古城 都(こしろ みやこ、1942年5月30日 - )は、元宝塚歌劇団月組トップスター。本名は本郷 都(ほんごう みやこ)。夫は俳優の本郷功次郎、次男も同じく俳優の本郷壮二郎

こしろ みやこ
古城 都
本名 本郷 都
生年月日 (1942-05-30) 1942年5月30日(78歳)
出生地 蒙古聯合自治政府の旗 蒙古聯合自治政府・晋北政庁(現大同市
職業 歌手女優
ジャンル 舞台
活動期間 1967年 -
活動内容 宝塚歌劇団月組主演
配偶者 本郷功次郎
著名な家族 本郷壮二郎(次男)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

来歴編集

中国山西省大同市生まれ。大同は雲崗石窟で知られる古都で、芸名の古城はその大同にちなむ。幼少のころ、山西省から引き揚げてきた。1958年、中学卒業時に宝塚音楽学校に受験、合格する。1960年に『春の踊り/ビバ・ピノキオ』[1]で初舞台。宝塚入団時の成績は59人中17位[1]1961年5月1日[1]月組配属。

同期山吹まゆみ甲にしき(元女優・現東京宝塚劇場支配人)、上月晃(女優)、司このみ(振付師)らがおり、月組へ配属される。甲・上月とは3Kと呼ばれた。

1967年2月に退団した内重のぼるの後任として同7月・星合同公演・歌劇団初のブロードウェイミュージカルオクラホマ!』を上演、古城の役は地味なジャッドだったが、共演の上月晃(星組、カーリー役)、初風諄(ローリー役)、八汐路まり(アド・アニー役)ともども名作を大成功に導く大役を果たした。これ以降、宝塚歌劇団は海外著名ミュージカルの上演に幾度となく取り組み成功させるが、この先鞭をつけたのが古城(と上月)であった。次の『アディオ・アモーレ』で月組主演男役を務める。

1968年には月・雪合同公演『ウエストサイド物語』(初演、トニー役)も成功させ、翌1969年の3月公演(当時は本公演は1か月間)でも月・雪合同公演で再演された。同年11月公演では『嵐が丘』でヒースクリフ役を務める。以後も1970年の八汐路退団・新相手役初風就任を挟み、1971年ドン・ホセの一生』『人魚姫』、1973年『霧深きエルベのほとり』の大作を次々成功させた。

1973年11月29日[1]本郷功次郎との結婚のため退団した。最終出演公演の演目は月組公演『秋の宝塚踊り/イフ…[1]である。『イフ』に「〜さよなら古城都〜」なるサブタイトルが冠された。

本郷との結婚後は出産・育児などにより芸能活動から長く離れていた。その後宝塚音楽学校受験支援・OGイベントへ参加することはあるものの、家庭、受験サポートスタジオの運営を第一としている。

2014年、古巣・宝塚歌劇団創立100周年記念で創設された『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たしている[2]。なお、古城とともに前述の3Kと呼ばれた上月・甲もともに殿堂入りを果たしており、3K全員が殿堂入りの栄誉に浴している。

2021年3月、YouTube「古城都チャンネル」を開設した。

宝塚歌劇団時代の舞台編集

テレビドラマ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、60-61頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ 「宝塚歌劇の殿堂」”. 宝塚歌劇団. 2019年9月28日閲覧。

外部リンク編集