古庄氏(ふるしょうし)は、相模国愛甲郡古庄[注 1]より起こった一族。古荘古莊とも記載する。

概要編集

古庄郷司の近藤能成(古庄能成)の子が、後の大友能直であり[2]、能直は幼児の頃、「古庄左近将監能直」と名のっていた[3]。古庄氏の祖の古庄重能(古庄重吉)は大友能直の弟とされる。ということは、古庄重能は、大友能直(古庄能直)と同じく近藤能成の子ということになり、古庄郷司という無名に近い近藤能成にはじまる古庄氏は、大友能直を初代とする大友氏の祖族ともいえよう。

大友能直の宰臣として豊後国に下った古庄重能が、朽網氏の祖とされる。大友親治の代には田染荘政所を務めた古庄治重の名も見られる。

柳河藩享保八年藩士系図・上』に掲載される原尻鎮清(宮内)の子孫の系譜によると筑井親直(左衛門尉)が古庄次郎左衛門と改名して、建久年間に大友能直の豊後下向の先達を勤め、その子孫の古庄丹後が原尻鎮清の父とある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 荻野山中藩上古沢村及び下古沢村、のちの小鮎村上古沢及び下古沢。現・神奈川県厚木市上古沢及び下古沢本照寺所在地。静岡市葵区古庄古庄駅)とは別[1]

出典編集

  1. ^ 厚木の歴史の概要 厚木市
  2. ^ 厚木市史たより 第20号”. 厚木市教育委員会文化財保護課 (2019年3月20日). 2020年2月20日閲覧。
  3. ^ 渡辺澄夫「豊後大友氏の出自について」『大分縣地方史』第24号、大分県地方史研究会、1960年9月、 1-17頁。

参考文献編集

  • 太田亮『姓氏家系大辞典』(角川書店)
  • 『柳川歴史資料集成第二集 柳河藩享保八年藩士系図・上』 柳川市史編集委員会編・ 福岡県柳川市 1996年平成8年)発行

関連項目編集