メインメニューを開く
本来の表記は「古川爲三郎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

古川 為三郎(ふるかわ ためさぶろう、1890年明治23年)1月18日 - 1993年(平成5年)5月19日)は、ヘラルドグループの創業者。愛知県中島郡萩原村(現一宮市)出身。古為(フルタメ)の愛称で親しまれた。

ふるかわ ためさぶろう
古川 爲三郎
生誕 1890年1月18日
愛知県中島郡萩原村(現:一宮市
死没 (1993-05-19) 1993年5月19日(103歳没)
住居 愛知県名古屋市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 実業家
団体 ヘラルドグループ
活動拠点 愛知県
配偶者 古川志ま(妻)
子供 古川勝巳(日本ヘラルド映画創業者)
親戚 古川為之
古川博三

目次

来歴・人物編集

名古屋市の宝石店で奉公した後、独立。映画館「太陽館」を開業。30歳の時、急性肺炎で死亡宣告を受けたが、火葬場に運ばれる途中に息を吹き返し、すんでのところで生還したという。

1956年(昭和31年)には日本ヘラルド映画(のちの角川ヘラルド・ピクチャーズ)を創業し、一代で同社を日本を代表する映画配給会社へと育て上げた。また、映画事業のほかにも手広く事業を行い、約30社からなるヘラルドグループ(「古川グループ」とも呼ばれる)を築きあげた。

1988年(昭和63年)にアメリカの雑誌『フォーチュン』がバブル景気当時の日本人資産家を取り上げた記事で、「世界最高齢の富豪」("the world's oldest billionaire")として言及される[1]。1兆円以上の資産を有していたとされる。

1991年(平成3年)に自らが所蔵していた美術品を寄付し古川美術館を設立。初代館長を務めた。

100歳を過ぎても日本ヘラルド映画名誉会長として業務にあたり、生涯現役を貫いた。「実業家」と呼ばれることを嫌い、「わしゃ、商店主じゃ。」と言うのが口癖だった。

没後の2007年(平成19年)には、死去するまで住居とした邸宅が、古川美術館分館の為三郎記念館として公開された。

寄付編集

慈善事業に力を尽くし、1964年昭和39年)に名古屋大学附属図書館建設に際し、2億円を寄付。大学はこの功績から図書館を「古川図書館」と命名した。この建物は、新図書館の竣工に伴い1981年(昭和56年)に古川総合研究資料館と改称され、2004年(平成16年)には古川記念館と改称された。現在、この建物には名古屋大学博物館が置かれている。

1989年(平成元年)の世界デザイン博覧会の日本開催に際し、ポケットマネーから3億円を拠出し、名古屋市に寄付した。

家族編集

脚注編集

出典・参考文献編集

  • 佐藤忠男『日本の映画人―日本映画の創始者たち』日外アソシエーツ、2007年6月、527頁。ISBN 4816920358