メインメニューを開く

古島駅

日本の沖縄県那覇市にある沖縄都市モノレールの駅

古島駅(ふるじまえき)は、沖縄県那覇市古島にある沖縄都市モノレール線(ゆいレール)のである。駅番号12。2019年9月現在、沖縄県最北端の駅である。

古島駅
古島駅(2012年8月16日)
古島駅(2012年8月16日)
ふるじま
Furujima
11 おもろまち (1.01km)
(0.92km) 市立病院前 13
所在地 沖縄県那覇市字古島93-1
駅番号 12
所属事業者 沖縄都市モノレール
所属路線 沖縄都市モノレール線(ゆいレール)
キロ程 9.96km(那覇空港起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,683人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 2003年平成15年)8月10日
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する高架駅国道330号の上に建つ。エスカレータエレベーターが設置されている。

のりば編集

古島駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 沖縄都市モノレール線 首里方面
2 おもろまち牧志県庁前小禄那覇空港方面

駅設備編集

  • コインロッカー - 改札内に設置。
  • 公衆電話 - 改札外に設置。
  • 自動販売機(飲料)
  • トイレ - 改札内に設置。

利用状況編集

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員2,683人である[2]

開業後の1日平均乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[3]
出典
2003年(平成15年) 3,703 2,018 [* 1]
2004年(平成16年) 4,050 2,203 [* 2]
2005年(平成17年) 4,417 2,390 [* 3]
2006年(平成18年) 4,606 2,469 [* 4]
2007年(平成19年) 4,678 2,499 [* 5]
2008年(平成20年) 4,418 2,333 [* 6]
2009年(平成21年) 4,229 2,265 [* 7]
2010年(平成22年) 4,214 2,233 [* 8]
2011年(平成23年) 4,209 2,245 [* 9]
2012年(平成24年) 4,305 2,311 [* 10]
2013年(平成25年) 4,231 2,286 [* 11]
2014年(平成26年) 4,199 2,251 [* 12]
2015年(平成27年) 4,411 2,324 [* 13]
2016年(平成28年) 4,528 2,400 [* 14]
2017年(平成29年) 4,819 2,535 [* 15]
2018年(平成30年) 2,683

駅周辺編集

バス路線編集

路線詳細は沖縄本島のバス路線を参照。

古島駅前バス停(国道330号沿い)

  • 21番・新都心具志川線 (琉球バス交通
  • 88番・宜野湾線 (琉球バス交通)
  • 90番・知花(バイパス)線 (琉球バス交通)
  • 98番・琉大(バイパス)線 (琉球バス交通)
  • 112番・国体道路線 (琉球バス交通)
  • やんばる急行バス (沖縄中央観光)

古島バス停(駅西口エレベータより中二階へ 県道82号向け)

なお、行き先毎にバス停留所のポール位置に違いがあるので、利用の際には注意を要する(方面ごとの各印は、停車するバス停を示す。ポール位置は以下の通り)。
●印は西口より「中2階」へ、エレベータまたは階段降り口から古島インター向けに歩いてすぐの所
★印は西口より「中2階」へ、古島インターを横断・左折してすぐの所

古島インターバス停(駅東口エレベータより中二階へ 県道82号向け)

  • 11番・安岡宇栄原線 (那覇バス)
  • 33番・糸満西原(末吉)線 (那覇バス)

その他編集

  • 駅到着時の車内チャイムは、八重山民謡「月ぬ美しゃ(つくぬかいしゃ)」を編曲したものが流れる。
  • 駅のホームからは市立病院前駅を目視することができる。

隣の駅編集

沖縄都市モノレール
沖縄都市モノレール線(ゆいレール)
おもろまち駅 (11) - 古島駅 (12) - 市立病院前駅 (13)

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

出典編集

利用状況編集

  1. ^ 沖縄県統計年鑑 - 沖縄県
  2. ^ 那覇市統計書 - 那覇市
那覇市統計書

関連項目編集

外部リンク編集