メインメニューを開く

古川 啓三(ふるかわ けいぞう、1934年4月25日 - 1984年10月6日)は岡山県倉敷市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

古川 啓三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県倉敷市
生年月日 1934年4月25日
没年月日 (1984-10-06) 1984年10月6日(50歳没)
身長
体重
167 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1959年
初出場 1959年
最終出場 1961年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1962 - 1966)

経歴編集

倉敷老松高等学校ではエース細羽良弼(松下電器)を擁し、1952年春季岡山大会決勝に進出するが、南海高に敗退。同年夏の甲子園県予選では1年下の安原達佳ともバッテリーを組むが、甲子園出場はならなかった。

高校卒業後は法政大学へ進学。当時の東京六大学リーグ明大早大の全盛期で優勝には届かなかったが、1956年秋季リーグではベストナイン(捕手)に選出される。大学同期に投手の根岸照昌(日本コロムビア)、外野手斎田忠利がいた。

大学卒業後は日本コロムビアに入社。大学同期の根岸とバッテリーを組み、1957年都市対抗に出場。準々決勝に進むが松下電器に敗退。この時の救援投手に鈴木隆川崎トキコから補強)がいた[1]。翌1958年都市対抗にも連続出場[1]

1959年大阪タイガースへ入団。即戦力として期待され、同年は終盤の5試合に先発マスクを被るが、山本哲也ら捕手陣の壁は厚く、僅か3年後の1961年限りで現役を引退。

その後も阪神に残留し、一軍投手コーチ(1962年, 1964年 - 1966年)・二軍バッテリーコーチ(1963年)を歴任。一軍投手コーチ時代はブルペンを担当し、青田昇ヘッドコーチからは「実際の球を受けて投手の実態を報告せよ」と指示されていた。村山実小山正明ジーン・バッキーの三本柱で確実に勝星を稼ぎながら谷間の日を他の投手で埋め、投手力での優勝を果たした。捕球以外にもノックなど練習相手になっていたが、体力の限界を迎えて辞任。1984年10月6日死去。50歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1959 阪神 14 15 14 0 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .286 .333 .357 .690
1960 4 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1961 10 17 14 3 4 2 0 0 6 1 1 0 1 0 2 0 0 3 0 .286 .375 .429 .804
通算:3年 28 37 33 3 8 3 0 0 11 1 1 0 1 0 3 0 0 5 0 .242 .306 .333 .639

背番号編集

  • 22 (1959年 - 1961年)
  • 64 (1962年 - 1966年)

脚注編集

  1. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集