メインメニューを開く

古屋 茂(ふるや しげる、1916年3月5日 - 1996年1月3日)は、日本数学者。専門は解析学

古屋 茂
(ふるや しげる)
生誕 1916年3月5日
日本の旗 日本 岐阜県
死没 (1996-01-03) 1996年1月3日(79歳没)
研究分野 解析学
研究機関 立教大学
東京大学
青山学院大学
出身校 東京大学
主な受賞歴 勲三等旭日中綬章(1989年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

来歴・人物編集

立憲民政党所属の政治家古屋慶隆の次男として岐阜県恵那市に生まれた。兄は元自治大臣古屋亨、甥は自由民主党所属の衆議院議員古屋圭司。圭司は茂の末妹の次男として生まれ、茂の兄、すなわち圭司の伯父に当たる亨の養嗣子となった。

1938年東京帝国大学理学部数学科卒業。立教大学、東京大学、青山学院大学の教授を歴任した。東大退官後は東大名誉教授となった。1996年1月3日、心不全のため79歳で死去。

主な著書編集

  • 『微分方程式入門』(サイエンス社、1970年)
  • 『算数をパズルふうに』(岩波書店、1988年)
  • 『行列と方程式』(サイエンス社、1996年新版発行)