古川 麒一郎(ふるかわ きいちろう[1]1929年7月22日[1] -2016年6月29日[2])は、日本天文学者[4]理学博士(1969年)。東京大学東京天文台助教授国立天文台助教授を歴任。専門は、位置天文学天体力学測地学[1]

古川 麒一郎
(ふるかわ きいちろう)
生誕 (1929-07-22) 1929年7月22日[1]
日本の旗 日本
死没 (2016-06-29) 2016年6月29日(86歳没)[2]
国籍 日本の旗 日本
研究分野 位置天文学[1]
天体力学[1]
測地学[1]
研究機関 水沢緯度観測所
東京大学
国立天文台
女子美術大学
出身校 浪速大学(学部)
京都大学(大学院)
博士課程
指導教員
上田穣[3]
主な業績 小惑星の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

人物・業績編集

大阪府出身[1]。大阪府立住吉中学校(現・大阪府立住吉高等学校)在学中からアマチュア天文家として活動[5]アマチュア天文家としては戦時中の1944年福岡市を本拠地とする筑紫天文同交会に入会し[6]、主に変光星の観測を行った[7]。筑紫天文同交会が1947年3月に解散してからは変光星の観測結果をアメリカ変光星観測者協会や日本天文研究会に報告していた[8]

1953年浪速大学(現・大阪府立大学工学部工業化学科を卒業したが[1]、プロの天文学者を志し京都大学大学院理学研究科宇宙物理学専攻に進学[1]上田穣に師事した[3]1958年京大大学院理学研究科宇宙物理学専攻博士課程を修了[1]

水沢緯度観測所(現・水沢VLBI観測所)主任研究官・東京大学東京天文台助教授を歴任[1]。その間1969年には理学博士の学位を取得[9]1988年国立天文台の発足に伴い国立天文台助教授に就任[1]1990年定年退官し[1]1992年女子美術大学芸術学部教授に就任[1]

小惑星番号2271番の木曾をはじめ、長野県木曽郡木曽町東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター木曽観測所において、1976年以降、多数の小惑星を発見した。

カール・ラインムートが1929年1月29日に発見した小惑星番号3425番古川は彼に因む[10]

発見した小惑星
(2271) 木曾 1976年10月22日[1]
(2330) 御岳 1977年2月18日[1]
(2470) 上松 1976年10月22日[1]
(2924) 三岳村 1977年2月18日[1]
(2960) 王滝 1977年2月18日[1]
(3111) みすず 1977年2月19日[1]
(3249) 武蔵野 1977年2月18日[1]
(3291) ダンラップ 1982年11月14日[1]
(3319) 吉備 1977年3月12日[1]
(3320) 難波 1982年11月14日[1]
(3391) シノン 1977年2月18日[1]
(3607) 浪速 1977年2月18日[1]
(3878) 縄文 1982年11月14日[1]
(4072) 弥生 1981年10月30日[1]
(4077) 飛鳥 1982年12月13日[1]
(4186) 玉島 1977年2月18日[1]
(4272) 円通寺 1977年3月12日[1]
(4526) 金光 1982年5月22日[1]
(4812) 白鳳 1977年2月18日[1]
(4855) 天平 1982年11月14日[1]
(4890) 志賀島 1982年11月14日[1]
(4929) 邪馬台 1982年12月13日[1]
(4963) 觀勒 1977年2月18日[1]
(5017) 天智 1977年2月18日[1]
(5018) 天武 1977年2月19日[1]
(5082) 日本書紀 1977年2月18日[1]
(5454) 古事記 1977年3月12日[1]
(5466) 真備 1986年11月30日[1]
(5541) 晴明 1976年10月22日[1]
(6031) 良寛 1982年1月26日[1]
(6218) 水島 1977年3月12日[1]
(6818) 雪舟 1983年3月11日[1]
(6846) 菅茶山 1976年10月22日[1]
(7104) 万葉集 1977年2月18日[1]
(7105) 遥照山 1977年2月18日[1]
(7562) かぎろいの丘 1986年11月30日[1]
(7627) 和気清麻呂 1977年2月18日[1]
(7634) 閑谷校 1982年11月14日[1]
(7991) かぐや姫 1981年10月30日[1]
(8133) 高野長英 1977年2月18日[1]
(8144) 平賀源内 1982年11月14日[1]
(9147) 後楽園 1977年2月18日[1]
(9153) 竹林寺 1981年10月30日[1]
(9293) 鴨方 1982年12月13日[1]
(9719) 矢掛 1977年2月18日[1]
(10006) 拙斎 1976年10月22日[1]
(10008) 頼山陽 1977年2月18日[1]
(10009) 広瀬淡窓 1977年3月12日[1]
(10453) 蕃山 1977年2月18日[1]
(11254) 金光碧水 1977年2月18日[1]
(11255) 藤井永喜雄 1977年2月18日[1]
(11442) 星尋山荘 1976年10月22日[1]
(11827) 鷲羽山 1982年11月14日[1]
(12186) 箕作阮 1977年3月12日[1]
(12221) 緒方洪庵 1982年11月14日[1]
(12682) 川田 1982年11月14日[1]
(14313) 堂平 1976年10月22日[1]
(14314) 都幾川 1977年2月18日[1]
(14315) 小川町 1977年3月12日[1]
(14316) 東秩父 1977年3月12日[1]
(14338) 司馬江漢 1982年11月14日[1]
(14795) 逍遥 1977年3月12日[1]
(14820) 会津八一 1982年11月14日[1]
(14821) もたえの 1982年11月14日[1]
(15202) 山田方谷 1977年3月12日[1]
(15671) スザンヌ・デバルバ 1977年3月12日[1]
(15672) 佐藤範雄 1977年3月12日[1]
(16357) 李参平 1976年10月22日[1]
(18289) 横山紘一 1976年10月22日[1]
(18290) 住吉 1977年2月18日[1]
(18291) 和珥 1977年2月18日[1]
(18322) 鴻臚館 1982年11月14日[1]
(19083) 水城 1977年2月18日[1]
(19917) 大宰府 1977年3月12日[1]
(19953) 武雄 1982年11月14日[1]
(19954) 茂義 1982年11月14日[1]
(20962) 道真 1977年3月12日[1]
(22277) 平戸 1982年11月14日[1]
(24640) 大神 1982年12月13日[1]
(26794) 新見幸男 1977年2月18日[1]
(26806) 櫛池 1982年5月22日[1]
(26808) 1982 VB4 1982年11月14日[1]
(34995) 大日本史 1977年2月18日[1]
(34996) 水戸黄門 1977年2月18日[1]
(37529) 1977 EL8 1977年3月12日[1]
(43753) 1982 VN3 1982年11月14日[1]
(48408) 1982 VN2 1982年11月14日[1]
(52260) 嬉野 1982年5月22日[1]
(52261) 和泉式部 1982年11月14日[1]
(65635) 1977 EA8 1977年3月12日[1]
(73639) 1977 EL7 1977年3月12日[1]
(164616) 1986 WV8 1986年11月30日[1]

研究テーマ編集

所属学会編集

参考文献編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『新訂 現代日本人名録94 4. ひろ - わ』、247頁。
  2. ^ a b 6/29 訃報:古川麒一郎先生逝去・事務局 - 星の広場HAL-News(天文同好会・星の広場公式ブログ)内のページ。[リンク切れ]
  3. ^ a b 日本の天文学者の系図 - 福江純公式サイト内のページ。
  4. ^ 小惑星「Omiwa」命名 大神神社の崇敬者・古川麒一郎さん発見”. 産経ニュース (2018年8月21日). 2019年12月13日閲覧。
  5. ^ 『改訂版 日本アマチュア天文史』、235頁。
  6. ^ 『改訂版 日本アマチュア天文史』、328頁。
  7. ^ 『改訂版 日本アマチュア天文史』、194頁。
  8. ^ 『改訂版 日本アマチュア天文史』、164頁、199頁。
  9. ^ CiNii 博士論文 - 水沢における浮遊天頂儀観測から導かれた緯度の経年変化
  10. ^ 天文月報2016年12月号”. 公益社団法人日本天文学会. 2020年9月6日閲覧。