

紀元前3世紀編集

紀元前287年[59]
クィントゥス・ホルテンシウスホルテンシウス法成立
不明
紀元前292年~285年[60][注釈 1]
マルクス・アエミリウス・バルブラ
アッピウス・クラウディウス・カエクス
プブリウス・コルネリウス・ルフィヌス
不明
紀元前280年[61]
グナエウス・ドミティウス・カルウィヌス・マクシムス、選挙のため
不明 (Fasti 読めず)
紀元前263年[62]
グナエウス・フルウィウス・マクシムス・ケントゥマルス、釘打ちの儀式のため
クィントゥス・マルキウス・ピリップス
紀元前257年[63]
クィントゥス・オグルニウス・ガッルス、祝祭のため
マルクス・ラエトリウス・プランキアヌス
紀元前249年[64]
マルクス・クラウディウス・グリキア、出自が問題とされ即解任
アウルス・アティリウス・カラティヌス、公務のため。独裁官として初めてイタリア外に出征
ルキウス・カエキリウス・メテッルス (紀元前251年の執政官)
紀元前246年[65]
ティベリウス・コルンカニウス、選挙のため
マルクス・フルウィウス・フラックス (紀元前264年の執政官)
紀元前231年[66]
ガイウス・ドゥイリウス、選挙のため
ガイウス・アウレリウス・コッタ (紀元前252年の執政官)
紀元前224年[67]
ルキウス・カエキリウス・メテッルス (紀元前251年の執政官)、選挙のため
ヌメリウス・ファビウス・ブテオ
紀元前221年[68][注釈 2]
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ウェッルコスス
ガイウス・フラミニウス
紀元前217年[69]
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ウェッルコスス II、インテルレクスとして。対ハンニバル
マルクス・ミヌキウス・ルフス (紀元前221年の執政官)ゲロニウムの戦いで敗北
ルキウス・ウェトゥリウス・ピロ (紀元前220年の執政官)、選挙のため
マルクス・ポンポニウス・マト
紀元前216年[70]
マルクス・ユニウス・ペラ、公務のため。カンナエの戦い後の軍再編
ティベリウス・センプロニウス・グラックス
マルクス・ファビウス・ブテオFasti の記載なし。元老院再編
紀元前213年[71]
ガイウス・クラウディウス・ケント、選挙のため
クィントゥス・フルウィウス・フラックス
紀元前210年[72]
クィントゥス・フルウィウス・フラックス、選挙のため
プブリウス・リキニウス・クラッスス・ディウェス
紀元前208年[73]
ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥス、公務と選挙のため
ガイウス・セルウィリウス・ゲミヌス
紀元前207年[74]
マルクス・リウィウス・サリナトル、選挙のため
クィントゥス・カエキリウス・メテッルス
紀元前205年[75]
クィントゥス・カエキリウス・メテッルス、選挙のため
ルキウス・ウェトゥリウス・ピロ (紀元前206年の執政官)
紀元前203年[76]
プブリウス・スルピキウス・ガルバ・マクシムス、選挙のため
マルクス・セルウィリウス・プレクス・ゲミヌス
紀元前202年[77]
ガイウス・セルウィリウス・ゲミヌス、選挙のため
プブリウス・アエリウス・パエトゥス (紀元前201年の執政官)

紀元前1世紀編集

紀元前82年[78]
ルキウス・コルネリウス・スッラ・フェリクス、国家再編のため
ルキウス・ウァレリウス・フラックス (紀元前100年の執政官)
紀元前49年[79]
ガイウス・ユリウス・カエサル、選挙のため
指名なし
紀元前47年[80]
ガイウス・ユリウス・カエサル II、公務のため
マルクス・アントニウス
紀元前45年[81]
ガイウス・ユリウス・カエサル III、公務のため
マルクス・アエミリウス・レピドゥス
紀元前44年[82]
ガイウス・ユリウス・カエサル IV、公務のため、終身独裁官就任
マルクス・アエミリウス・レピドゥス II
ガイウス・オクタウィウス
グナエウス・ドミティウス・カルウィヌス

脚注編集

注釈編集

  1. ^ Fasti も読めずリウィウスも前292年で第一デカーデが終わっており時期不明
  2. ^ フラミニウスの経歴等からの予測

出典編集

  1. ^ Broughton Vol.1, p.9.
  2. ^ Broughton Vol.1, p.12.
  3. ^ Broughton Vol.1, p.10-11.
  4. ^ Broughton Vol.1, p.14.
  5. ^ Broughton Vol.1, p.35.
  6. ^ Broughton Vol.1, p.39-40.
  7. ^ Broughton Vol.1, p.56.
  8. ^ Broughton Vol.1, p.58-59.
  9. ^ Broughton Vol.1, p.60.
  10. ^ Broughton Vol.1, p.62.
  11. ^ Broughton Vol.1, p.63.
  12. ^ Broughton Vol.1, p.67.
  13. ^ Broughton Vol.1, p.72.
  14. ^ Broughton Vol.1, p.78-79.
  15. ^ Broughton Vol.1, p.87-88.
  16. ^ Broughton Vol.1, p.95.
  17. ^ Broughton Vol.1, p.97.
  18. ^ Broughton Vol.1, p.101.
  19. ^ Broughton Vol.1, p.105.
  20. ^ Broughton Vol.1, p.112.
  21. ^ Broughton Vol.1, p.113-114.
  22. ^ Broughton Vol.1, p.117.
  23. ^ Broughton Vol.1, p.117-118.
  24. ^ a b Broughton Vol.1, p.119.
  25. ^ Broughton Vol.1, p.121-122.
  26. ^ Broughton Vol.1, p.123.
  27. ^ Broughton Vol.1, p.125.
  28. ^ Broughton Vol.1, p.125-126.
  29. ^ Broughton Vol.1, p.127.
  30. ^ Broughton Vol.1, p.128.
  31. ^ Broughton Vol.1, p.129.
  32. ^ Broughton Vol.1, p.130.
  33. ^ Broughton Vol.1, p.131.
  34. ^ Broughton Vol.1, p.132.
  35. ^ Broughton Vol.1, p.133-134.
  36. ^ Broughton Vol.1, p.136.
  37. ^ Broughton Vol.1, p.137-138.
  38. ^ Broughton Vol.1, p.139.
  39. ^ Broughton Vol.1, p.140.
  40. ^ Broughton Vol.1, p.141.
  41. ^ Broughton Vol.1, p.141-142.
  42. ^ Broughton Vol.1, p.143.
  43. ^ Broughton Vol.1, p.145-146.
  44. ^ Broughton Vol.1, p.148.
  45. ^ Broughton Vol.1, p.150.
  46. ^ Broughton Vol.1, p.151.
  47. ^ Broughton Vol.1, p.152-153.
  48. ^ Broughton Vol.1, p.156.
  49. ^ Broughton Vol.1, p.156-157.
  50. ^ Broughton Vol.1, p.157.
  51. ^ Broughton Vol.1, p.158.
  52. ^ ディオドロス, 19.101.
  53. ^ リウィウス, 9.28.
  54. ^ Broughton Vol.1, p.159.
  55. ^ Broughton Vol.1, p.163.
  56. ^ Broughton Vol.1, p.166.
  57. ^ Broughton Vol.1, p.169-170.
  58. ^ Broughton Vol.1, p.171.
  59. ^ Broughton Vol.1, p.185.
  60. ^ Broughton Vol.1, p.187.
  61. ^ Broughton Vol.1, p.191.
  62. ^ Broughton Vol.1, p.204.
  63. ^ Broughton Vol.1, p.207-208.
  64. ^ Broughton Vol.1, p.215.
  65. ^ Broughton Vol.1, p.216.
  66. ^ Broughton Vol.1, p.226.
  67. ^ Broughton Vol.1, p.231.
  68. ^ Broughton Vol.1, p.234.
  69. ^ Broughton Vol.1, p.243-244.
  70. ^ Broughton Vol.1, p.248.
  71. ^ Broughton Vol.1, p.263.
  72. ^ Broughton Vol.1, p.278.
  73. ^ Broughton Vol.1, p.290.
  74. ^ Broughton Vol.1, p.295.
  75. ^ Broughton Vol.1, p.301-302.
  76. ^ Broughton Vol.1, p.311.
  77. ^ Broughton Vol.1, p.316.
  78. ^ Broughton Vol.2, p.66-67.
  79. ^ Broughton Vol.2, p.256-257.
  80. ^ Broughton Vol.2, p.286.
  81. ^ Broughton Vol.2, p.305-306.
  82. ^ Broughton Vol.2, p.317-319.

参考文献編集

関連項目編集