メインメニューを開く

古内 明(ふるうち あきら、1963年11月18日 - )は、栃木県大田原市出身で日本政治家自由民主党神奈川県相模原市議会議員(4期)。安治川部屋所属の元大相撲力士。大相撲時代の四股名陸奥龍(むつりゅう)、最高位は序二段33枚目。

目次

略歴編集

政歴編集

  • 2007年4月 統一地方選挙神奈川県相模原市議会議員選挙に相模原選挙区(定数46)から無所属で立候補し初当選。得票3,568。60人中33位。
    • 選挙期間中は錣山親方ら力士五四会メンバーの応援を受ける。
    • 市議会会派は「新政クラブ」に所属。
    • 文教常任委員会委員
    • 交通問題特別委員会委員
  • 2008年
    • 建設常任委員会委員
    • 産業集積対策特別委員会副委員長
  • 2009年1月
    • 相模原市議会「創史会」(保守系)設立 幹事長に就任
    • 議会運営委員会委員
  • 2009年
    • 環境経済常任委員会委員
    • 議会運営委員会委員
    • 交通問題特別委員会副委員長
  • 2010年
    • 総務常任委員会委員
    • 議会運営委員会委員
    • 交通問題特別委員会委員
  • 2011年4月 統一地方選挙神奈川県相模原市議会議員選挙に南区選挙区(定数19)から無所属で立候補し再選。得票3,976。29人中11位。
  • 2011年5月「新政クラブ」(自由民主党系)に所属
    • 民生常任委員会委員
    • 防災特別委員会委員
    • 相模原市農業委員会委員
  • 2014年
    • 環境経済委員会副委員長
  • 2015年3月 統一地方選挙神奈川県相模原市議会議員選挙に際し自由民主党公認候補となり、同党神奈川県相模原市南区第八支部長。同年4月、南区選挙区(定数18)から立候補し3選。得票3,547。29人中15位[1]。自由民主党神奈川県相模原市南区支部総務会長。
  • 2015年
    • 環境経済委員会委員
  • 2016年
    • 建設委員会委員長
  • 2017年
    • 基地対策特別委員会委員長
  • 2018年
    • 交通問題特別委員会副委員長
  • 2019年3月 統一地方選挙神奈川県相模原市議会議員選挙に南区選挙区(定数18)から自由民主党公認で立候補し4選。得票4,793。23人中13位[2]。同日に行われた相模原市長選挙では市議同期当選の八木大二郎(前自民党神奈川県議会議員。合併前の最後の城山町長)を支援したが八木は落選した。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集