古典派音楽(こてんはおんがく)は、クラシック音楽の歴史において、1730年代から1820年代まで続いた時期の芸術音楽の総称。

目次

概説編集

理性を重視する啓蒙時代を背景に[1]楽曲の均斉感と合理的な展開が重視され、ソナタ形式が発展した。また機能和声法が確立され、調性が教会旋法から独立した。この時代の代表的な楽種として、交響曲協奏曲ピアノソナタ弦楽四重奏曲などが盛んに作られた。

古典派音楽の盛期はバロック音楽ロマン派音楽の間に位置しているが、実際には古典派音楽の始まりはバロック音楽の終焉と、古典派音楽の終わりはロマン派音楽の勃興と並行している。古典派の潮流は1730年頃にフランスのギャラント様式から始まるが[1]、バロック音楽を代表するヨハン・ゼバスティアン・バッハゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルはまだ存命、活動中であった[1]。また、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの死(1827年)をもって古典派の終わりとする考えもあるが[1]、ロマン派とされるフランツ・シューベルトカール・マリア・フォン・ヴェーバーもほぼ同じ頃に死去している[1]

古典派音楽の時代区分については諸説あるが、次のように分類する例がある[2]

  • 前古典派、ギャラント様式(1730年頃 - 1760年)
  • 初期古典派、多感様式(1760年 - 1780年)
  • 盛期古典派(1780年 - 1827年)

盛期古典派編集

盛期古典派音楽のうちウィーンを中心に活動した作曲家は「ウィーン古典派」の名前でも知られている。フランツ・ヨーゼフ・ハイドンヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン等が有名である。ハイドンとモーツァルトは、前古典派や古典派初期における音楽様式の発展の中心であったイタリアや、マンハイム楽派ベルリン楽派などの各地の様式の影響を吸収しつつ、それらを集大成した。それを土台にベートーヴェンがさらに豊かにその様式を発展させた。彼ら自身や人脈の活躍、作品の流通を通じて、その様式は欧州各地に影響を与えた。

古典派音楽は、以下の作曲家らの国際的な活動のもとで確立され、ヨーロッパのほぼ全土に広まった。作風にはウィーン古典派からの影響が見られる。

脚注編集

  1. ^ a b c d e ウルリヒ・ミヒェルス編 『図解音楽事典』 角倉一朗日本語版監修、白水社、1989年、333頁。
  2. ^ ウルリヒ・ミヒェルス編 『図解音楽事典』 角倉一朗日本語版監修、白水社、1989年、332頁。

関連項目編集